なぜ急にボンネットなんか開けたのだろうか

2008年02月26日 19:57

それも平日の夜,会社から帰った直後のことだ.
当然まだ夜は早くて周りは真っ暗,勿論寒いし何より仕事帰りで普通ならボンネットを開けようと考えることなんか何か起きない限り滅多に無い,そう滅多に無いから開けたのだ.
たまたま未だにカプラーを引っこ抜いて起動させてないABSをどうしようかとか色々考えてたのはあるのだけど,何かしら,本当に何かしら妙なテンションでふといきなり懐中電灯片手にボンネットを開けてエンジンの様子をいつも昼にやるように見回してみた.

そしてふっと上がる白い煙が少々…,一瞬呆気に取られた後「え!?」と慌ててエンジンの奥まで懐中電灯を照らすと…

NEC_0037.jpg


やってしまった・・・;完全にインマニからヘッド辺り(水平対向だから上がインマニでその下がブロックだから多分合ってるはず)でオイル漏れ,しかもかなり酷い.

NEC_0038.jpg


赤いのがおそらくはエンジンオイル,で何故か青い液体まで,まさかのクーラントかこれは…
エンジンオイル自体はまだ十分残っているけど時間の問題な気もする.
しかしていったい何が起きたのだろう,バッテリーやハーネスを交換した時はエンジン回りも随分見られたはずだけど何も無かった,自分で見たけどここまではっきりした漏れは見えなかった.
その直後に遅れてオイル交換も済ませたけどそこでも何も無かった,はずだ.
確かにしばらく乗ってなかった上にオイル交換自体いつもより引っ張ったのは事実だけど,それでも2,900kmだから悪い数字ではないはずだ.
やはりこれが過走行エンジンの限界と言うものか,少なくともインマニとブロックとのシーリング系統が死んだかどうかしたかは間違いなさそうだ,脱着確定だろう.

悪いことは重なると言うけどここまで連続してトラブったのはさすがに初めての経験だ,さすがの自分もこれには凹んだ.
本気でOHのことまで考えなければいけないところに来てるのかも知れない,と言うよりそもそもこれは普通に治るのだろうか
何か最悪のパターンまでが頭をよぎる,しかもスバルの整備は18:00までだから持って行けても週末,果たしてそれまでもつか??
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/183-a4b05279
    この記事へのトラックバック