嫌な仕事と職業病

2016年04月21日 01:12

「不具合対策」とか「改善」と言うのは分類的には絶対嫌な仕事のたぐいだと思う。
そもそも今が悪いから”対策”だの”改善”だのを要求する・されるわけだから、口を開けば損害だの被害だのをわめかれる時点で気分が悪いし、実際損失もある。
何よりそういうものに限って「来週の生産には」とかあらゆる状況が喫緊で不利なのだ、いい仕事なわけがない。

ところが、少なくとも最近ではただ嫌な仕事と切って捨てられない面がある。
一つに対策・改善だから目標、つまりゴールはずいぶんと明確になっているか少なくとも明確にはしやすい。
そして明確になるのだから取るべき手段も(少なくとも自分の仕事の範疇では)意外と選びやすい。
少なくとも打つ手が”有る”となればやることも結構決まってきてしまう。

つまり、「目標が明確でしかも手段の選択も決まりやすく後はそれに向かって仕事を進める」のだから、存外にやりがいそのものはほかの仕事よりも有るんじゃないかと思わなくもない。
気色悪いことにこの手の対策とやらを検討している間がある意味一番仕事としてはやる気を出せてしまっているのだから、一体どんな職業病なんだろうかと思う。
いずれにせよ、随分と彼方此方から「火消」役を仰せつかりまくったせいか、無駄にそんなところでタフネスが上がってしまった感じである。
いずれにせよ我ながらひどい神経をしている感じだ、ロクでもない問題のほうがやる気になるなんて・・・。
勿論、対策が決まってからも道は長い。

日程はまず間に合わないことがほとんどだし、費用なんかも今どきは常にどこが払うの?しか聞かれない。
やることが腐るほどある。
おかげで最近急に仕事帰りが遅くなってしまったが、無駄なことをしているわけではないのが間違いないだけにモチベーションそのものはここ最近ではむしろ高いほうだと思う。
と言うかここ最近の仕事が腹立たしいくらい先も目標も見えないていたらくなので(しかも当然自分のせいではない)際立ってしまっているのだろう。

いずれにせよ、自分も結構ろくでもない神経をしているのは間違いない、と言う殴り書きである。
スポンサーサイト

花より団子なんて言わないけど

2016年04月10日 23:03

昨年の今頃。
妊娠初期の妻の気晴らしにと出かけてはみたものの、さすがに悠長に花見をするほどの体力はまるでなかった。
と、言うくらい”つわり”に凄まじく悩まされていた記憶が脳裏にあるのだけど、言い換えればそれからもう1年経っているということだ。
恐ろしいと言うべきなのか、ただただ時間の流れには圧倒されてしまっている。

そのリバウンド?な訳でもないのだけど、娘と三人、今日はお祖母ちゃんも入れて4人で花見に興じることができた。
年に二度も花見に行くなんて、と思うのだけど幸いなことにやたら近所に花見スポットが複数あるので困ることもなくいろんな桜の景色を眺めることができて楽しかった。
さすがに今日の時点では満開は過ぎてしまっていて葉桜も見え始めていたけど、二度も花見に来て常時満開を期待するのは流石に無茶も過ぎるというものだ。
流石にまだ5か月ちょっとの娘には桜の景色は「???」な感じだったようで、こちらが頑張って抱っこして桜の花に近づけてみても相も変わらず怪訝そうな顔である。
来年にはどんなリアクションができるようになるだろう、期待しながらまた来年来たい。
[花より団子なんて言わないけど]の続きを読む

新PCの初記事は戦車で

2016年04月03日 23:36

ほぼ3週間ほど経てようやくPCを新調することができた。
何といってもXP→10にまで一足飛びどころか三足飛びはしているので、どうやっても慣れてない部分があるのはもはや当たり前という感じだ。
会社や妻のPCでWIN7や8は「触っては」いるし、さすがにそこまではデジタル音痴にはなっていないのでたちまちはなんとかなってくれるだろうと楽観的に行くことにしている。
久々に役にも立たない現在の使用車両紹介とでも言ってしまおう。
役に立たないとしているのは何せ紹介している私の腕があまりに伴っていないのが現状だからに他ならない。
「おお、こんな車両まであるのね」程度か「この人こんな車両持ってるのね」程度で思っていただけたら幸い。

ARL-44(フランス 重戦車)
arl44.jpg
強力な主砲に貧弱な装甲、というフランスルートの本領が垣間見えてくるtier6重戦車。
主砲の貫通性能は圧倒的ながら思いの外精度の悪さには悩まされ気味。
それを気にしすぎてノコノコと顔を出し続けると哀れタダの的・・・、という末路が非常に多くホントに注意が必要。
下手くそがあんまり無理して頑張っちゃまずい車両の典型例その1。

SU-152(ソ連 駆逐戦車)

まったくもって使いこなせていない車両その1。
名前の通りの152㎜ 榴弾が火を噴くぜ!と粋がってるとあっという間に蒸発、あくまで駆逐戦車という立場を忘れてはいけないのに忘れてしまて思い切り前に行き過ぎては毎回蒸発。
おかげで本領発揮すると相当な稼ぎもあるのにそれが一向に安定しないから困る、一番困っているのは味方かもしれないが。
しかし当てまくってとんでもないダメージが稼げるのも確かで「こりゃダメだ」と諦めるには余りにも惜しいというか勿体無い。

T26E4(アメリカ 中戦車)
spp.jpg
クレジット稼ぎにと頑張って買ってみたら思いの外稼ぎは良くないと後から気付いてしまった車両。
課金車両の典型で主砲の性能”だけ”同格に劣り気味なのがなかなか地味に効いてしまうタイプ。
敵車両の装甲を引っ剥がして張り付けたといういわくつき(?)の重装甲も効くときと弱点衝かれて死にまくる時も。
でも足が遅い以外は思いの外使いやすい。
前述のARLやSUと違ってむしろこいつは前に前に出ないといけない性格。

コンカラー(英国 重戦車)
コンカラー
まったくもって使いこなせていない車両その2。
こいつのカッコよさを見てWOTと言うか英国ルートを我慢に我慢を続けてきたと言っても過言ではない、結構マジである。
挙句にこいつは見た目だけじゃない、主砲も機動力も(一般的に見てすら)超強力なのだから言うことなしである。
余談ながら自分が所持している中ではこいつがティアトップ(tier9)、この期に及んでtier10一両も無いのかよ?!は言わないお約束である。
そんな時間も金も用意できるわけがないのだ、子育て中なんだよ?こう見えて。
まあそこはさておいて、過去のチャーチルシリーズやカーナヴォン、ついでに言えば上記のT26E4のような「重装甲だけど主砲が…」的な車両ばかりになぜか乗っていた自分からするとこいつはもはや”革命的”と言っても過言じゃない高性能。
見た目で選んではいけないと散々言われてるくせに実行していた私が全て悪いのだけど、ことコンカラーに限れば見た目すら好みなのだからお気に入りになるのもむべなるかな。
「私のようなnoob(下手くその意味)でも稼げるダメージがある!」と希望を持たせてくれるのだから本当に優秀な車両なのは間違いない。

最近の主力はこんなところだ。
折角パソコンも新調できたのだしまたじっくりと楽しむとしよう、下手くそなのはこの際関係ない。