付き合って6年以上もして気づく驚愕の真実

2008年12月01日 01:05

久しぶりに休みを取って岡山まで一っ飛びしてきた,もう4ヶ月近くぶりになってしまっただろうか。
目的は勿論彼女に会いに行く為,何かここまで来ると単身赴任している夫のような心境だが・・・,毎度のことながら彼女とは相変わらずの仲で良く続いている。
何のことは無い,所詮人間関係は恋愛だろうが何だろうが相性とやる気と根気の問題なのだと思う,あえて付け足せばそれ相応の金銭も,かも知れないが。

で,さすがに久々なのでどうなんだろうかな,やっぱちょっと接し方とか変わってるだろうかなとか思っていざ駅で待ち合わせて会って見たら,まあこれが全然変わってない。
以前大学のサークルで同窓会みたいなものやってみた時も,彼女のみならず男も女もろくに変わってなくてある意味驚愕したのだけど,やっぱ人間そう簡単に変わるわけが無いのだろう,おかげで安心も出来たのだけど,自分が年齢以上に老けまくってみえていると言うのに彼女の方はむしろ服装によっちゃ一体あんな何歳なんだ!と突っ込みたくなる位若く見えるのは如何なもんかと思う。
多分端から見たら実年齢以上に離れて見えているに違いない。

で,見た目と言えば今回何故か彼女,行く店でやたら自分の服を選んでは着せ選んでは着せと着せ替え人形にしては喜んでいた。
普段服を見る時なんか大抵彼女があ~だこ~だ探しているのを眺めてては一言だけ申すだけだったのに,珍しい帽子屋さんなんか見つけて気まぐれで自分も被ってみたのが悪かったのかも知れない。
もしくは例によってか数年前に買ったジャンバーを未だに暢気に着ている自分を見て何やら危機感でも感じたのかも知れない。
元々服の年式には頓着も一切しないし,余計な着飾りとかもまるで出来ない人間だからと言うのもあるのだけど(この時期知り合いには大抵「お前って薄着だよな・・・」と何か哀れむ台詞を多々聞く;),向こうも気にはなっていたのかここぞとばかりに本人に「その格好はもう飽きた!」と言われた時にはさすがに衝撃的だった,そもそも人の服装で「飽きる」って表現なんてつかうもんなのかと,その意味でも驚愕した。
おかげで普段滅多に着ないような服の類をばさばさ着させられた,金に余裕があったなら本気で買わされてたかも知れない。
しかし最初の帽子屋で味を占めたのかやったら帽子をお勧めされてしまった,昔は良く被っていたんだけど,彼女曰く「結構似合う」らしい。

見た目ついでに言えば珍しくクルマの話もいくらかあった。
大抵運転してるクルマの中で,
彼女「あれなんてクルマ?」
自分「あれはディンゴ」「あれはプジョー」「あれは」
これはまあよくある話である,大抵答えるのは自分。
ところが今回彼女の意外なクルマの好みを聞くことになる。
ふとクルマを買い換えるなら次はどれか,と言う話になった時のこと。
「じゃあ,あれは?」とコペンを指してみたら,「あ~いう丸い目は好きじゃないんよ。」「割と長めのツンとしてる方が良い。」と言われてまたびっくり。
そしてekとかキューブのようなカクカクしたのもお嫌いらしいbBももはや論外。
驚いてる自分を尻目に更に更に驚愕の台詞が連発される。
自「じゃ,じゃあライフは?」「あ~言う背の高いのも好きじゃ無い。」

正直絶句した,実際には驚きの叫びを連発していたので絶句も何も無かったのだが・・・。
今時の女性って可愛いか背が高いとかスライドドアとか白物家電なクルマしか見ないと思っていたのに,その類を軒並み否定しやがるような女が,まさか自分の目の前にいようとは。
唯一の共通項は「税金掛かるし取り回し良いからやっぱ」と言う部分だけだろうか。
しかし背の低くて目がとんがってて格好の良い軽って今あるだろうか,コペンすら否定されたらかなり厳しいと思うのだけどどうだろう,現行車では皆無とすら言える。
つか背が低くて格好良いってもはやそれはスポーツカーのお姿そのものじゃないかと急に気が付いた,軽だなんだというのを無視していっそスポーツカー乗せたら良いんじゃないか,と頭の中で閃いた自分,そこで一言。
「じゃあ,ランサーエボリューション買おう!ATあるし!」
蹴られました,その時運転していたのは自分です,危なかったです。
でもこともなげにランエボ乗ってる女の人って,余程凄いか余程危ないかどっちかだとは思う。
その意味ではランエボが選ばれなかったのは正解なんだろう。

でも自動車メーカーからしたら考えようだなと思う,こういう人が実はいるのだと少なくともマーケット関係の方は聞いておくべきじゃないだろうか,ワゴンRがスティングレイになっても背は高いままなのである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/265-f25186dd
    この記事へのトラックバック