ボルトの締め付けは大変なのです

2007年10月17日 21:48

トヨタのリコールも最近増えたなあとか思う.
しかし何せ売れてる数が数なだけに,もっと言えば別の車種でもかなりの部品を共用することもよくあるし,モデルチェンジをしても利用できる部品は継続して使用するから(もっともこれは本田や日産等でも一緒),一回出てしまうとまさに芋づる式になってしまうのは正直どうしようもないんじゃなかろうか.
それにしても「ゼロクラウン」と言うフレーズで先代から相当刷新したと思ってた現行のクラウンも,部品で見れば実は先代からのキャリーオーバーも無くは無かったんだとある意味感心させられた,さすがに他と比べればそれでも少ないとは思うけど.

隠す隠さないの話はさておき,ほぼ10年も前の部品でリコール級の不具合ともなると,見付かった瞬間の技術者の心境やいかばかりかと仮にも同業者としては本当に戦慄してしまう.
「ええ!?今頃ここが!?」
なんてもんじゃない,あまりのショックにドラえもんの如く…にはならないかさすがに.

何せ先代で実績を積んでるから信頼性は十分,そして今度もほぼ同じ使い方をするから新たな不具合はまず出ないはずだ,と誰しもが考える.
勿論個人的な感想だけでは通らないので計算もしてみる,重量も一緒だし負荷も同じ,結果はな~んだ誤差範囲じゃないか,とても差が有るようには見えない,と言う事でハイ採用!
って色々精度の差はあるとは言え実の所こんな感じじゃないのだろうか.
しかしその僅かな「差」が積もり積もれば…である,塵も積もれば何とやら.
たまたま別の所を検討していたらいきなりの不具合発見,こういう時は決まり決まって全く「関係無い」所を「たまたま」見てたら,と言うのが圧倒的に多いのです,だから気が付けばリコールしか無くなっちゃってる訳だけど.
先述の通り「何で今頃」と慌てふためく皆の衆,そこで誰かがふと恐怖の一言.
誰か「昔の奴(先代)は大丈夫なのか…?」
皆の衆「……」
誰か「……」
※当然ながらこの話はフィクションというかもはや自分の妄想です悪しからず,他人事じゃない話だけに調子に乗ってしまった….
ただ実際こんなもんじゃなかったんだろうか,と思う.
どう見ても影響しないような僅かな「差」に限ってどこかで大きな違いとなって最後にはドカンと来るものだ.

ついでに言えばbBのボルトの締め付け不足なんか,普通に見れば「そんなのもっと強く締め付ければいいんじゃないの?」となるはずだけど,やっぱりこいつもそう簡単に片付く話ではない.
実は自分が勤める会社でも似た事象が起きたことがあった(そん時は運良くまだまだ開発中),振動などが長時間加わるとネジ類が最悪緩みだすと言うものだ.
さてどうするか,対策は当然もっと強く締付けて締結力を挙げるしかない.
ところがただ強く締めすぎる訳にもいかなかった,単に緩むからと無理に締付を強くしすぎると今度はボルトそのものがバッキリ折れるからだ,その時のボルトが流用品で必要強度に対して弱かったと言う訳です,トルクって凄い.
と言う事でこの場合,主な手段は二つで一つはネジロック剤等の一種の接着剤でくっつけてしまう(これで締め付けた後の摩擦は増える),しかし当然ながらこいつは¥も時間も相当掛かる.
もう一つはボルトの強度を上げて強い締め付け(トルクUP)にも耐えられるようにする,こっちも材料費が上がるけど工数は変化しないから長期的にはやはりこっちだろうか,トヨタがどうするかはさすがに判らないけど何か別の方法も実はあるかも知れない.

応急にしろ恒久にしろ何か対策出来ただけでも十分良かったんじゃないかと自分は思う.
こういうリコールの内容とか見ると,物によってはまさに他人事じゃないからおっかないよなあとしみじみ思う.
スポンサーサイト


コメント

  1. マカル☆サリ | URL | -

    ご報告

    父(整備士)の話によると、クラウン、シエンタ系の燃料ポンプの不具合は以前からあったらしいっす。んで、昔のスバルもレガシィとかで出てたそうで、同じメーカー???って逆に聞かれてしまいました。まぁ、知らんけどって答えるしかないですがねww

    んで、bBのボルトはWebを見ると、どうも話の流れから推測するとボルトを対策品に交換するような文面でしたよ。

    まぁ、ガイシャのリコールよりはましですかね。たまに見ると炎上の恐れが・・とか書いてあったりする(あぁ、燃えるのねww)たぶんオイラのプジョーもエンジンの構造的に欠陥があるんで。

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    不具合かリコールか

    ぶっちゃけ何の不具合も無く量産されている製品なんて存在しないんじゃないかと思います,後は不具合としてたまに起きることなのかリコールせざるを得ないのか,その判断は結局企業に委ねられるので実際何がどうなっているか詳細は知りえないでしょうね.

    ただ,その意味ではまだ日本車の信頼性は十分海外メーカーより高いんじゃないかなとも考えられます.
    日本車で早々「炎上の恐れ」とかは無いだろうと思いますけどねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/141-9f099dd9
この記事へのトラックバック