人生観といったら大袈裟ですか?

2014年01月28日 23:46

修理を終えて、色々な疑問・・・と言うよりは懸念事項も今の所完全に解消したおかげかインプの調子は随分と良いように感じる。
何より最大の問題だったエンジンからのオイル漏れが完治したのだから、文字通り"気兼ねなく"踏めるのは正直今のご時世に大きな声で言う訳には本当はいかないのだけど非常に気持ちが良いものだと思う。

現在の主流ともなっている「小排気量+過給やハイブリッドの補助」のような、高回転まで一気に回すには全く不向きな、但し全領域で確実なトルクを得られる言わばディーゼルエンジンと同等以上な扱いやすく効率も非常に良いエンジン。
そんな先端な特性とはまるで無縁な、過給器は"踏まないと"回らない恐怖のドッカンターボ、挙句にエンジンそのものも高回転まで回せるだけ回してようやく出番が来るかのような他力本願も良いところ、その上大飯喰らいで効率的にはほぼ最悪ときている。
しかも強化的にも進化的にもチューニングするには端から限界が低い。
初代インプレッサデビュー時点で既にレオーネなどで搭載されてて新型ではないエンジン、しかも水平対向の弊害で排気量UPさせるにもストロークはもう限界だから自ずと元々余裕のないはずのボアを更に上げるしかないと言う有様。
そして何よりその独特の「ボクサーサウンド」なんて固有名詞まで頂いたその排気音はその実エキゾーストの排気干渉の賜物であって本来有ってはならないと言うおまけ付きまで・・・。
(富士重社内では「ボロボロ音」とまで言われてたらしい・・・)
これが富士重、と言うかスバルのほぼ全車種を30年以上にわたって支え続けた心臓部、"EJ"エンジンだったりする。

だから先代フォレスター以降、歴史的とも言うべき新型エンジンであるFA/FBエンジンが登場してから、怒涛の如く新型車両に一気に置き換えが進んだのはある意味当然だったし、スバルとしては今後のためにもエンジンの刷新は必須事項だったのだと思う。
懸念されていた(と思しき)過給器搭載も、FA20DITと言う直噴ターボで見事に乗り切って各車種のトップグレードにしっかり乗せ込んで解決して見せている。
しかもFBエンジンに限れば、XVによってとうとうハイブリッドと言う"効率"まで確保した。
FA/FBシリーズが如何に富士重のエンジンを現代か出来たか、うろ覚えの知識だけでもページが埋まってしまう。

そこまで書いておいて省みると完全に自分のGC8、と言うよりEJエンジンへの嗜好はもはや完全に一種の懐古厨・・・が言い過ぎにしても結構な「昔懐かしのあの頃は良かった」テンション満載だと言うことが良く判ってしまう。
そんなこったから、妻に懇願してエンジンの修理までこぎ着けてしまう根性を"無駄に"発揮してしまうのだろうとも思うけど、その意味では¥的にも非常に効率の悪いクルマに違いない。
今の免許取立てとかグランツーリスモで知った感じの一回りも若い人が気に入って乗るのとはどうにも感覚が違うのだろうなあとも思えなくもない。
Twitterで…認めたくないものだが本当に一回りも若い世代の子が・・・その旧式のGC8やGDを買ってやたら気に入ってる感の呟きをしているのを見ると素直に羨ましい。
EJとGC8は気に入っている、好きなエンジンだ。
歳のせいか壊れ方がハードになりつつあると言う問題はあるにせよ、ダメなエンジンと言うにはまだ早い。
自分のようにネガの要素まで充分知ったかぶった上でいわば「馬鹿を承知で」半ば、いや結構・・・、いや圧倒的に片意地張り続けて乗ると言うのは・・・今更疑問に思うことでもないかもしれない。
そんな自分がどこまでこのクルマを乗り繋いでいくのか、と言うのは結構なテーマになりつつある。
オドメーターは早くも205,000km近く、この距離は何処まで行けるだろうか。
スポンサーサイト

勘違いのまま済んだようである

2014年01月11日 19:44

10年近くも乗ってて勘違いしていたとなったらとんだ赤っ恥だと思う。
とは言え、結局思い込みの当ては随分あっさりと外れた結果になった、と言うのが現状の診断結果だ。

件のオイル漏れを修理に出したついでに、思いつく症状をほぼ確実に伝え検査して貰おうと1週間ほど預けた訳だけど、結果からすれば肝心のオイル漏れは完治、そして速度と回転とのアンマッチは特に確認する限り原因不明・・・、と言うより見る限り異常無しと言う結果に収まった。
何より一時は完治するのかどうかすら怪しくなったエンジンが無事に治ってくれたのは非常に大きい。
一緒車検まで引張るべきかと思うくらい結構なコストが掛かる上完治するのかどうかが怪しいともなると、妻と二人してかなり躊躇したものの、さすがに"餅は餅屋"で予定通りの修理で完治した。
プロをバカにすることは出来ないけど、店によってはまるで症状に対して診断結果も言うこともエライ異なってしまうから、聞いた素人からすると結構な困り者である。

