北島三郎コンサート,に行って来た

2007年07月22日 21:55

いやまあ,何故かサブちゃんが来ちゃった訳なのです,こんな栃木の片田舎に.
それで会社の同僚二人と何故か盛り上がってしまった結果,結局コンサートに行くことに,「我ら3人で観客の平均年齢を下げてやるのだ!」と訳の判らん決意まで秘めてサブちゃんの生歌を聴きに行って来たのであります.

しかし,自分の人生で「」ライブ(演歌でもライブでいいのかしらん?)がよりにもよって北島三郎って,正直どうなんだろうかと自分でも突っ込みたくなってしまう.
いくら学生時代はそこまで音楽とか聴くほうじゃなかったにしても,どうせ初ライブならもうちっと年相応のもんがあったんじゃないかとか思うのですが,まあもはや仕方が無い.
何せ知名度で言ったらまさに日本屈指の歌手には違いない訳ですから,一度聴く価値は大いにあろうというものであります.

とは言え,実際会場に着いて見るとものの見事に年齢層が違う,と言うか違いすぎだろうコレは,殆ど定年も過ぎたお祖父ちゃんおばあちゃん軍団が群れを成してまして,自分達3人組はどうも異星人の中に放り込まれた哀れな3人組,のような雰囲気.
いくらサブちゃんとは言えやはりそうそう若年層が喜んで観に来るわけではないのか…と痛感した次第,つか若年層はおろか中年層に至ってもほっとんどいなかったように見えたのは気のせいか?

と言う感じでお年寄りの中にこそっと混じりながらいよいよ開演.
まさに演歌らしいBGMと共にサブちゃん登場!実にこぶしのきいた歌声はやはり大御所の名に相応しいもの.
が,一曲か二曲歌いあげ,挨拶と共に語り出すサブちゃん,調子が良いのかやけに喋る,つか喋りまくる,しかもギャグ付き,そして普通に面白い.
ほとんどトークショー並に自分の歌手人生とか人生観とかは勿論,名曲「与作」が実はサブちゃん一人が歌ってたわけではないとかなかなかためになるというか勉強になることまで,これがまた本当に歌より長かったような気がする,サブちゃんってこんなにトーク上手いのか!とコンサート直前までは想像出来なかったサブちゃんの姿を見れたのでありました.

そして喋りが相当上手いことにもまして演歌はやはり良かった,「与作」とか「海」とか「祭り」とかまあ有名な曲もサブちゃんだけに多いんだけど,あの力強さ,こぶしのきき加減は他では聴けない.
今年で歌手暦46年らしいけど,トークにしろ歌にしろ場数とか経験を相当踏んでると感じさせる「良さ」を味わえたと思います.

基本的にサブちゃんはともかく大半はCDで曲を聴いてるけど,ライブとかで聴くのも良いものだと思った.
出来れば次もどっかのライブに行ってみたいと思う,勿論今度は年相応ので.
しかし,本当に年齢層は圧倒的に高かったと思います.
自分達3人じゃとても平均年齢下げられなかったなあれは…
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/114-f96299ff
    この記事へのトラックバック