1.5kmx1か,0.5kmx3か

2007年11月05日 00:47

お題に書いてある計算はいずれも答えは1.5km,つまり全くの同じ数値になる訳だけど,果たして自分にはどっちの方がいいのだろうか.
と言うのは他でもない,未だに何故か(ほんとに何故か)絶賛継続中のプールで泳いでる時の話.

ともあれ風邪気味だったせいでプールに行くのが二週間ぶりだったのだけど,さすがに久々だったので一気に泳ぎきろうなどとは思わず大人しく小刻みに距離を稼いでみようとやってみた.
現実2~300も泳ぎ出すとすぐに息は苦しくなるわ肩は痛くなるわで,明らかに身体が鈍ってるのを痛感,「こりゃとても1kmに乗せるのも無理だわ」と,あっさり降参するしかなかった.
しかしそんな自分としてはローペースで地道に何度か泳いでいったらあら不思議,終わりの時間の頃には結局いつもとさほど変わらず1.8kmほど泳ぎ切っていたのである.
小刻みに休んでいったおかげで泳ぐペース自体が速かったからかも知れない,泳ぐ時の速さなんか論外に酷い(平泳ぎの時なぞ長鈍足)ので端っから気にしてはいなかったけどこれはこれでちゃんとした運動にはなってくれたようだ.

そして日を改めた今日,鈍りは取れる内に取ってしまいたいと勇んで再び泳ぎに行ったけど,もうリハビリもクソも無く一気にいつもの距離を一回で泳ぎきってやろうと決めていた.
果たして予想はしてたけど7~800m辺りから急にしんどくなって脚の動きも随分怪しくなる,しばらく経験してなかった領域に再び突っ込んだようなもので,この辺がやはりまだまだ鈍りまくってる証拠だけど,もはやなりふり構わず続行.
ところが目標の1.5kmを超える頃にはヤケになったのかようやく身体が目を覚ましたのかやたら調子良くなった様な感じがして結局1.6km止まらずに泳ぎきり,その後も地味に稼いで久々に2kmの大台には乗せることが出来た.

で,結局同じような結果を出せた上でふと果たしてどっちの方が自分の身体には良いんだろうかと疑問が出て来た,何せ両方でも同等距離は泳げることは判っただけに.
聞くところによれば有酸素運動は30以上継続して初めて成立するものらしく,となると500mは時間ではちと足りない.
その分速さはこっちの方が上,速く身体を動かしてるはずだから体力的にはこっちの方が消費してるし筋肉を酷使してるとも言える.
ひるがえって1.5kmだと有酸素運動としては充分,けど当然ペースは遅いしそもそも結構乱れがちな気もする.
果てさてどうしよう.

元々自分は完全な速筋型の超短距離型だったから,「じゃあどうせなら今度は長距離で鍛えよう」とか思いついたのがそもそも1.5km目標だった訳です,昔は泳ぐのなんか嫌いだった位だし.
とは言え結局自分の肉体の向き不向きには逆らわない方が良いと言う結論にもなるのだろうか,少なくとも時間内で同等の距離を泳げたのがいい証左だろう,未だクロールにしても思い切り全開で行った方が動きは却って良いと感じるのもあながち間違いじゃない気がする.

どうせやるなら効果的に,と欲を出すべきだとは思うけど果たしてどうなんだろう~.
余談の余談.
久々にバッティングセンターにも行ったのだけど,まあ例によって鈍りに鈍ってて当たりも掠りもしないからすぐさまムキになって打ちまくりの投げまくり,ストラックアウトも5ゲーム連続と言う暴挙に出た,人が少なかったから出来たんだけど.
泳ぐにしてもそうだけど,どうしてこういうのやると自分でも呆れる位ムキになるんだろうかと思う.
楽しんでいるには充分楽しんでるから良いんだけど,とにかく肩に力が入りやすいのはかなりの悪癖だろう.

で,翌日になったら両肩両太ももが完全に筋肉痛.
やはりあの手の運動もかなりの負荷には違いないんだなと改めて思った,バッティングセンターも馬鹿にはならんねホント.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/146-4938b528
    この記事へのトラックバック