歯ブラシの反乱

2009年05月30日 22:54

人に聞いたわけじゃないので比較のしようも無いのだけど,歯ブラシの消費が早い,気がする。
別に強く磨いても汚れの落ち加減が良いはずも無いのだけど,歯磨きするとかなり強めにガシガシ磨いてしまうようで(実際特に歯茎には良くないとか何とか),気が付けばブラシ全体が潰れこんで花が咲いて(という言い方で良いのだろうか??)しまう。
ブラシの類だからこうなるとやっぱり使い物にならないと言うか,買いたての時よりは明らかに磨けてないのは磨いてて良く判る。

で,先日もそんな感じであっさりと歯ブラシ一個使い切ってしまい,さて新しいのを・・・と買いに行ったまでは良かった。
ところが,である。
どこぞの某マツモトキヨシの歯ブラシコーナーでがさごそ探しても自分の欲しいサイズが一向に見付からない,思い余って別のマツキヨに行き直してもやっぱり無かった,系列店だからラインナップが店毎に変わることなんかまず無いはずで当たり前といえば当たり前なのだけど。
しかしたかが歯ブラシのサイズなんかと思う無かれ,薬局なりマツキヨなりでふと一通り眺めてみれば判ると思う,歯ブラシのラインナップはかなりの豊富さなのだ。
値段も100均レベルからちょっとした豪華品に至るまで,改めて眺めるとちょっと凄い,目薬や胃薬,或いは未だに流行の健康食品のラインナップに十分比肩してしまうんじゃないかと思う。
とは言え,例えば歯磨きコーナーで子一時間も「今度はどの歯ブラシにしようか~?」なんて悩む人はいないと思う,いつも使ってるのがこれだからまた同じもので,とあっさり選択肢は埋まってしまうのが普通だろう。
自分もご多分に漏れずそのノリでパッと見つけに行ったものの,哀しいかなご所望の歯ブラシは結局無かった,GUMのアドバンスライン#488。
サイズ的にはかなりちっこい方だと思う,あまり見ないのは確か。
ブラシの毛が細かい上にサイズがかなり小さいから磨きやすいことこの上無し,とたかだか歯磨き暦20数年の自分が行き着いたご愛用の品なのであります,399円税込,多分何処でもこの値段。

ところがこのちっこいサイズが仇なのか先述の通り,普通に探しても無いことが多いからややこしい,マツキヨといえども実はフルラインナップはなかなか出来ないようなのである。
これのとなると代わりの歯ブラシを物色するかあるまで探すしかない,ここは大人しく面倒さ加減も手伝って一つ大きめのサイズのを買って試してしまおうか,と買ってきた。
で,これが大間違い;磨く感覚以前にやっぱり自分の歯の形状とか並び加減とかに合って無くて,むちゃくちゃ磨きづらい,完全に失敗。
たかが歯ブラシされど歯ブラシ,日常レベルで使う程度の品物とは言え,口の中と言う感触にかなり敏感なレベルの部分に使う道具はやはり慣れと拘りを優先した方が良かったようである。
20数年の信頼と実績は伊達ではない,恐るべし歯ブラシ。
たまたま使ってたら良かったので次も同じ歯ブラシで,と言いつつふと別の全然違うサイズの歯ブラシを買ってみたらどうなるか,結構皆気に喰わない感触を味わいながら朝なり夜なり歯を磨く羽目になるに違いない。
たかだか歯ブラシ,価格にして高くても数百円に拘ってしまうのが人の不思議さ加減なのである。
・・・諦めていつもの歯ブラシ買い直してしまおうか,売ってる店は幸い知っているのだから・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/316-6aafb7bc
    この記事へのトラックバック