CM

2007年10月15日 00:28

F1を観る時以外だと月に一回点けるか点けないかになってる我が家のTV,しかしたま~に点けると意外といい番組が有ったり…しないんだよなこれが.
野球中継は相変わらず実況も解説も喧しいし,バラエティはもはや面白くもなんとも無い.
しょうがないのでどこぞの番組でやってたフェルメールの特集をぼけ~と眺めてた,この人の絵画って言われて見ると確かに有名なのばっかり,しかもそれらの一部って何度か盗まれてる(ものによっちゃIRA絡み)なのにはちょっと驚いた,数奇な運命ってこういうのを言うんじゃなかろうか.

で一段落付いてCM,と思ったらここらで面白いCMを見た,どっちかと言うとキャッチフレーズに魅かれたと言うのが正解かも知れない.
一つ目は缶コーヒーのルーツのこれ
キャッチフレーズは,
「男とはスーツを着た子供である」
まあキャッチフレーズはともかくとして,この坂口憲二の仕草には正直共感してしまう部分があるのは自分が完全なクルマオタクなメカオタクだからだろうか,少なくとも自分の勤める会社でもそうでない所でも,こう言った機械がいかにも機械らしくガチョンガチョン動いてる姿には惚れ惚れと見入ってしまう自分がいるのは事実だ.
かつてGT40閣下に「メカ好きには『○○フェチ』が必ずあるんですよ」と言われ,よくよく考えたら自分がシリンダフェチではないかという結論に達した.
昔近所の重機会社にあったセルフローダーに一目惚れをしたのがその発端じゃ無いかと思うのだけど,パワーショベル等の重機を積んで尚且つ車体ごと斜めになってシャーシなどの「腹」まではっきり見せるその姿には,幼心に衝撃的だった記憶すらある.
小さい子供から見てただでさえでかい大型トラックが一気に斜めになるのだからインパクトが半端じゃなかったんだろう,おかげでその手の特装車を街中で見ると未だに目線を持っていかれてしまう.
そんな性癖(?)もちの自分だけに,思わずそのCMの坂口には親近感まで感じてしまった.

で,その次に見たのはこんなキャッチフレーズ.
「もしクルマが,ただの便利な道具なら,クーペなんか要らない(イチロー)」
なかなか言ってくれるじゃないか,このご時世猫も杓子もクルマは環境と室内の広さが第一,まさに便利な道具で無きゃいけないと言う雰囲気満点だと言うに,つっても自分もセダン乗りではあるんだけど.
しかしそんなかっこ良い台詞で出てきたのがスカイラインクーペだった時には正直幻滅してしまった,そりゃ確かにクーペだけど,って感じだった.
確かに上記の通りのご時世だけに,クーペボディのクルマを出すこと自体相当なチャレンジには違いないし,売上げを期待するのも難しいには違いない.
とは言え,自分個人の意見を言えば「クーペ」はサイズが大きくない,むしろ小さな車にふさわしい呼び名じゃないか,スカイラインほどに高級肥大化したクルマを敢えて”クーペ”と呼ぶには何か抵抗感が強く出る.
どうせときめかせるならもっとコンパクトなサイズであれ位のエクステリアを纏ってくれても良かったんじゃないかと思えなくも無い,どうせクーペなのだから狭さなんか今更関係ないし.
しかしスカイラインももはや北米市場を無視も出来ない身分だからサイズダウンなんか不可能に近いのも事実だ,その意味では環境もクソも無い,うちのインプより燃費が悪いんだから尚更だ.
少なくとも全幅1820㎜,全備重量も1.8t級では少なくとも自分はとてもときめかない.
これも自分の感性がイカれてると言われれば其れまでなので深くは言わないけど,でかいクルマに良さを感じるのはそろそろ終わりに出来ないものか.

てな感じでたまたま見たCM,どちらも結構印象に残ってしまった.
フェルメールも含めてたまにはTVも見るのも悪くないと思った.
面白くもないし捏造も氾濫してる世界だけど,何かしら得る物があると言うならまだ見る価値はどこぞにはあると言うことなのだろう.
スポンサーサイト


コメント

  1. マカル☆サリ | URL | -

    え?

    スカクーペって1.8tもあんの?
    あー。いらねぃっすねー・・・。そういうおまえさんも1.5tだろが!って言われると痛いですが。
    ま、少なくともサイズは小さいのでクーペかなw

  2. サモネ | URL | -

    車体重量でも1.7近くありますもんね。
    重すぎ。ブレーキに拘りましたって……その前に軽量化に拘れとw
    CMの出来だけは素晴らしいスカイラインに脱帽。
    クーペの中のクーペであるシルビアを作ってるメーカーなのに。

  3. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    もはやアメ車に近いかも

    >マカル☆サリの旦那
    確かにコンパクトの207でGT-RとかエボXと同等と言うのは驚きですけどねw
    しかし折角のクーペ・カブリオレ(CC),いまや一つのボディタイプとして完全に認知されてるんではないでしょうか.
    なのでここは堂々と「CC」で通してはどうでしょうw

    >サモネ元帥
    CMは本当に格好良かったですね,”CM”は・・・.
    軽さのメリットってなかなかアピールにならないんでしょうか.
    確かに衝突安全からしてもボディの強度考えたら,材料で重くなるか工法等で高くなるか,いずれにせよ条件は悪くなると思いますが,それでも贅肉が多すぎやしないかと.
    デザイン自体はかなり良いと言うのが個人的な感想ですが,もはやアメ車の風情すら漂うのはどうにかならんもんかとも思います.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/140-bf342dcf
この記事へのトラックバック