こんな時こそ栃木の餃子

2008年02月23日 21:13

つことで,久方ぶりに今をときめく餃子を食べに行った訳であります.
店はいつも通りこちらで,自分はみんみん派だったりする.

まあ,それはそれは何せ今をときめいているだけにさすがのみんみんも閑古鳥が鳴いてるかなと思い微妙に不安になりながら行ってみたものの,いざ入ってみれば駐車場からしてほぼ満車,店内もぎりぎり一人が座れた位と言うご盛況ぶり,全くの杞憂とはこのことなんだろう.
あるいはこう言う時こそ「地元の食い物が一番」的な風情になる人もいると言うことだろうか.
とは言えさすがに店に問い合わせがあったようで,店内にはしっかりと「当店の餃子は地元での自家製造です.ご安心してお召し上がり下さい.」とご丁寧にも但し書きが貼ってあった,しかも半冷凍の賞味期限まで付けて.
クレームが付けば客商売は大変だから致し方無い(問い合わせまであったらなおのこと)のは判るけど,自分個人からすればそこまでする必要も無いと言う気がする.
至極真っ当な味音痴の自分でも,こちらの餃子は明らかに他で食べたのとは違うと判る,多分県外から来た人が食べた方が差を感じることが出来るだろうし,こちらの方が美味いと言って貰える筈だ.
実際食した方なら同意して頂けると思う,少なくとも実家の家族に試しに送って見たらはまった上直接発送を頼むようになってしまった.
宇都宮と言えば餃子と言うのは伊達ではないのである.

それにしても「日本人は世界で一番食生活に敏感」と言うのは本当のようだ.
今回の騒ぎにしても実際は被害を受けたのは日本だけじゃなかったはずだけど,ネットにしろTVにしろ見てみるとまるで日本だけに輸入されたように見えてしまう.
物は試しと検索してもアメリカの件でちょこっと見つかった程度で今じゃ殆ど見つからなかった.
それこそ欧米の方がこの手の事件には特に喧しいのでは?と何となく思ってしまうのだけど果たしてどうなんだろう,「被害が大したこと無いから」でさっさと終わらせるような民族にはとても見えないのだけど,と考えてしまうのは結局自分が日本人だからだろうか.

そんなに敏感だから逆に例の偽偽ラッシュも頻繁に起きるんじゃなかろうか.
赤福もいくら生菓子だからって賞味期限が2~3日ずれた程度でいきなり腐敗しきるわけも無い,クッキーとかなら尚更だ.
駅弁なんかもコンビに弁当なんかと一緒でもはや「工場生産品」の趣だからマージンは相当に広く取るはずだし,一日経って不味くなる位そもそも美味くも無い,少なくともそう言う食べ物だと意識した方が良い,精神衛生上ね.
実際うっかりと賞味期限丸一日過ぎのおにぎりなんか,「しょうがない,もったいねえ!」と食べてしまったことが何度かあるけど未だ被害は全く被っていない,ついでに言えば味なんかサッパリ判らなかった.
賞味期限を気にしてコンビニ弁当を買う人を見たことも無いし,騒いでも所詮はその程度なのだろう.
どうせならコンビニ各社とかで一斉に「明日から弁当の賞味期限が一日延びます.」て言ってみたらどうだろう.
売り上げが最初落ちてもすぐ戻ってしまうだろうしい猫も杓子も環境のこのご時世,ゴミも減って良いじゃなかろうか.

ふと餃子屋の「当店は地元生産です.」の張り紙を見ながら「これが偽装だったら明日自分は神経がピクピクしながら死んでいくんだろうか.」とか余計なことを考えてしまった.
それでも焼き二皿に水一皿,ついでにご飯大盛りペロリである.
…本当に日本人って食に敏感なのか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/181-3e07ef30
    この記事へのトラックバック