秋眠暁を覚えず(+お返事)

2006年10月18日 21:49

実を言えば,昼間とかの明るい時間帯に貰った自転車を見たことが無い.
先輩の家にて確認したのも夜だし,貰ったのも夜,そして昼は会社なので専ら使うのすら夜と,全く自転車を白日の下に晒したことが無いのだが,今日コンビニの帰りに明かりに晒してやっと見ることが出来た.
・・・やっぱり結構ぼろいなあ,と言うのが本音である.
特にやはり錆が酷い.
錆落しってこの場合可能なんだろうか.
そして自転車ネタは続く,そしてお返事

>サムネさん
一言断っておきますが,あげません
まあ,朝夜は少々冷えますがちょうど行楽日和ということで自転車の出番も増えそうです.
遠出にもクルマでなくあえて自転車を投入してみても良いかもしれません.

>羊さん
あ~~~~~!でした.
と言うことでご指摘どうもです,正確にはPARANOID.
とは言え多分日本では相当マイナーじゃないかと思います,載せておいて今更ですが.

そして本日のお題,誤字だと気が付いた人が多いと思いますけど,当然ながら正確には「春眠暁を覚えず」,唐の時代の詩である.
わざわざそこを秋にしたのは言わずもがな,最近相当眠いから,コレだけの理由.

確かに最近夜更かしも相当するようになったし,朝飯はほとんどの場合食べていない,むしろ胃の方が朝何も入れないことに慣れてしまったようで,食べた方が気分が悪くなるくらいだ,その方が目は覚めると思うけど.
そんな生活習慣とは別に普通なら目も覚め切っている夕方とか昼飯前とかどうにも眠くなるはずでもないの時間帯にでもやたらと眠い.
日差しは心地いいし気温も朝夜を除けば実に快適そのもの.
虫も少なくなって静かだし,とにかく今の時期は過ごしやすいことこの上ない.
しかしそれでもこの眠気の酷さは異常だと思う.
仕事とか自分とこの家事全般とか何か区切りがついた辺りに,ふっと息を吐いて肩の力を抜いてみると急に眠気が襲ってくる.
それも「あ~ちょっと眠い」とか思う暇なぞ無く,ちょっとでも気を抜いたら一気に持ってかれそうなくらいだ.
部屋にいるならまだしも会社でもこうなると当然まずい,と言うことで慌てて席を立ち離れの部屋まで早足で歩きまた戻る,それでもだめならコーヒーを飲んだり飴を噛んだりと何かしら体の一部を無理やり動かすしかない.
後は休み時間までまた歩いたりして耐えるしかない.

と言った風情が最近ず~~っと続いている.
まさかかの有名な新幹線オーバーラン事件の発端(?)でもある無呼吸症候群でもなってるのかいな?と不安にもなるが,そもそも実家に帰っても寝てるときに自分がいびきをかいているとは聞いたことも無いので,睡眠障害の類ではないだろう,そもそも夜は夜でちゃんと眠くなるし.
やっぱり秋の行楽日和のせいか,と言いたい所だが少なくとも去年ここまで眠かった記憶も無い,そもそも日和で言うならそれこそ詩の通り春の方が眠いと思うのだけど,どう見ても春より眠い,抵抗する気力も起きないくらい眠い,寝たら駄目なんだけど.
そう言えば不整脈が続くと脳に酸素が行きにくくなるらしいから,それで失神することがあるらしいなあとも思ったが,其れだったら眠いなんか通り越してしまうだろうし,不整脈も診断されたことすらないのでまあこれも無し.

とさすがに三大欲求の一つだけあって考え出すと危ない方向にしか行かないのが問題でもあるけど,実際どうなのだろうか.
試しに安眠グッズとか買ってみようかな,テンピュールの枕とか実は欲しいんだけど,あれってやっぱり良いのかねえ~?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/11-1c2533e9
    この記事へのトラックバック