巧くなったり下手になったり(Phase2)

2008年11月26日 20:36

さて,性懲りも無く泳ぎが巧くなったと勘違いしたのかどうか意気揚々と一度覚えた泳ぎを再現すべくいつものプールへと赴いてきた,それが先週の末なのでちと前の話なのだけど。

さて,どうだったか。
同じ泳ぎが出来た!
これは良いブレークになったんじゃないかと思う,たかが二度目されど二度目,今まで色々あれこれ手をこまねいてはその策が二度は続かない日々と言う有様だったのだからこれは随分とまた上達したんじゃないかと思う,そりゃ自画自賛もしたくなる,やっているもんだな。
何せ1時間ぶっ続けで泳いでもさほど疲れもしなくなったのだからその威力たるやと言った所だ,今までだと泳げたとして結構必死の一時間,それが今では余裕の一時間。
決められた1時間半を全て使い切っても行けるんじゃないかとすら思えなくもない,一度やってみても良いかも知れないとすら思う,さすがに調子に乗りすぎだろうか。

でもまあ長々と続けてきた甲斐はあったなとは思う,しばらく前までは運動不足はともかくもとより「泳げるようになる」のが目標だった。
冗談に聞こえるかも知れないけど本当に最初に泳いだ時のハンマーブロスもびっくりのカナヅチ振りは凄かった,いや酷かった。
50m泳ぐだけであたふたとフォームも減った暮れも無い動きをし出しそして息絶える寸前まで追い詰められた,自分の中でまだ「そこまで身体も鈍ってはいないさ」的な,今からしたら頭の悪い思い込みが更にその直後のショックを助長してくれて何とも恥ずかしかった記憶まである。
そんなに人に見られていた訳でもないし,実際自分より酷い人も結構いるには違いなかったのだけど,一緒に行った会社の後輩が実に「フツー」に距離をこなしているのを見てまたまた更にショックと恥ずかしさが助長されてしまった,その後輩はその後結婚したこともあって完全に脱落したのだが・・・。

そんなショックから珍しく自分の心に火が点いてしまって,今の今までばっさばっさとプール通いしてきた訳なのだけど,ここにきてようやく様になってきたとも言える。
今まではトレーニングというか練習というか,「出来ないことを出来るようにする」的な前段階,一個下のレベルみたいな感じだった。
実際泳げなかったのでまさにそんなゼロからスタート,なものだったのだけど,今はちょっとレベルが上がって泳げるけどもっと巧く泳げるように,そんな位置にやっとこれたと思う,基本運動神経が死んでいるから時間掛かるね,こう言うのは,3年近くやってようやくこの域なんだから。
でもおかげで今更そんな,「巧くなった!」なんて手応えに喜べるのだから気分的には全く悪くないね,プール通いそのものは不定期にしろまだまだモチベーションは高い。
良いことだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/263-a1c67481
    この記事へのトラックバック