免許の更新

2016年12月11日 14:45

3年ぶりの免許更新である、と言っても制度なので2年ぶりとか10年ぶりとかになるはずは普通に考えたらなる訳がないのだが。
残念ながら違反者講習なので支払いは高いし(と言っても失効でもなければ4,000円も掛からないのが”普通”)、講習も60分で済むはずが120分だから時間的ももはや半日潰れたようなものだ。
しかも朝早くから会場に来たは良いものの、考えることは皆同じようで9時半の受付終了時間まででも優良・違反者含めて相当な数の人が更新に来ていた。
当たり前の話だけど、そもそも日曜でなければ来れない人も数多いから何もおかしい話じゃない。

とは言え優良者の受付より(少なくとも自分が見る限りは)違反者の受付の方が圧倒的に更新に来る人の数が多かったと思う。
かくいう自分が違反者講習なのだから文句を言う資格など何もないのだけど、正直「とても無事故無違反でいる方が珍しいのだな・・・」とポツリと思ってしまった。
不謹慎ながら世間で言う所の「全く車を運転しない人が年数だけ越えたからって”優良運転者”になるのはおかしい」と言う意見も判らなくはない。
実際、私と一緒に違反者の列に並んでいる人の何割かは明らかにいかにも職業ドライバー的な・・・、例えばタクシーの運ちゃんだったりトラックの運ちゃんぽい人が多く並んでいた。
つまりはそういうことなのだろう。

講習をやる人はこれまた当たり前だけど元現場の人、らしい。
事故処理班としても何年も実績がある人だけに、講習そのものは何というか「理屈倒れ」感が無いのが印象的だった。
現実の事故現場も事故原因も良く熟知していたからだろう。
私自身が歳のせいなのか物分かりが良くなったからなのか、彼の言うことにいちいち目くじらも立てる気にもならず珍しくまじめに最後まで講習を聞くことが出来た。
例によっての講習のビデオ(と言うか今じゃ流石にDVD)も、放送内容が随分と”現代的と言うか現実的に”なってたような気がする。
この印象、何となく判ってもらえるだろうか。

「死亡事故の6割の主な要因は頭部の損傷、それを防ぐためにもシートベルト、自転車はヘルメット」

個人的に今日もっとも印象に残った金言だと思う。
別にガチガチの法順守者ではないけど(だから違反している)、守るべきものは守り切るべきなのだ。
スポンサーサイト

クロスバイク(自転車)の消耗品

2016年12月10日 22:35

通勤の足として平日毎日自転車通勤していると、自転車の各部の消耗もそこそこ激しくなってくる。
クロスバイクと言えども中学高校と使っていたママチャリの類とはどうもその辺の勝手が違うから面倒くさいと言えば面倒くさい。
少なくとも中学高校で自転車の部品交換なんかタイヤのチューブくらいしか経験がない。
ところが今のクロスだと、チェーンはもう3回目だし、ブレーキもタイヤも一度は交換した。
つい先日にチェーンの交換を頼んだ時にはブレーキとシフトのワイヤーも調整してもらったし、スプロケット(後輪の歯車)もそこそこ摩耗が進んできていて店のおっちゃん曰く「来年くらいにはさすがに一度交換」となりそうらしい。
実際チェーンにしたってここ最近やたら歯飛びしてた(チェーンがガキ!ガキ!と空回りする)ので交換したわけなのだけど、チェーンが伸び切ることなんてこいつに乗るまで経験したことがない。

しかし部品交換と言っても、クルマの時とは¥のレベルと言うか桁がはるかに違うので、少なくとも今のところは気になるほどではない。
勿論極限まで拘ってしまえば毎回福沢の先生が遥か彼方にフライアウェーすることもいとも簡単なのだが、通勤道具としてはそんなレベルは必要なかったりする。
それに出来るものは自分で交換・・・それも短時間にできてしまうから、子持ちでも容易な話だ。
それと、毎日往復20キロ走っているので年間走行距離も大体5,000キロくらい、ちょっとしたクルマ並みの距離になってしまうから、痛むモノはあっさり傷んでしまう。
(殆んどの機構が野ざらしになっているのも注意しなければならない)

消費が激しいのは使っている証拠」と腹を括るのが最適解だと思う。
そもそも雨の日も下手すりゃクソ寒い雪が降り出した日(積もってたらもはや何も出来ない)でも酷暑の夏でもガシガシ漕ぐと決めたのは他でもない私本人なので(愛車が逝ってしまって結構変なテンションだったのは事実)、その程度で面倒くさがっている場合ではないのだ。