鍾乳洞なんか行ってみた

2007年07月29日 17:29

と言う事で,二度目の岩手遠征なんかやってみたりした訳なのであります,前回連休中に行った時は中尊寺とわんこそばが第一の目的だったので,まさか岩手に有名な鍾乳洞が有るなんて露知らずだったのです.
と言う事で今回,久々の連休(先々週だったかは土曜も月曜も出勤)を利用して再び岩手県は日本最古という幽玄洞へ.

それにしても,東北方面へはもう何度か足を運んではいるけど岩手や宮城方面になると本当に遠い,遠すぎる.
地図で見ても東北は単純に南北に長い訳で,それをまた北上するのだから高速で一県跨ぐだけでも普通に2時間近くは掛かるのです.
特に宮城も岩手も南北に縦長だから,移動には意外と時間が掛かります.
当然高速代もガス代もなかなかいい感じに跳ね上がってしまう,ブラっと訪れるには向いてないのかも知れない.

そんなことも考えながら無事幽玄洞にご到着,意外と平泉から離れてないんですね,こんなことなら最初に訪れた際に行って見ても良かったかも知れない,知らなかったのでしょうがないのだけど.
さて幽玄洞,有名所の割には表向きはかなり地味と言うか若干廃れてます,ついでに言えばどこに鍾乳洞への入り口があるのかいまいち判らなかった,外見上は少なくともタダの山.
東北とは言え夏らしく気温は30度なので外は暑い,とは言え念の為とシャツをもう一枚着てみたけれどそれが正解だった.
何せいざ幽玄洞へ入ってみるとこれがかなり涼しいと言うよりは肌寒い,人によっては普通に寒いと感じるかも知れない.
徐々に進んでいくと中の雰囲気がまたいかにも「洞窟探検」と言った風情でとても足腰弱ってる人にはお勧め出来ない位足元も狭いし階段もかなり急だし何より頭上の余裕も場所によってはかなり少なめ.
まあ下手に整備されてるより相当雰囲気ありました,この鍾乳洞の大部分が自然に形成された物だとなると,ただただ不思議な世界だと驚かされるばかり.

「自然の神秘」って良く言いますけど,今回の幽玄洞はまさに其の言葉があてはまるなと思います.
中に足を踏み入れた瞬間から明らかに外とは世界が違う感じがする訳です.
色んな見所がある中,どれに関しても「おお~!」っと感動しながらず~っと眺めていたと言うか見入れられてたのはまさにその「神秘性」を目の当たりに出来ていたからなのかなと.
自分の中ではほぼ最下層にあるであろう浄魂の泉なんか本当に素晴らしいと思います,HPの写真にある通り本当に水が蒼く美しい.
結構暗くて上手く写真に載らなかったのが残念.

ちなみに鍾乳洞では他に龍泉洞と言うのもあります.
幽玄洞より更に遠いのですが中の美しさは相当なものだとか.
お暇があったら是非.
例によっておまけ.
幸いにも撮影可だったので携帯で撮れる限り写真撮って来ました.
但しやっぱり暗いので写りは良くないです,無念.

20070729170512.jpg

よくある鍾乳石の典型,何か人型に見えなくも無い.
土俗的には男性器とか女性の胸にも見えるとかで安産祈願の地などにもなってたりするらしい,なるほど.

20070729170536.jpg


20070729170603.jpg


20070729170646.jpg

中は本当に洞窟の其れ,運が良い(?)とこうもりさんにも出会えるとか.
岩肌が独特で,中には地下水流の流れがそのままくっきり出てきたものもあったり,化石が引っ付いてるのもあります.

20070729170623.jpg


20070729170708.jpg

広い所はこんな感じで結構上下にも伸びていたりします.
そしてびっしりと鍾乳石の「つらら」が大小これまた不思議な形で連なっているのです.

20070729170811.jpg

個人的なお勧め,さっきも書いた「浄魂の泉」.
やはり写真では見づらいですが,奥に流れる水は本当に蒼く美しいです.
ちなみに調査はしたものの正確な水深などはいまだ不明だとか,こういうのもまさに神秘.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/116-f2906c35
    この記事へのトラックバック