駆動系統は大事

2015年12月23日 00:42

自転車と言えども毎日の通勤で片道10kmは走っているのだからやはりメンテは欠かせない。
何だかんだで1年で4~5000kmほど走ったので、夏前にはチェーンとブレーキシューを交換してしまった。
しまったと言ってもシューは残り殆ど無し(特にリヤ)、チェーンもピッチが伸びまくってずれ出してもおかしくなかったので交換するしか手が無かったと思う。
「もしかしたら交換したせいでスプロケット(リヤタイヤの歯車が沢山あるところ)との噛合いが逆に悪くなって調子が悪くなるかも・・・」
なんていつもの店のおっちゃんに言われたものの、さすがにそこまでギヤ類の磨耗も無かったらしく、違和感も無く乗れているので良かったとおもう。

まあその手の(自分では)ちょっと大掛かりなメンテ以外も毎週か隔週でチェーン回りの掃除と注油は欠かさず行うようにしている。
やってることは至ってシンプルで、クリーナーで汚れを拭き飛ばして綺麗にしたあとにチェーンオイルで潤滑させるようにしているだけだけど、自転車なんかクルマより遥かにシンプルな構成だからこれだけで充分維持出来る。
ロードバイクに乗って競技まで考えるならもっとマニアックにクリーナーもオイルも選別しているだろうけどそこは通勤用のクロスバイクだからそこまで拘る必要も無いと思っていてクリーナーなんか完全に使い捨てレベルだからクレのチェーンクリーナー。
ただ、オイルは・・・「個人的な」感覚で一番良い感じがしたので(と言っても2~3種類しか使ったことも無いけど)
FINISHLINEのドライタイプを使い続けている。
同じクレのオイルと比べても若干高め、しかもこいつは注油しながら垂れた分はちゃんと拭き取らないといけないから少々無駄も多い感があるけど、それでも漕いでる時の噛合っている音も一番小さく聞こえるし実際潤滑は一番良いんじゃないかと思う。
何気にオイルでいえばエンジンオイルとかも造っているWACOSとかもあってビックリしてしまったけど、やはり単価は圧倒的に高いので試す所までいかない。
浸透もせずにちゃんと洗浄可能な泡のクリーナーまで有って、如何にもシーリングが割れないのであれば綺麗に出来そうではあるんだけど・・・。

今年は暖冬のおかげで12月も下旬になっているのにさほどと言うかほとんど苦痛にもなっていない。
あまりの暖冬もどうかと思うけど、なかなか自転車に限れば非常に快適な陽気(と言って良いのか、12月なのに;)だと思う。
1月以降はどうなんだろうな、気を抜いてるといきなり酷寒になってしまうのかもしれない。
何せ今年は(も?)天候の激変があり過ぎて当てにならない、不慮の事故なんかは最大限用心したい。
スポンサーサイト

結局愛娘との育児日記と化す

2015年12月04日 00:37

生後40日。
朝起きて夜寝る、そのペースはほぼ確定と言うか覚えてきているらしい。
おかげで昼間は元気と言うかおおはしゃぎと言うか、妻は付きっ切りで相当大変である。
夜中と言うか明け方も起きるのだけど、正直自分はもう妻がせっせと母乳をやっているのを傍目に二度寝である。
と言うか夜中起きた頃は大概母乳だけで大丈夫みたいなので、お父ちゃんはむしろやることも無いのである。

食欲と言うかミルク欲は兎にも角にも非常に旺盛、新生児から乳幼児の辺りって皆こんなものなのか??と思わず首を傾げてしまうのだけど、実際そうらしい。
但し生後間もない頃は黄疸もあってむしろ食欲が無くて困ってしまったこともあるから、体重の増加傾向がおかしくなければむしろこの方が良いのだろう。
とりあえず妻の体力(と睡眠欲)の加減もあるので当分はミルク&母乳併用作戦である。
ミルクならお父ちゃんである自分もあげれるのでね、会社ではまず”有り得ない”労力の分散である。

表情はまだまだな感じがしている。
まあ泣くときとそうでないとき、大別するとそんなもん。
ただ、お父ちゃんが抱っこすると普段お母ちゃんの腕とかの肉付きとはまた違うのが判るのか、笑ってしまうくらい怪訝な表情を見せてくれるので自分の身の回りにおける違和感みたいなものはもう感じ取れるらしい。
ついでに言えば不思議なことに、と言うか自慢すべきなのか自分が抱っこすると結構泣き止んでくれて妻的にも大助かりである。
と言うかいわゆる”ウソ”寝だと思うけどスヤスヤと大人しくまでなってくれるのだけど、なんなのだろうか。
「背中スイッチ」とはよく言ったものだけどホントに寝たかな?と思ってクッションとかバウンサーに着地させると大概パッ!と起きるのだから恐ろしい。
胎内に居る頃に母の心臓の音をずっと聞いているから、大体肘で頭を抱えるようにして静脈の辺を頭に当てるようにはしているが、実際娘なりに心地いいリズムがあるようで、今は自分の抱っこの感覚が悪くは無いようだ。

そうそう、友人から出産祝いで頂いたバウンサーなるモノ、最初は違和感満点だったのか乗せた途端に泣き出したものだけど、何度かやってくとこいつの”揺れ”にも満足してくれるようになってきたらしい。
ポンと寝かせてゆらゆらと小刻みにやると(例によって)非常に怪訝な顔をする割には、泣くほどでもなく揺られてくれる。
もう少し慣れたら問題無さそうだ。

まだまだトライ&エラーである、何が好みで何がダメなのか手探りとチャレンジャーな日々だ。