160,160

2009年01月19日 20:38

これは何の数字だろう,さすがに一発で判る人がいたら驚愕してしまうのだけど何のことは無い。
今愛車のインプが刻んだ走行距離だ。

それにしても今にしてみれば我ながら迂闊だった,今までしっかり10,000kmごとにきっちりとその瞬間を収めることに成功してきたと言うのに,距離の増大に感覚が馴染んだのか麻痺ったのか,今回ばかりは本当に油断してしまった。
大学の友人のねむ2と共に温泉へ日帰りして帰る最中に気が付いた時には確か159,918km。
そうか,もうそんな距離か~と二人で話しながら「その内またどうにかして写真撮ってやるか!」と悠長に構えていたのがまずかった。
残り82kmなんか会社の通勤が片道15km程度だと言うことを考えたらその内どころじゃない,一週間掛からないと言う事実をすっかり見逃していたのだ。
おかげである朝ふと気が付いたら,距離計はしっかり160,011kmほどをしっかり過ぎていたと言う訳だ,本当に油断した・・・。

しかしそこでリベンジ案が急浮上する。
「巧く行けば160,160kmで揃うな・・・」,こう思いつく自分は文字通りの莫迦か阿呆には違いない,しかし思いついてしまえば後は行動するのみだ。
残り10kmを切った辺りで会社から直に帰らず情け容赦無い遠回り作戦を敢行,見事に収めることが出来た。
走行距離6桁を超えているインプだからこそ可能なこの芸当である,なかなか良い並びだ。
本命を見逃してしまっただけにその感慨もひとしおだったりする。
何処までも行こう,160,160km

ちなみに前回150,000kmの記録を探ったら,2008年5月とあった,多分嬉々としてその日のうちに書いたと思う。
こう考えるとやはりペースは速い気がする,場合によっては一日で1,000km超えたことも有ったからしょうがないとも言えなくも無いのだが,それにしても良く走ってくれた,と言うよりは良く耐えたと言っても良い。
久々に同乗したねむ2も「そんな距離にしては良く頑張ってるなあ」と呆れ半分感心半分だった,自分でも確かにそう思う。
インプの限界までフルに発揮できるだけの能力が無いと言うのはある意味自分が情けないことでもあるけど,それほど悪いことでもないとも思う。
下手な無理をせず肩に力を入れ過ぎずに乗り続けること,後はボンネットを開ける癖を付けること,これが出来れば最近の新車と大差も無く良いテンションの張り具合で乗り続けられるのだろう。

さて,次の数字は何時訪れるだろうか・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/281-8108c557
    この記事へのトラックバック