富士の魔物

2013年10月21日 22:14

「今まで何回かレース観に来たけど、これは初めてだわあ・・・」
と、たまたま居合わせた会社の先輩が思わず愚痴った位である、他にもこの大雨の中最後の最後まで居合わせた観客の大半はそんな言いようの無い疲れを感じていたのだろう。
他ならぬ自分ですら、文字通りの"不完全"燃焼なテンションに大雨に打たれまくった寒さと水を吸いまくった上着の重さにかなり疲れ切っていた。

3年程ぶりのFISCO、そして数年ぶりのレース観戦と言う訳で前日にフィリピンの出張から帰ってきた身体そのままに今年のWECへ行こう!と自分にしてはなかなか珍しくやる気満々で早朝に自宅を出た、までは良かった。
その朝6時の時点で既に雨、但し予報ではレース開始の午後には止むはずだったからかなり楽観的と言うかポジティブに「いざ始まれば何の問題も無い」と考えながら、都合300kmをインプで富士へ向かわせた。
気分的にそんな上に道中も渋滞も無く快適そのもの、クルマの調子もいつも通りいたって健常なもので一日延びてしまった出張の憂さ晴らしと言うか気分転換には余りに充分だったのだ。

会場に着いても雨は止む気配が無いが、他の観客同様"昼には止む"と言う予報がイヤでも気分を高めてくれている、そんな感じで皆期待しているのが何となく判る。
そんな勢いで思い切って屋根も無いスターティンググリッド、アウディとトヨタが陣取る先頭位置に座り込み寒さと雨に耐えながらひたすらスタートを待った。
と、ココまではどの観客も、恐らくは出場しているチームですらセーフティーカースタートからじきに通常のレースモードに移りこの寒さ(最高気温にして14℃)を紛らわすのに充分な激戦が始まる。
そんな期待があっさり寒さで凍り付くのに実質更に数時間を費やす羽目になる。
結果は既に出ている通り、実質全くレースをしないまま終了と言う結果であった。
今まで3~4回ほどとまだ観戦経験も浅い自分も、更に観戦経験豊富な冒頭の先輩ですらある意味貴重且つ驚愕の終了に文字通り肩を落とすほか無かった。
チケットの裏面にある「メインレーススタート時点でレース成立(つまり払い戻し不可)」の文字を改めて見るまでもなく・・・。

ところがここで終われば早めに帰って身体を温める、程度の末路だったかも知れない。
帰り道の新東名は三ケ日JCT~豊川で事故による大渋滞まで発生。
行きは約3時間の行程が何故か帰りは6時間以上に、長距離は慣れているはずの自分ですらさすがに1時間近くの上り坂の半クラ、更にはレースの不完全燃焼感と寒さと疲れでヘロヘロになってしまった。
いくら日帰りとは言えここまで疲れた経験は早々無い。
正直翌日風邪を引かなかったのに驚いたくらいだ。

気晴らしのつもりが天気同様晴れるどころかボロクソとは、しかも高い授業料付である。
スポンサーサイト

フィリピン出張2回目

2013年10月14日 00:22

と言っても今はまだ日本国内の自宅で鋭意出張の準備中である、出立は明後日だからまだ用意を整えるには時間は充分にある。
おっかなびっくり生涯初の新婚旅行で欧州まで飛行機に乗ったのがほぼ一年前、そこから今年の四月には中国は広州へ飛び、夏休み返上でフィリピンへ一度目の出張へ行きそして今週またしても、である。
初の海外になったときに散々妻に"ヒコーキ嫌い"を公言し、「飛行機に乗るのはコレで最後だからな!」とまで抜かしていたはずが、その舌の根もロクに乾かぬうちにこの有様である。
あの時のいいようの知れない恐怖心は何処に行ったもんだと自分に問い掛けたい。

とは言え相変わらず離陸より着陸の時のあの言いようの無い重力は毎回と行っていいほど三半規管に襲い掛かってヒコーキ酔いするし、出張なので所詮はエコノミーだから座席の狭さとくつろぎにくさは正直辟易してしまう。
体格の関係なのか、飛行機の座席と言うかヘッドレストが全く合わなくてリクライニングさせても全然頭の位置が休める所に来ないのである。
新婚旅行で乗ったのと出張で乗ったのはともに同じエアバスだったから、サイズとか年式は有るにせよ座席がそこまで変わる気もしないのだけど、少なくとも出張で乗った機体はどれも頭の置き場は最後まで決まらなかった。

それでもまあ出張レベルならフィリピンは広州よりは大分気が楽だ。
それは前回行った時に残したとおり、言葉の問題は思いの外少ないから一人で出歩くようなことさえしなければよほど問題にはならないかと思う。
出張だからそもそもそこまでの余裕も無いのだし。

さて今回の出張はどうなるだろう。
前回よりは半分位の日程しか無いので、さっさと終わることを期待する・・・と言うよりさっさと終わるように自分が仕事するべきなのだろう。
それが一番難儀なことだったりするのだけど・・・。

二度目の富士

2013年10月06日 15:20

と言っても前回とはやることは言ってしまえば真逆のことになるだろう。
今回は富士スピードウェイはWECの観戦に行くのである。
昨年復活した世界耐久レース選手権、その日本ラウンドが二年連続で行われる。
昨年行けなかったことが少々残念だったのだけど、しっかりと今年も日本ラウンドは実施されることもあってしっかりとチケットは予約してしまった。

最初は会社の同僚ついでに夫婦で観に行こうかどうかと考えてもみたものの、妻の初レース観戦でいきなり6時間の耐久レースはどう考えても"飽きる"に決まっているし、(そもそも自分ですら6時間も集中してみることなんかできない)何より6時間の長丁場ではただ観戦するだけでも疲れそうだから、結局連れて行くのは止めておいた。
レース初心者な妻ともども観に行くならWTCかD1位、一戦一戦が短くてしかも観戦費用もさほどじゃない方が良い。
D1ならそもそも判りやすい上に爆音もそこまででは無いから""にも安全だろうとは思う、市販車ベースとは言えそれでも轟音だけど。
とは言え、サーキットへ観戦に行くのは実は自分もそこまで回数を重ねている訳ではなかったりする。
当時の全日本GTと、今はもうなくなってしまったJLMS耐久、後はD1が一度か二度だったかと思うので、ものの数回程度だし、F1を観に行ったことは一度も無いから実は国際格式のレースは今回が初になる。
とどのつまり自分にしてもさほど経験値がある訳ではないから、きっと当日はオタオタしながらか途中中だるみしながらレースを観戦することになるような気がしている。

まあ、チーム関係者でもないのだから6時間の結果に対して極端に一喜一憂する必要も無いのだけど。
しかし改めてエントリーリストを見るとちょっと驚いてしまう。
アウディとトヨタの一騎打ち、はルマンでも御馴染みの激戦構図だからそこは良いとして。
数あるチームからドライバーには、ニコラ・プロスト(あのアランの息子)、アレックス・ブランドル(やっぱりあのブランドルの息子)、中島一貴(言うまでも無く・・・)、ジャンカルロ・フィジケラにステファン・サザランなどなど、出てくる選手は何だかんだで結構な有名どころがわんさかである。
ついでに言えばワークス、つまり自動車メーカーチームばかりに目が行きそうな所、エンジン供給として出ている日産陣営もなかなか気になる所だ。

日本ではなかなかマイナーな"耐久"レースとは言え、見所は非常に多いのである。
あと二週間、当日が楽しみだ。