そうだ,京都行こう(やっぱこの台詞だな)

2008年05月06日 23:34

つことでこの連休中,家でただひたすら全身全霊で以ってだらけるにはあまりに天気も良かったので,折角実家からも近いんだからと京都へ行って参りました.
どちらかと言うと京都大好きな彼女の方があまりに行く気満々だったので,それにつられて一泊二日振り回されまくったと言う方が正確かも知れない.

さて,京都へ行くのは中学時代も含めるとこれで三度目だろうか,旅行としては近場とは言え割と多い気もするけれどそこはさすが京都,魅力ある名所が色んな所に有って本当に飽きない.
今回は連休中の人の多さを避けると言うこともあって,中心部はあっさりとパスして一乗寺下り松(宮本武蔵と吉岡一門70数名との斬り合いの場で有名ですな)辺りから曼殊院等を巡ってみた,実際これが本当に人が少ない.
金福寺辺りなんか朝早かったこともあってスッカラカン,いるのはその中にある芭蕉庵で寝そべる猫一匹のみ(通称蕪村,本名は不明の三毛猫).
しかもこの猫,やたら人馴れしてるのかこっちが近寄ろうが触ろうがぺんぺんしてみようが折角構ってあげてるのに全くの無反応,むしろ寺の風情とは実に合っていてそれはそれで面白かったのだけど.
ルート的にはそのまま金福寺→詩仙堂→八大神社(下り松の跡)→圓光寺→曼殊院→駅に戻って東寺五重塔と,最後はともかく兎にも角にもまあマニアックと言うか渋すぎる所ばっか,20代のカップルが訪れるような名所じゃないかも知れない.
とは言え庭園としての風景はどれも皆素晴らしく「おお~~っ」と思わず声が出てしまう所ばかり,「趣深し」とはこういうことなんだろうと思う.
自分個人としては詩仙堂と曼殊院は特に良かった,写真に撮っても文字通り「絵」になるので今まで以上に調子こいて撮りまくったけど,素人ながら割りとマシに撮れたと自画自賛した所だ.
春の特別拝観と言うことで,曼殊院と五重塔に一部中に入って観ることまで出来たのは思わぬ幸運だった.


京都へ旅するならクルマは厳禁,と言うのは間違いようの無い事実だ,特に京都市街ならバスかタクシーもしくは思い切って歩く方が実は圧倒的に動きやすい.
おかげで二日とも随分と歩きまくる羽目になったけれど,その甲斐あって存分に楽しめた旅になったと思う.
秋はやはり紅葉の季節で今回訪れた所もまた素晴らしい景色が拝めそうだ.
今まで春と冬の京都は見たことがあるので次回は是非秋に訪れようと思う,秋の特別拝観もあるし.
まだまだ当分,この地に飽きることなどなさそうだ.
何せノリノリで撮ったので今回ちょっとだけ自信有りげな写真の数々.
日差しが強くてちょっと明る過ぎたかもしれないけど,本当に静かで風情のある所ばかりでした.
また行くぞ.

金福寺 001

非常に静かな雰囲気の中の金福寺.

金福寺 005

そしてそこの主こと三毛猫ちゃん,だらけすぎ.

詩仙堂 003

詩仙堂 010

詩仙堂の中からの眺め,まさに日本庭園的な素晴らしき風情.写真写りも良すぎて自分で感動した.

圓光寺 001

こちら圓光寺,やはり庭が美しい,ちなみに金福寺も圓光寺も「禅」の寺.

曼殊院 003

曼殊院の庭,それこそJRのポスターになっている位の絶景,秋の紅葉は本気で見に行きたいと思う.

東寺五重塔 004

東寺五重塔 005

東寺五重塔.
特別拝観と言ってもさすがに中の撮影は禁止,なので塔の周りを歩いて撮ってみた.
やはりこの時代の精巧な造りは圧巻,これで優れた耐震構造まで採られているというのだから驚くばかりだ.
それにしても木造でこの高さと言うのにも圧倒される.
スポンサーサイト


コメント

  1. サ・ムーネ | URL | -

    京都……いいですよねぇ。
    実は!
    京都は自転車がオススメです。
    駅の近くにレンタサイクルがありますよ。
    次回行くときは是非。

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    なるほど,その手がありましたねえ.
    京都駅からだと真っ先に500円のバスチケットが思い浮かんでしまうのは自分だけではないはずですが,遠くまで行くならともかく四条烏丸とか東寺辺りなら自転車の方が楽なことは間違いなさそうですね.
    是非,次回探してみます.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/201-f0e33752
この記事へのトラックバック