車検の予約

2008年08月31日 22:08

よく考えたらディーラーに寄るのも何ヶ月ぶりだろうか,今年の頭にバッテリーが上がってから以来だから半年近く何にも起きずに過ごせたことになる,一旦治しきってしまえば後はいくらでも走り切ってしまう,結局そう言うものなのだろうけど,思えばここまで平穏なドライバー生活ってのも初めてだったと思う.
ひとまず期限切れ直前の9月末には車検が終えられるよう手配は済ませた.

とは言え結局の所普通に予約して普通に手続きしてもらうだけになってしまった.
やる前はあれやろうこれ弄ろうと色々企んでやってたというに,いざ行ってみたら思い切り怖気づいてしまって足回りのことなんか何も言わずに終えてしまった,相変わらずこう言う時に限って優柔不断と言うか度胸も何も無いのだから困った話だ.
まあそこまで推せなかったと言うことは結局の所不満も気にもなってなかったと言うことなのだろう,良いか悪いかも判らない内はそのままの方が実は一番良いと言うのは何だかんだで経験上知っている.
とは言えちまちまと不具合は出ていたのでその中でも結構目立つ所,ガタガタになったワイパーとGT40閣下や蒼樹左大臣に顰蹙を買い捲ったクラッチペダルのキコキコ音の辺りはしっかり伝えて修理して貰えるよう頼むことには成功した.
ワイパーはともかくクラッチはたまに繋がる所と遊びの所の丁度境界線辺りで戻らなくなる現象まで起きてるから,下手したら「マスターシリンダかも知れない(ディーラーのおっさん)」らしい,この辺はまだ様子見と言うのもあるけど.

さて実際はどうなることやらと言った風情だ.
何せ前回は車検の2~3ヵ月後に燃料ポンプが死んで立ち往生した実績まであるから,車検を通った所で無事後2年間走り通せる自信は正直無いし,もはやそんなものなんだろうと割り切った.
となると今回も意外な所に伏兵がわんさかいそうで,今から少々おっかなびっくりな気分なのである.
さて,我が愛車は無事帰還できるのか?!
余談.
「車検に持ってこられる際に自賠責と車検証とあるなら自動車税の納税証明書(でよかったっけ?)を用意してきて下さい.」
と,最後にディーラーのおっさんに言われた.
当然ながら自動車税は納付済みなものの,果たして紙があったかどうか・・・.
実際は無くても県税局に取り寄せ可能なので問題は無いのだけど.
ちなみにある男は次の車検になるまで(つまり2年間)自動車税を全く納めてなかったらしく,結局車検の費用で無理やり支払ったそうだ.
どう考えても立派な脱税なので,皆々様もお気を付けあそばせ.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/241-bf96f6d8
    この記事へのトラックバック