南斗究極奥義!断固相殺拳!(死亡フラグ)

2009年06月07日 11:51

お題と中身はあまり,と言うか全く関係無い気もする,がまあさておいて。

毎度ながら色んな人に余計な心配(特に最近大抵走行距離か年式を言ってしまうと,計ったように「じゃあ次はレガシイだな!!!」となる。計ったように・・・;)とご心配(?)をお掛けしている我が愛車のインプ,そんな周囲とは裏腹に修理したり止まったりすることも最近じゃ殆ど無く動きそのものは全く以って健常である。
現実問題60~70年代の本当の旧車の次元ならいざ知らず,自分のインプはまだ90年代のシロモノだから真面目な話,クルマの出来そのものは今のとそんなに極端に違わない,真面目にそう思う。
車内の快適性とか広さとか勿論環境性能とか,見る所を見ると確かに時代と言うよりもはや歴史の差を感じるのだけど,言い換えればまず「ちゃんと乗れること」は完全に満たしているこのオンボロクルマ,全く以って問題ないと言い切れてしまう。

と,言いつつ健常に走る以外は何だかんだであれこれガタは確実に出始めているから,いくら走るからと言って悠長に構えてもいられない。
一時期大分気になっていた「異音」の類が今になって再び顔を出すようになってきたのだから,これがかなり気になってしょうがない。
異音というだけに普通にクルマに乗っている時のエンジン音とかノイズとかキシミとかとは確実に違う音なので,いくら喧しいインプでも確実に乗り手の耳に入り込んでくる。
その最たるものが(最たるっていくつも有りすぎるようで実はあるんだけど;)運転席側の窓,パワーウインドウってやつ,今時手動のくるくる窓も早々無いか・・・。
今の時期だと何処を走る時も当然のようにインプの窓を前席も後席も開けてしまうのだけど,開けた瞬間からまず窓とサッシのゴムの辺りで「ぎしぎし・・・」となんとも怪しい引っ掛かってるような音がし出す。
そんな音を1年以上聞きつつもう慣れたわい,と走りこんでいたら今度は交差点をくるっと曲がるとか止まる程度のGでも「ガタッ! 」っと,明らかに窓か何かがずれ込みだしたような音が現れだした。
さすがに眼で見てはっきり判る位窓の位置がすれたとかそんな末期じゃないので未だにほったらかしにしているのだけど,現実的にこれはいずれ・・・落ちると思う,窓が。

車検でワイパーの駆動部がガッタガタだったのを直したのを思い出したけど,年がら年中動かしまくっている箇所なんか時間が経てば絶対消耗するに決まっている。
元々ちょっと寒くても,と平気で窓を開け放ってしまう人間だから運転席の窓の開閉頻度は間違いなくその手の可動部位ではかなり高いと思う。
この「ガタッ!」がいずれは「ストン!! 」となって気が付けば横だけオープンカーになる日も・・・あまり遠くないのもひじょーに困るのだが;
知り合いにも窓が落ちた!という話は実は良く聞くので防犯とかの意味でもあまり油断できないのだが,こういうのって何処のタイミングで直すべきか。
自力で直せそうなギリギリの領域な感じがする,電気だしドア一面外す労力もあるからかなり面倒だ,直すと幾らだろうかな。
・・・直しますよ?窓如き。
スポンサーサイト


コメント

  1. さmn | URL | -

    Re: 南斗究極奥義!断固相殺拳!(死亡フラグ)

    ウィンドウレギュレーターの故障は結構ポピュラーなので心の準備を!w

  2. ミヨ・シケ | URL | hNt4xKsw

    確かにw

    意外と良く聞きますねw
    そしていざ故障すると被害はかなり甚大なので,心の準備はしておきますw
    その前にさっさと直せとも言われそうだが・・・w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/317-9ad144d6
この記事へのトラックバック