さて,今日のトランスフォーマーは!メガネが大破したミヨシケ亭からお送りしよう!

2009年04月14日 19:59

なんて,アニメの一説でも言いたくなる位の勢いで突如メガネが大破してご臨終してしまった,左側のツルとフレームを繋いでいる蝶番から見事にポッキリ。

しかし最近は便利なもので日曜にその壊れかけの部分に気が付いて次の日会社から帰ってメガネを外したらぽっきり折れておまけにレンズも脱落(フレームが上半分しかないタイプなのでツルが折れたらそのままフレーム分解・・・;)。
さすがに慌ててその半壊したメガネをガムテープで無理矢理引っ付けながらクルマに乗って近くの眼鏡屋まで数十分,その間の運転のやりづらさと言ったらあったものじゃない。
そのまま新しいメガネ一式物色していつ出来るんですかね?と聞いたら「乱視も軽いので明日にはお渡し出来ますよ~。」とあっさりしたもの,こっちは必死こいて眼鏡屋まで来たというに。
そして分解寸前のメガネでオタオタしながら新しいメガネを受け取れたのが予定通り今日の今しがた。

メガネなんて早々買い替えるものじゃないからまさかこんな速く出来てしまうとは思っても見なかった。
けど,後から同僚に聞いたら何処もそんな感じらしい,ホントかよ;
視力検査もあるし調整とか入れたら結構掛かるんじゃないか,あの半壊メガネで一週間まともに運転出来るのだろうかとかなり不安だったのだけど,あっさり一日我慢しただけで助かってしまった。
自分の場合は今時珍しく「運転だけ」メガネを着けている人間だから(普段は外さないと昔のマンガ見たく本当にフラフラになる)常用している人に比べれば・・・と思っていたのだけど,逆に呼びのメガネも無かったし考えが甘かったかもしれない。
4年も使うと寿命なのだろうか。
柄にも無く格好つけてフレームの細いのを選んだのもこの場に限れば裏目だっただろうか。

これでメガネ常用者だったらかなりきつかっただろうなと思う。
何せ見えないという以前にぽっきり折れて半壊したメガネを無理矢理着けている様は鏡で見て我ながら情けないことこの上なかった,恥ずかしくてクルマの外からばれないか本気で心配した位。
とても人前に姿を晒すどころではなかったと思う。
裸眼でいられるのってこういう意味でも重要だ・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/303-56dcce3b
    この記事へのトラックバック