これはしっかり慣らしをしないといけないな,と思った

2007年09月30日 12:31

と言う訳でエキマニの交換も終了.
人様の借り物なのに夜中中走りまくってしまったレガシイのガソリンもきっちり満タンにして(レガシイって70Lも入るのね),きっちりご返却,久方ぶりにインプのシートに収まってみる.

「セリカでも結構変わりましたから,水平対向(はエキマニがかなり長い)だとかなり変わると思いますよ」
とサムネさんから聞いていたこともあって,果たしてどうか,と軽く慣らしも含めて走り出したけど,実は最初そんなに変わったような感触は受けなかった.
しかしどうもレガシイのトルクの厚さに身体が騙されてたらしい,前車もいなくなった国道でちょっとばかしストッロルを開けて見ると,一気にエンジンが吹け上がる,軽い
ふと「そう言えば…」とブースト計に目をやってみると,アクセル動作に対してやたらに針の動きが速い,今までになくピョンピョン上がったり下がったりしているし,アクセルをちょっと踏んだだけであっという間にブーストが正圧側に飛び込んでゆく.
なるほどレスポンスがとにかく良い,これは確かに軽いと感じるはずだ.

ある意味サーキットに行く前に交換しなくて正解だったかも知れない,ここまで変わってロクに慣らしもせず全開走行するのは結構危なかったんじゃないかと思う.
買った当時で全開時のブースト圧はメーター読みで0.8,それがマフラーを換えた今の時点で0.85辺りでやはり上がってはいた.
果たしてタービンサポートごとエキマニを換えた今回どうなってるか.
慣らしも今まで以上に必要じゃないかと考えて,まだ全開までは踏んでない,感じからして明らかに最大圧は上がってるようだけど,この調子なら予想0.9くらいだろうか.

サーキットでもエンジン全然問題無かったとは言え,オーバーシュートまで行ったらさすがにまずい.
ひとまず慣らしちゃんとやりながら様子見よう.
にしても現行の新車同然のレガシイと比べたらいけないとは言え自分のインプ,狭いしガタはあるしやかましいし,
「あ~やっぱぼろいなこのクルマ」
と思わず笑ってしまった.

多分クルマに興味も無い人が持つ印象ってこんな感じなんだろうな,ぼろいってのには今更否定しないけど.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/136-e9496bc6
    この記事へのトラックバック