さて、色々調べたり調べてもらったりしたものの、速度と回転が合ってないのは何とも私自身の記憶がずれてたようで終わりそうだ。
定型どおりの検査とは言え、検分してもらったクラッチは未だに滑る兆候も無いし、どこかでロスっている気配も少なくとも無い。
と言うことで真相は闇・・・と言うより相当な自分の"記憶違い"らしい。
何故そんな思い違いを急に思い付いたのか、オイル漏れとか燃費が一時期落ちたのとか、あれこれリンクさせてしまったのがそもそものミスと言えなくもないけど、それにしても・・・酷い位に余計な心配をしてしまったと言う気がする。
サムネさんにまであれこれ情報を貰っておきながらこの有様なのだから、他人への巻き込み具合まで少々"やってしまった"感があって申し訳ないところだ、ただでさえ借金(1,000円)返さなあかんのに。

変な心配をせずに文字通り「気兼ねなく」乗れるようになったのは何より大きいと思うけど。

御雑煮は澄まし汁

2014年01月05日 12:15

気が付けばもう2014年です、新年明けましておめでとうございます。
と言いつつもコレを書いている頃はもう三が日も明け切って明日からいつも通りの日常に戻ると言う訳だから、御目出度いと言うよりはむしろ連休明け前日の上"明日は月曜日"と言ういつもの状況になっているから、むしろテンションとしては目出度いどころかガタ落ちになってくるんじゃないかと言う気がしてならない。

実質年末年始の連休のうち二日は出勤してたのでそもそも物理的に休みが短いと言うのもあるけど、今回は妻の実家の岡山へ行きそこから毎度おなじみ福井の実家を経由してUターンしてきたから、いつもに比べると結構忙しい感じの年末年始だったと思う。
最低でも移動日・・・と言っても過去の栃木のように丸一日ほぼ使いきるような長時間ではないから大したことは無いけど・・・が小牧⇒岡山と岡山⇒福井辺りが増えてくるのし、それぞれの実家の家族と出掛けたり初詣に出たり肉を食ったり魚を食ったり・・・で、結果からすると思いの外のんべんだらりと寝正月にはならずに済んだ。
さすがに今時にもなると「正月位は何もしない」なんて言葉は当の昔の話のようで、正月一日から大抵何処の店も開いていて福袋売り場は盛況だったし、まだ帰省ラッシュにもなってないはずと余裕ぶっこいて二日に岡山を出たら案の定宝塚付近で酷い渋滞に引っ掛って結局予定の倍近く移動時間が掛かったり。
毎年ドンドン"御正月"と言う雰囲気も感じなくなってきてるなあと思いはしているものの、何のことは無い。
当の本人が正月らしくうちにジッとしていないのだから正月らしくなく感じても当たり前なのだろう。
新年らしくお雑煮とかお節を両方の実家で頂けたのはある意味役得だったような気もするけど。

そうそう、何を隠そう妻の実家で正月を迎えたこともあって実は初めて実家以外のお雑煮とお節を頂く機会に恵まれた。
それこそ「おでんの具は何が入ってますか」マップよろしくお雑煮も味噌なのか澄ましなのか、餅は四角なのか丸いのか煮るだけか焼いてしまうのか・・・、大まかにある程度はまとまっているとは言え地方によって随分差があるのはご存知の通り。
おかげで人生初の澄まし汁のお雑煮を頂く機会に恵まれた訳である。
しかもうちの実家と違うのはそこだけではない、お雑煮の名に相応しく餅以外の具がちゃんと(?)入っているのだ、それも沢山。
話には聞いていたけど、これを食べると福井の実家の雑煮が如何にシンプル・・・と言うか何も入って無いのを痛感する羽目になる。
基本的に福井はカブ辺りがおまけで入るらしいのだけど、うちに限って言えばカブすら無いただの餅オンリー雑煮なのだから、より一層その感が強くなる。
家によっては怒られやせまいか・・・;
少なくとも具が多くて華やかな方が正月の食べ物に相応しいに決まってるのだけど、この差は地味にカルチャーショックだったりする。
と言った所で、そんな話を実家の婆さんや母にしてみても、
「んなもんうちは昔からこんな雑煮しか食ってねえ」
で終わってしまうのだから、このギャップが埋まることは当面無いと思う。
地方の差が実感できてそれはそれで面白いのだけど。

結局いつもよりせわしないながら正月らしい正月だったのかも知れない。
やはり今時はのんびり休まないのが普通なのだろう。