リハビリはまだまだ続く・・・

2009年01月29日 01:24

やっと力づくででも2km泳ぐことができるようになった,本当に半分以上は力づくといった感じなのだけど・・・。
今更ながらブランクが空く,と言う言葉の意味が痛感できた気がする,一旦落ちると人間衰えるのは本当に早いものだ,自分でも信じられない位に。

ただ,今はまだ「泳げるようになった」ってだけの状態なんだなと言う感じだったりする,時間的には1時間でほぼ2kmきっかりと以前とさほど変わってないのだけど,何と言えばいいのだろう,よく言われる「フォーム」はまだしっくり来ていないなあと泳ぎながらそう思ってしまう。
それが1.5km過ぎ位で急に身体が水に馴染んだような,ようやく水の抵抗を理解したような感じになってしっくり来るようになる。
何となく進みが良くなった感じになって実際速くなるようなのだから,最初の1.5km使い込んでやっと動けるようになったと言うことなのだろうか。
自分の身体ながら本当にドンだけ準備運動させれば気が済むんだ!と思う,これが老いと言うものなのだろうか・・・;

現実問題,1時間で2kmと言うことは時速2kmと言うことで乱暴に言えば歩く速度の半分位と言うことだ,こう書くとかなり遅く聞こえるけど,未経験者の独学ではそんなものなんだろう。
いつも同じ曜日に来ている人と話をするとその人のノルマが3kmとか言ってるからさすがに次元の違いを感じてしまう。
そんな風に泳げるようになるのだろうか?なかなか自分の身体では想像も付かないのだけど。
まあ,遅いのは体格の差もあるからしょうがないにしても,早く自分でも「あ,これだ」的なしっくり来るフォームを作ってしかもキープ出来るようになりたいものだ,その方が最終的には肉体的にも心肺的にも有効なんじゃなかろうか,力技に頼らないに越したことは無い。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/283-a89508bc
    この記事へのトラックバック