勘違いかどうかの瀬戸際

2013年12月23日 20:20

エンジンのオイル漏れを随分引張ったのが裏目に出たのかどうか、その辺は治してみないと判らない。
が、どうもココ最近インプのパワーが落ちてきたのではないか、そんな兆候が見られてしまっている。
簡単に言えば、と言っても他に確認する方法も無いからなのだけどいたって簡単な兆候で、エンジンの回転を上げても昔ほどの速度に乗らなくなってしまった、と言うだけの話だ。
これがクルマを買ってから徐々に徐々に・・・と言うならシンプルなエンジンの劣化で片付いてしまう。
が、少なくとも自分が気が付いた限り先月頃からで見る限り"徐々に・・・"なんて悠長な感じではないのはほぼ間違い無さそうだ。
パッと例を言おう。
今までは5速3,000回転でほぼ120km/h、ここまで伸びていた。
が、コレが今では何と100km/hちょっと、一番ハイギヤの5速とはいえ誤差の範疇は既に通り越している。
最初は今までの自分の記憶が狂っていたのでは?と思うほどだったのだけど、思い出せば出すほど他のギヤでの速度も含めてどうやらそうではないらしい。
自分でも良く覚えていたものだと思いつつ、どうにもドタバタにトラブル続きでさすがに少々呆然としてしまった。
さすがにパワーが出ていないと言うのは少々不具合にしても大きい。

原因を考えるに一番最悪なのは、オイル漏れの際に抜けた分のオイルを補充しなかったせいでエンジン内部の油膜切れを起こしてピストン辺りが磨り減ってしまったか、熱でタービンをやってしまったか、その辺だろうか。
見る限りではタービンへの損傷は無さそうでブースとは確実に掛かっていそうである。
ピストンは・・・さすがに今回の修理でも全バラする訳では無いので、正直判る見込みではない。
二つ目は前回、抜けた分のオイルを補充しようとして継ぎ足したのだけど、それが単純にオイルの"入れ過ぎ"だった、と言うシンプルなことだろうか。
ところがこいつは、つい最近オイルを交換した時に適量に戻ったのだけどそれでも感覚的に(あくまで感覚だけど)エンジンの感触はいつもの交換後の心地よさになったと言うだけで、回転数と速度の相関はどう見ても落ちたままだった。
そして変な憶測。
実は速度も回転も正常で実は速度""がやられた状態・・・面白い論理なのだけど走っている限り、
果てさて後は?
実はオイル漏れはエンジンの前側からダダ漏れなのでベルトが結構な勢いで油を食らっている可能性が高い。
ので、ベルトがやられてる可能性はある・・・ってベルトでパワー変わるのだろうか。
実は無学にして詳細は一切知らないのである。

しかしこの辺で勝手な想像は置いてしまおう、オイル漏れが何らか悪さをしでかしているのは事実だろうから、話はその後にした方が良さそうだ。
生兵法は怪我の元である、少なくとも自分の頭は生どころか有るのか無いのかも判らない始末だ、判ってからまた考えるとしよう。
エンジンのオイル漏れの修理はようやく手が付けられそうなところなので、経過はその後でも見ることは可能だろう。
そもそもパワーが落ちたところで他が元気だから、後は自分が気を付ければ良いだけの話だ。
スポンサーサイト

事故渋滞を乗り切れ

2013年12月15日 00:10

名古屋モーターショーが大変盛況だと言うことは事前に聞いていて、「へえ、出展車両もさほど凄そうでも無いのに凄いな(特に海外勢はコンセプトカーとかも一切出してこない)」と感心しつつ、たまたま縁が有ってチケットをタダで貰うことも出来たのも有って折角だから観に行こうと思い立ったのがその週の金曜日。
とは言え、本家の東京モーターショーと比べれば会場も含めて規模は知れているのだから、と高を括って何と言うことも無く予定通りの時間に出発したらやはりと言うべきか世の中そんなに甘くも何とも無かった。
会場まで後眼と鼻の先(最寄のインターまでですら後数キロ!)でまたしても・・・、そう、またしてもの事故渋滞で大いに足止めを食らってしまった。
2個ほど手前のICを過ぎた辺りで高速の電光掲示板に出てくる「事故発生、渋滞○○km」の文字に一瞬かつてのトラウマにも等しい出来事がデジャブの如く蘇ってきたのだけど、哀しいかな。
残りたったの数キロであれば・・・、とココでも完全に読み間違えてしまった私。
やはりモーターショーへ行く人(クルマ)の数とも相まって、ノロノロと進んでいたならまだしも潮見まで2kmほどの所で完全に流れが止まってしまった。
デジャブどころか完全に先日のWECの繰り返しである。
この時、自分は如何に日頃の行いが悪いのかを・・・呪うほど悪いこともしていないはずなのだけど、相当に何か色々と省みてしまったのは言うまでも無い。
結局友人と合流できたのは本来の予定の2時間半遅れと言う手間の掛かりぶりだった。

それを差し引いても自分たちが入場してからその後も、ショーへの入場者は一向に途切れることが無かったのだから来場者の多さを如実に語っている。
名古屋ショー自体、並んでいるラインナップはカーメーカーこそアメリカやイタリアなど東京ショーでは居なかったメーカーがこぞって展示しているなど見所は多いものの、モーターショーの華でもある"コンセプトモデル"は日本メーカーの、それも一部のみ。
どちらかと言えば「新型車展示会」と言っても余り差し支えは無かったと思う。
と言いながら、ほぼ日本発上陸のコルベットや、イタリア代表とも言うべきフェラーリ/ランボルギーニにはとかく人だかりとカメラの群れが絶えることが無かったし、やはり最大の見所でもあるKOPENとホンダ勢も注目の的だった。
いずれも量産がほぼ決まっているだろうと言うこともあってか、「今の最新と近い将来のクルマを先見」出来る感覚でコレだけ人が集まってくるような印象だった。
少なくともショー以外では二度と見れないクルマも無かったので写真をひっきりなしに撮るようなことも無く、友人ともども割りと冷静に眺めていたような気がする。
それでもコレだけのメーカーが一堂に会して新型を拝めるのだから悪い気分になるわけが無く、見るべきものを見て触れるものは極力あれこれ触りまくって帰ってきた、渋滞に嵌まった分は取り返せた気がする。