ストレスの信号=私はまぶた

2008年01月16日 00:13

土日出勤なんか久々にやった記憶があるけど,やっぱり曜日感覚がおかしくなるのは困りものです.
「今日何曜日だっけ?」と自問した後,明らかにいつもより考える時間がちょっとだけ長い,ほんとに「ちょっと」の差なんだけどどう見ても一瞬今日が何曜日か判らなくなる.

まあ曜日感覚だけなら大した問題ではないと思うのだけど,やっぱり疲れは確実に出ているようで今日になって再び左眼の瞼(まぶた)が痙攣しだした
何回喰らってもこの瞼の痙攣は癪に障るというか気持ちが悪い,どこかで書いた記憶があるけど芥川龍之介の「歯車」(彼の事実上の遺作:何故か一番好きな話)で主人公の眼にふと歯車が見えるようになりしかもどんどん数が増えていく,と言うのをどうしても思い出してしまう,似たような感じなのかは判らないけど.
どうやらこの「瞼の痙攣」が自分の中でのストレスとか疲れのバロメーターのようだと今更だけど気が付いたのです,それはでは仕事もそこまで切羽詰ってなかったから痙攣も無くふっつ~~に過ごしていたんだけど.
しかし普段から仕事上PCで3Dの塊(塊魂ではない,断じて)を凝視しているせいか,一旦痙攣が始まるとどうにも集中力が散漫になってしまうのが非常に難儀するのです.
五感の中でも視覚の影響は生活上結構大きいのだと思う,さすがに左眼が見えなくなるなんてことまでには全然ならないのだけど,どうにもディスプレイは見づらいしそもそも気になってしょうがない,其れ位酷い時は酷い.
何気に両目ともに乱視なのに裸眼で眼を酷使してるのが問題なのかなあとも思います.
が,しかし視力自体は裸眼で共に0.5で眼鏡を掛けて仕事するとすぐに眩暈がしてしまうのです,昔漫画であったみたいな(いまだとコンタクト全盛だからそんなシーン滅多に無いけど)グッラグラになる感じのあれですあれ.
だからストレスと言う意味では眼鏡掛けた方が何倍も大きくなるのは容易に想像が付くのです,乱視なのに見えるというのも可笑しな話ではありますけどね.

とりあえずは大人しく医者に掛かるのが一番なのは事実.
「そういうのはねえ~,眼科じゃなくて神経内科に行きなさいよ~.」と今年の健康診断で医者のジイサンに教えて貰ったはいいけれど,これがまた病院の診察日って大抵平日だけだから行きようにも行けない始末.
サラリーマンってこうやって徐々に身体をやられていくんだなあとか,思わず鬱になりかねないことまで考えてしまう次第.

休みが無いから時間も無いので相変わらずインプの「ENGINE CHECK」は時折点いて微妙~~~~に調子の悪い状態だし,それもどうにかしたいが,悪いことは重なると言うのは意外と事実のようです.
日記を書く余裕があるのだからそこまで深刻ではないのだろうけど;
スポンサーサイト


コメント

  1. マカル☆サリ | URL | -

    インプのEngineCheckの話だけど。
    ちょっと調べてみるよ。他に例があると思うから。
    ま、あんまし期待しないでね。

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    と言うことで

    わざわざTEL貰ってありがとうございますw
    エンジンが温まったら消えると言うので水温計系統はちょっと疑ってましたが,水温センサーとは.

    微妙な失速感があるので,後はエアフロとかプラグかなあとも思うのですが,燃料フィルターもバッテリーも交換済み,ブーストも0.9までしっかり掛かる(0.5だといわゆる0.5病で不調の証拠)から,ともあれはっきりと診断結果貰おうと思います.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/166-bda135d6
この記事へのトラックバック