135mm幅のクロスに130mmホイールは良いのか

2017年09月25日 22:09

正直良いのか悪いのか、ネットで調べたせいもあって余計に判らん、と言うのが本音だ。
挙句に店によってすら、「おすすめできない」と「5mmでクロスバイクならあんまり変わらん」と物の見事に分裂してしまってもう話を聞きに来ているというかむしろ速く何とか修理させたい身としてはもう何が何やらであった。

まあ結論だけ言うと、ある意味掟破りと言うかタブーと言うか邪道と言うのか、結局130mmのホイールをぶち込んで治してしまった。
兎にも角にも業界の常識なのか、「135mmのクロスバイク用の交換用ホイール」なんてホントに置いてもないし、商品のラインナップにも殆んどと言うか頼んだ店のカタログにも全く無かったのだからどうにもならんかったと言うのが本当の所だ。
135mmだと軒並みMTB用のつまり極太対応のみ。
無いものネダリなんかやっている暇はない。
後まあこれは半分は私のうがった見方かも知れないけど、「クロスバイクでリヤホイールが逝ってしまうまで乗るケースがまずない」ってのと「普通はそこまで壊れたら買い替え」的な何となく”とっとと諦めたら?”
と言ったビミョーな上から目線で物を見られている感じがしてしまって、ただでさえ物持ちの良いと方法から言われ、延命癖あふれる私の心に火がついてしまったのがいけない。
生来の”天邪鬼”が非常に悪い方向に働いた形である、しょっちゅうやらかすのだが・・・
結局ちょっと躊躇しつつも130mmのホイールを、しかもそこそこ?のグレードのものをぶち込んでみた。

当然ながら基本ロードバイク用、なので細いタイヤと相まっていかにも軽そう。
と言うか実際問題多少なりとも軽い、何よりラチェット壊れ気味のホイールでしばらく走っていたのだから、回転の滑らかさにちょっと感動してしまう。
初代ホイールよ、お前はよく頑張ったんだな・・・と言うか頑張り過ぎたか。
インプの時と言い、どうも私は持ち物の限界寿命を平気で越えさせてしまうらしい。
結構危ないと言うか気を付けないとホントに足をすくわれそうだ。
気にしていたシフトの感触も余りと言うか全く変わっていない、都合最低でも片側2.5mm詰まっているのでシフト異常も最悪覚悟する必要もあったのだけど、フレーム自体はシビアなカーボンでも何でもないのでむしろその辺の”ゆとり”の影響はあるのかもしれない。

ブレーキもチェーンも一新したので、これから涼しくなる季節には非常に心地いいライドができると思う。
スポンサーサイト

最近の自転車状況#2

2017年09月05日 00:49

クロスバイクの異音。
やはり一番の要因はヘッドでもBBでもなく・・・リヤタイヤのようだ。

ある時帰宅時にペダルを漕ぎ出したらどうにも具合が悪い・・・と思ったら異音がしない代わりにスプロケットが全く逆転しなくなってしまった。
つまり漕いでるときはもちろん、発進時などでペダルを逆回しに回して位置を直そうとしても全く回らない・・・、固着してしまったのである。
流石にビックリして帰宅後にクリーナーで必死こいて固着を溶かしに行ったら何とか逆転するまでには直ったものの、ただただ回すだけでもかなり・・・重い
抵抗感がありありな上にやはりとてもいい音がしない、ただ軸受にはまって回るだけなはずが大袈裟に言えば「ガリガリガリ・・・」とおっかないくらい摩耗しきった音を立てている。
なるほどここまでくれば寿命もいいところだな・・・と感心してはいけないのに感心してしまった。
こんなところが固着なんてホントにあるのだ。
そのあとも何回転か均しに均しまくってとりあえず回るようにはなったものの、焼け石に水なのか断末魔なのか先は長くなさそうだ。

今のところ動きに支障はないものの、相変わらずリヤタイヤからパキパキと怪しい音は立てるし、スプロケットの具合も良いとはとても言えない。
速く修理と言うかホイールを新調したいのだけど、時間がある時に限って別の用事に潰されっぱなしなので果たして・・・。