元気な娘

2017年06月26日 11:22

少々前になるけど、
1歳半検診・・・特に異常なし。
唯一?と言えば指差しがまだ全然のようだったらしいが、その後2か月ほど後になった今となるとむしろあちこち指さししまくっている。
指差しする遊び、の認識のままかもしれないけど。

言葉・・・徐々に”宇宙人”⇒”地球の日本人”に帰化?変化?しつつある感じはそこかしこにする。
「靴」=「くっく」、「物を見つける」=「アッタ!」、「おなかがすく」=「まんまんまー!(泣きながら)」の辺までは明らかに意志と言葉は一致しているように見える。
が、取り合えず私か妻を見つけると万国共通で「パッパ!」となってしまう。
どうも大人のことをとにかく「パッパ!」とみなしているらしい。
どうにか・・・ならんよなあ、しばらくは。

動き・・・もはやハイハイはベッドや遊び場のマットの上程度でほぼほぼ限定的。
基本は常に歩く、と言うかもはや走る。
一時期に子供用の”ハーネス”が話題になってたけど、我が家は外出時は完全に標準装備化している。
何故か、無いと絶対にヤバく危ないのが目に見えているというかもう見えた。
瞬間的な加速力はドッカンターボの域に到達できると本気で思うくらい、急激な機動もお手の物なのである。
実の所、栃木でも埼玉でもほかの県でも、我が家以外にハーネスを付けている家族は一切見たことはなくて、TVの影響かやはり”ペットっぽく”見えるのかはたまたそこまで激しい子供ではないのか・・・。
おかげで確かに子供を「紐で繋いでいる」と見られていると思うと、微妙に引け目を感じなくもないのだが、娘の誰ゆずりか判らん機動力の高さを目の当たりにしてとても手放しには出来ない、と妻とは意見は一致している。
逆を言えば毎日お母ちゃんを悩ませるがごとく非常に元気に過ごしているので、その健康ぶりには安心しているのも事実だ。
少々ずっこけても泣きもせずにまたズンズンと歩きはしゃぐのだから、根性もあるのか何なのだろう。

ついでに言えば靴のサイズもファーストからワンサイズアップ。
大はしゃぎにさらに拍車がかかってしまっている。

ご飯・・・まだ卵アレルギーはチャレンジ中
一日クッキー一枚とかスティックパン一個とか卵が入っているものから徐々に増やしていく次元に入った。
もう少し時間を要しそうで、やはりちょっと今夜は外で・・・となっても店の選定にも手間がかかるのはしょうがない感じである。
白ご飯とかうどんとか、炭水化物の類、あと汁物はやたら好物なので最悪それだけでもあれば問題は殆んど無いのだけど。

3か月ほど前の写真と見比べても急に顔はお姉さんになっていて、少々驚いてしまう。
そんな感じでしっかり無事に娘は成長しています。
スポンサーサイト