インプレッサ云々

2006年10月31日 22:02

今月車検を通したこともあって,何せ¥がすっ飛んでいった.
おかげでしばらくは何も弄ることなく,普段のアシとして通勤に使ったりドライブに行ったりといった風情だ.

しかし実の所,治すもの治したから調子が良いかと言われるとそうでもない.
一番の不具合は相変わらずたまに(頻度は大分減ったけど)失火と思しき現象があることだ.
車検前にはいよいよ朝通勤で出動する度にガクガク言い出していたので,車検の際に出費覚悟で点火コイルの点検と交換も依頼した,プラグは以前交換したので必要は無し.
実際見てみたらコイルが相当劣化していたらしく結局総交換したのだが,確かにしばらくはエンジンの回転がアイドリングから踏んだときまで安定してくれたと安心していた,しばらくは…
ところが,どうやら完治はしてなかったらしい,やはり出掛けてからしばらくの間ガクッと回転が落込むときがある.
そう言えば症状をディーラーに相談したとき,
「エンジンオイルが硬めだと,エンジン掛けてからしばらくは安定しないかもしれない.」
なんて言われた.
エンジンオイルと失火に関連があるとは聞いたこともないし,実際あんまり関係なさそうなのだが,実の所今入れているエンジンオイルは随分硬め,10W-50なのだ.
実は真夏に交換したオイルが残ってしまったものだから,勿体無くて今回其れを使い切る形で,同じ銘柄のまま交換したのである.
真夏であれば其れ位硬くても,とは言えるのだけど今回間が悪いことに交換してからすぐに季節は秋真っ盛り.
急に朝晩冷えるようになって,一気に硬すぎオイルへと変貌してしまったのである,正直この気温なら50は硬い,硬すぎる.
そのせいもあって最近は1分ほど暖機も入れるようになった.
とか言いながら,実はアイドリングだけの暖機自体は普通のクルマならそんなに効果は無く,負荷を少な目の状態でさっさと走らせた方が駆動系も暖まるので良いから,いきなりスタートさせるよりはいいかと思ってる程度だ.
実際暖機しても,失火するときはしてしまうので,もう一回プラグ交換するしかないかもしれない.

と言った所で実は失火じゃないかもしれない,車検時にエンジンに全く異常が無いとは先述のディーラーの人の弁なのだが…
現在走行距離12,3000km,まだまだホトケさんになるには早いと思うけど,どうなんだろ~・

スポンサーサイト


コメント

  1. サムネ | URL | -

    吸気系かもしれませんね。
    エアフロが汚れてると良く息継ぎしちゃいますからね。
    ただ、どちらにしろ弄ってもないのに上50のオイルはちょっとEgが可哀相かな、と;
    ちなみに50とは100度の時の粘度なので、気温とは関係ありません。気温と関係するのはしたの○Wの部分ですね。粘度を下げるならそこです。

  2. 160SX | URL | psq.nIB.

    ご無沙汰しております。

    その症状は、温まると納まるのでしょうか??
    水平対向は、直列なんかと比べるとオイルの影響を受けやすいかもしれませんが、そこまで顕著に違いが現れるとは考えにくいと思います。。
    (ちなみに自分は10W-60なんてオイルを使っていますが、全く問題ないです)

    あ、でも、暖気1分は普通だと思います。
    自分のクルマの場合、オーナーズマニュアルに1分間暖気するよう書かれています。
    自分の場合、追加の水温計で40℃程度になるまで暖気してます。
    (水温が上昇するまで、エンジン回転数が高めになるからかもしれませんが)

    もし、エンジンが温まってもガクガクするようなら、サムネさんのおっしゃる通り、吸気系が怪しいですね。
    もしかしたら、どこからかエアを吸っているかも。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/18-109da60c
この記事へのトラックバック