通販家具の造り方

2013年05月18日 20:55

妻の荷物を整理していくうちにどうしても本棚とか元々持っていない家具を調達する必要があれこれ出てきた。
たまたま食器棚とかはその辺の中古屋でかなり丁度いいものが見付かったのでそのまま買って終了だったのだけど、本棚は結局気に入ったのは通販で見たものが丁度良いということで、そいつを買うことにしたのである。

基本的にこの手の家具は当然ながらパッとその形で来るわけではない。
大体が買った自分たちで組立てが必要になるものばかりで、組み立てて貰おうとするとまたそれでエクストラコストが発生するパターンだ。
その手のエクストラをケチるか否か・・・、は多分人によるのだろうけど結局今回は妻と人手が二人いるわけだし、本棚程度それほどの労力でもなかろうとタカを括って自分たちで組んでみることにした。

さてまあそんな感じで自宅にドンと持ってこられた本棚などの家具類。
バラの状態で搬送されてきたにも関わらず、いざ家に収まると・・・なかなかと言うか結構な容積になっててその時点でちょっと驚く。
通販したのは妻がワサワサと探しながら見つけたものだから、通販誌そのものは当然女性向けだけど、あらかじめご丁寧に注意書きに「二人以上で組み立てて下さい」とある通り、サイズにしても重さにしてもとてもじゃないが女性が自前で組めるようなシロモノでは無いことは確かだ。
自分のように夫がちゃんと手伝うか彼氏が手伝うか・・・、若しくは女友達数人で・・・?となるのかどうかは判らないけど、少なくとも誌面にあるような一人暮らしの女性向けの収納なんかとてもオトコでも一人じゃ組めない。

実際に中身を確認して行くと今回は扉付きの本棚だから部品点数も結構半端無い。
各棚・仕切り・壁・そして扉に蝶番、そいつらを固定するのはこの場合大半がタッピングとダボへの圧入だ。
木製なのでタッピングの方が付きは確実なのは判るところだ、ボルト・ナット固定じゃ間違いなく面倒。
この手の製品はもはや大半が「MADE IN CHINA」なのだけど、各部品の"合い"はそれほど悪くは無い。
とは言えドンドン組み立てて行ってさあ、合体だ!となると・・・、その微妙なばらつきの積み重ねはやはりきっかり結果に出てくると言うのが偽らざる本音だ。
特にチリ合わせだったりスキマだったりはいかんともしがたいまま妥協した箇所も多かった。
さすがにガタガタだとか傾いて危険極まりない、と言うシロモノにはならなかったのでまあこんなものか、と言う感じだろうか。
自分も妻もDIYの類はからっきしの素人なのでその辺の技量も勘案しないといけない。

後は耐久性だけなのだけど、こいつも日々の使い方でいかようにもなる部分はあるから一概に言うべきではないかも知れない。
本棚なんかも日に当て続ければ変色も劣化も進むわけだし、まあキズ凹みの類は生活感と言うことにしておこう。
それにしても随分と生活感が出てきた家になったものだと思う。
「ココが私の今の住まいですよ」って言っても古くからの自分の生活感を知る友人とかはにわかには信じてくれないかも知れない。
スポンサーサイト

だまされた感がしないでも無い

2013年05月02日 20:37

自分でも記憶に無い、と言うのが少々情け無い気もするのだけど意識したのは今週の頭位からだったと思う。
左手の中指第3関節(手と指の根元だけど第3で合ってる?)が妙に痛くなり出した。
と言っても常時痛いわけでは全く無い、無いからこんな今になって気が付いたともいえるのだけど、ある時左手で物とかを握ったりした瞬間、ズキッと痛むだけなのである。
正直気にしなければ本当に気にならないまま過ごしていたかも知れないこの突然発生した痛み、しかし案の定御決まりとも言うべきか、気になりだすと気になってしょうがない。
一番気になるのは左手で物を握った時、なのだけどそれが一番影響が出るのが運転の時だからいざ街中へ走りに出ると気になり加減が尋常じゃなくなってしまった。
ステアリング操作だけならいざ知らず、サイドブレーキも果てはミッション操作時にも否が応でも左手を使うから気になりだしたらもう止まらない、そして一瞬だけだがやはり痛いものは痛い。

本当になんだろう?と思いその痛む指の根元を触ると、右手には全く無い妙な"コリコリ感"が。
いよいよ気になってきたのが今度は「不安に」なってきた瞬間である。
もしかして引越しの際にどこかでぶつけて捻ったのだろうか?
こういう不安が混じると人間の想像と言うか妄想は一挙に膨らむものらしい。
いっそ妻に踏まれたのではないかとかどうでもいい考えまで思い浮かんでしまった。

と、冗談ばかりも言ってられない。
折角平日休みなので、と思い切ってそのまま医者に掛かったのだけど、平日のど真ん中なのにリハビリに来るじいちゃんばあちゃんでごった返してやたらと待たされた挙句に診察を受けた結果が
「これ、多分ただの骨ですねえ」
で一瞬にして終わった。
曰く、常時痛いわけでも無い上に、そもそも全く腫れていない、しかも全く以って正常に指が動く。
ので、結局自分が言う通りどこかでぶつけた程度で直ぐ治るんではないかと。

と言うなんともあっけない診察結果の後、820円の診察料を何とも納得して良いのか悪いのか(多分)珍妙な顔で支払って帰宅してしまった。

病は気から、と言う格言はこの場合にも当てはまってくれるのだろうか。