食欲減衰中

2008年08月28日 21:49

困ったことにまた歯茎を傷めてしまった,例によって上顎と下顎との付け根辺りで間違って固いものをガリッとやってしまったのである.
自分の場合,歯並びが悪いせいでその顎の付け根辺りは上には歯があるのに下には無いと言う結構厄介な状態になってしまっている.
歯茎を傷めるときは決まってその口の奥に入り込んだ固いもの(揚げ物のパン粉とかかなり怖い;)を上の歯だけでグリッとやって,下の歯の無い所に刺してしまう,噛む動作なんか大抵無意識にやるものだから防ごうと思っても全くいきなりやらかしてしまうし意識的に噛む所を変えようとしてもそんなに簡単に出来るわけも無い.

大分前に矯正したらどうかと歯医者に勧められはしたけど,発声が悪い訳でも無いしその時は歯並びが姿勢とか自律神経とか色々な部分に影響するとは全然知りもしなかったのでついぞほっぽらかしのまま過ごしてきてしまった.
歳を食ってからだと肉が硬くなって矯正しづらいらしいとも聞いていただけに正直やってしまうべきだったかなとこうやって被害を被って初めて多少後悔の念も出てくると言うものだ.
とは言え実際はそれ以外は歯並びの悪さに起因しそうな体調不良とかは起こしていないし,親にまで指摘される位早口とは言え発声そのものは全く問題無さそうだから普段は全く気にはなっていないのだけど.

この手の負傷できついのはとにかく噛めなくなることだ,傷めた部分が腫れ上がってしまって噛もうとした瞬間に凄まじい痛みが走って思わず「ウッ!?;」となってしまう.
そんな有様だから噛み締めて踏ん張ることも出来ないしそもそも食事もろくろくまともに食べられないのだからかなりダメージはでかい.
噛もうとしても歯が擦れる所まで口を閉じれないから固いものはまるで噛めない(それに傷口に止めを刺しそうで更に怖い),現実問題昼飯も夜飯もコメより固い食い物は怪我した今週の頭から殆ど食べることが出来ていない.
噛む速度自体文字通りのガタ落ちだし(多分倍以上掛かって食べていると思う)そもそも噛む動作自体が苦痛だから食自体が異常に細くなってしまっている,やりたくも無いのにダイエット状態だ,これで本当に1kg体重が落ちたのだから始末に終えない.
家にあるカントリーマアムも破片が突き刺さるのが怖くて全く手を付けられていない,唯一の見方なのは噛まずに傷を冷やすことが出来るお茶と頬から冷やす氷くらいのものだ.

そこまで本能が萎えてしまうほどへぼになってもいないと言う自負はあるのだけど,今回ばかりは本
当に食べる気力が萎え萎えになってしまっている,食うこと自体が苦痛になってしまうのだからそれも当然と言えば当然だが,苦労しても痛みが先に来て食べた気に全くならないことの方がむしろ問題かもしれない.
続くようなら歯医者の予約でもした方が良いだろうか,口内炎とか口の中に使える薬があったら是非欲しい所なのだけどあまり聞いたことも無いし処方箋以外で出てくれるだろうかな.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/240-8ac62e6c
    この記事へのトラックバック