ばて気味

2008年07月25日 00:12

土曜出勤もあって一週間ほど泳ぎにも行ってなかったので,たまたま仕事が速く終わった木曜日なんぞにプールに行ってみたのですがこれがまた大失敗.

たまたま仕事明けが早かったとは言え,それなりに微妙な疲れがあったし,いつもなら軽く菓子とか水分摂ってから行く所を当然直行したので何も喰わず,つまり胃の中もスッカラカンでスタミナ0.
そして何より,曜日によってそのプールでは水泳教室とか色々やってるのだけど,その日に限って何とそのお年寄り向けな水泳教室で2レーン占拠されてる状態,挙句に言い年こいたばあさん連中がバタフライの練習なんかやってるから,水面がプールの癖に荒れ気味.
おかげで平日とは言え残りのフリーのレーンもいつにも増して混雑している.
しかも適度に似たような速度で皆泳いでいれば混雑していてもどうにでもなるものだけど,こういうときに限って老若男女で速いも遅いも和洋折衷…ではなく,とにかく渋滞モード.
遅いクルマが所々で右車線を走って迷惑極まりない渋滞を起こしているのを想像して貰えれば良いと思う,実の所自分はどっちかと言えばその遅い部類に入ってしまうのだけど….

こうなるとどうにも久々と言うこともあってあっという間に鈍りきってしまった自分の身体ではまともに泳ぐことも覚束ない.
周りが気になってしまう為か手足の動きがとにかくぎこちないと言うか合ってないと言うか,気晴らしのつもりで運動してるつもりが全然気が晴れない,無用のストレスが溜まりまくってしまう.
そうなれば後は悪循環の嵐で,泳げない→ストレス→焦る→力む→やっぱり泳げないの無残なまでの蓄積.
距離そのものは1.5km程は行けたものの,調子としては最悪に近かったと思う.
普段余りに慣れきって決まった曜日の決まった時間決まっただけ泳ぎ続けていたから,いざ曜日とその時の周りの状況がちょっと(端から見ればホントにちょっとだと思う)変わっただけでこの様になってしまった.

こう言う時は疲れ方も酷く悪い疲れ方に終始してしまうのは経験上良く判っていたから,最低限泳いでさっさと切り上げた,兎にも角にも気分的には最低に近くて気晴らし何かなりゃしねえと愚痴ってしまいたい位.
やる気を殺がれたまま泳いでも酷い泳ぎのまま怪我するかも知れないし,何より泳ぐのに嫌気が差して辞めてしまいそうでそれはそれで危険だ.
こう言う無駄なストレスをしかも銭払ってやってしまうのだから本当に勿体無いと思う,やる気の無いダイエットもこんな感じであっさり止めてしまうのだろう.
やる気と精神衛生が適度に守られてこそ,こんなことが長続きするのだと思う.
来週には慣れきった状態でリベンジせねばなるまい.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/226-d7452af2
    この記事へのトラックバック