お帰りインプレッサ

2008年09月28日 03:43

と言うことで無事帰ってきた。

今回は大したこと無かったなあと思う,でかくてもワイパーのリンク換えてクラッチのキコキコ音を治した位,ブレーキもパッドは全然残ってたらしい,踏むときは結構踏んでいるのだけどまだまだ踏み切れてないと言うことか,長持ちするのは良いことなのだけど。

一週間プレオに乗り切っていたので,インプに乗り換えた瞬間はかなり違和感があった,「あれ,こんなシート位置だったっけ?」て感じで結局2~3回は調整してやっと思い出した。
でも走り出すとすぐにいつも通り運転出来ているのが判る,何だかんだで身体も感覚もこのクルマにすっかり馴染んでいると言うか合わせられてるなあと思う,クルマが自分に合ってるのか自分がクルマに合わせられてるのかどっちなのかは判らないけど。
一つ面白いのはペダルがむしろプレオより軽いことだ,ブレーキなんかインプの方が効きは間違いなく良いはずなのにタッチはかなり柔らかいからぱっと踏むと何か聞いてない感じが一瞬する,実際は勿論ちゃんと止まる。

CVTとMTの差もあってか乗っている時のダイレクト感は雲泥の差だと思う。
上述のペダルを除くとほぼ全ての面でそう言った一種の手応えがある,何よりエンジンの回転と速度が確実にシンクロしてくるのは大きいだろう,やっぱりCVT独特のあの速度と回転がアンマッチなのはかなり不自然だ。
問題は助手席に人がいたらと言うことだろうか,プレオとインプでどっちが助手席の客人は快適なんだろうか,遮音材もろくに無いプレオでも普通に走る分にはむしろ安楽かも知れない。
こればっかりは運転手には知る由も無いことではあるかな。

折角なので油脂類も一通り変えた。
おかげでエンジンもシフトも含めて機械的な所全体がかなりスムーズに動いてる気がする。
これで当分あっちこっち走っては楽しめるだろうな,にやけ顔をしながらせかせかとシフトチェンジしているだろうな,そんな自分の醜態が目に浮かぶ,やっぱり莫迦だ,他人には俄かには理解されないだろうな。
自己満足ながらつくづく良いクルマに乗れているものだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/250-98fb2e3d
    この記事へのトラックバック