この期に及んで痩せてもなあ・・・

2008年10月26日 20:49

また体重が減った。

何かこれって末期の老人みたいな心境だ,だって痩せるような努力をほっとんどしていないのに確実にwtは減ってきている。
「そろそろお迎えが・・・」なんて空の上の方をぼんやりと眺めてしまうような・・・,まだそこまで歳でもないのだけど。
しかしここで減ると言うのは何かやってるんじゃないかと少々疑いたくもなってくる,自分で。
まあ昨晩計った時には条件は揃っていたと言うのもあるかも知れない。
土曜出勤の振替休日でかなり休めたし,久々に泳いで良い運動も出来たし,飯もそれほどバカバカ食い込んでもいなかったし,これは良いのかどうか判らないけど朝っぱらから酷い下痢で腹の中は飯を食う前の時点では文字通りのスッカラカンだった。
まあ晩飯を食ったことを除けば本当に身体は軽い状態だったと言う訳だ。

とは言えこれはどうなんだろうと思う,春先に比べれば2.5㎏減った,自分の体重でこの数字を見るのはおよそ何年振りなんだろうか,下手すれば大学時代より減っている。
今のご時世無理なダイエットか本当に貧窮問答歌してる状況じゃなければそうそう痩せるはずも無いと思う,世間の不況具合がどうこう言っていようが今の日本はまだ飽食の時代だから,食おうと思えば食えてしまうし禁酒法も無い。
水泳自体は今もやってるからこれがダイエットじゃないのか?とも言えなくも無いのだけど,どうも水泳って思ったより体重には影響しないらしい,運動量的には結構なものだから消費は出来るみたいだけど,どちらかと言えば体力が付く方のようで,筋肉が付くとも言える。
ましてや自分の場合運動不足さえ解消できればと言う思いと泳ぎ自体があまりに下手糞すぎてショックだったと言う辺りからスタートした訳で,「痩せる」効果ははなはだ狙ってもいなかった,そもそもそこまで肥満じゃないし。

さて,結論はどうしようか,だ。
無駄に太るよりは痩せた方がマシには違いない,けど自分の身体では妙に不自然だ。
昨晩一日,一回だけの数字の話なのでまだまだ先を見た方が良いのかも知れない,何せ久々に見た数字だったから驚きが何にも勝ってこんなことを書いてしまったと言うのはある。
体重がすぐに戻れば?一過性で余計な心配はハイサヨウナラ。
このまま減っていったら?ちょっと色々考えなければなるまい。
余計な心配無きようお断りしておけば,少なくとも自己判断する限りは心身ともに至って健常だ,いや心は少々いかれてるかも知れない,頭の螺子が数本・・・,いやこの手の可笑しい話は止めておこう。
しかし,自分ではあくまでいきなり太るも痩せるも基本的に不自然な状態だと考えるようにしている。
多少の相違はあれその人の身体にピッタリ合う「体格」と言うものが必ずあるはずだからだ。
だから太り気味の人もその体格が長年続いているならそれがベストであって,肥満でも何でもないのだと思う,いきなり1年足らずで10も20も太れば話は別だが。

余談ですが昼飯はカレー,晩飯は定番どおりラーメン大盛だった,しかもチャーシュー麺で肉もしっかりコメもしっかり。
これで痩せるとかあり得んだろう・・・;
スポンサーサイト


コメント

  1. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    自分ながら余談。

    いつも通り風呂上り(つまりラーメン大盛後)に体重計に乗ったらしっかり0.7㎏戻ってた。
    人によるのかどうか,でもやはり食事前後で確実に0.5~1.0㎏は人間体重なんて変わってしまうものなのだろう。
    つまりこの範囲内だとダイエットもクソもないということか。

    でもよくよく考えたら胃袋って凄いものだと思う,短時間にそれだけ詰め込んでしっかり気が付けば消化してるんだから。
    肺とか心臓に比べたら軽視しそうだけどやはり胃腸は大事にしなくてはなるまい,そら王監督も全摘して体力落ちるわけだと思う。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/256-f5cd5984
この記事へのトラックバック