帰省したのは良いけれど

2008年12月30日 21:19

まあやはりと言うか何と言うか,別段やることも特に無く1日2日と過ぎていっている.
親も爺さん婆さんもやっぱ歳取ったなあとたまに見るとさすがにそう思わざるを得ないものの,そもそもその分自分も歳を取ったのだからお互い様なのだろう.
何でか知らないが今年ばかりは自分の誕生日をすっかり忘れ去っていたようだが・・・;

帰省当日時点では雪も降ってなく「クルマで行けるだろうか」ともふと考えたものの結局諦めて電車にした,帰省が第一目的なので道中のリスクは出来るだけ潰してしまった方が良い.
とか言いながらいざ駅に行く前にネットで時間を確認したら何やらトラブルとかでダイヤが乱れまくり.
果たしてどうかと駅まで向かってみたら,新幹線の運行状況の電光掲示板が真っ暗.
さすがにこれは初めて見た.
自分が切符を買った時点でも「いつ新幹線が着くか判らないので,指定席を購入されても時間の保証は出来ません;」と駅員から言われてしまった,毎年自由席なのでそこは別に良かったのだが.
とは言え自分が駅に着いたのが昼過ぎだったので新幹線自体はすでに稼動再開していて,ホームに上がってすぐに来た新幹線にパッと乗り込めてしまった.

乗り継ぎの東京駅でも払い戻しでごった返す帰省客を尻目にすたすたと東海道線に乗り込み,気が付けばさほど待つことも無く帰省できてしまった,こんなもんかね.
予約で指定席を買ってた人なんか一番大変だったろう,指定された新幹線がそもそも来るかどうか判らないと言われればそりゃ困ると言うものだ.
自分が見てた限り駅員に食って掛かるような短気な連中は見受けられなかったけど,駅員にしたってそもそも何でトラブったのか判ってすらいなかったから申し訳ありませんとしか言いようが無かっただろう.

さて,もう気が付けば年始も目の前だ.
今年も色々あったようななかったような,まあその辺は前回も書いたから今更繰り返すのは止そう.
来年も一年間無事に過ごせれば,それを期待しながら初詣にでも参るとしようか・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/276-5c6850e1
    この記事へのトラックバック