博物館と言う名の

2013年02月17日 20:50

トヨタ博物館で75周年記念イベント実施中。
そんな情報を見つけて、折角だから一度行って見たいものだ、とつぶやいてたら本当にサムネさんと行くことになった。
このオトコなかなか目ざとい、のだけど「トヨタ博物館は非常にいいところですよ!」と珍しく絶賛だったので、その勢いに乗って、と言うより乗せられて長久手はトヨタ博物館へ本当に行くことにした。
「トヨタ博物館」と言った所で、これが単にトヨタ自動車の偉業をひたすら全力アピールするような、何処かの共産主義国家の露骨なコマーシャルでは決して無いのがこの博物館の良い所でも有る。
勿論展示車両で最も多いのがトヨタ車なのは、まあ仕方が無いし当たり前だろう。

しかし、トヨタの歴史以前に世界のクルマ史に残る数々の実車をずらりと並べきっている1階フロアからしてその眺めはなかなかどうして、圧巻でもある。
よくもまあここまで集めたものだ。
史実上最初の自動車であるベンツパテントからT型フォード、極初期のRR(ロールスロイス)にフレンチブルーのブガッティとブリティッシュグリーンのベントレー(ぶっちゃけカーグラでも読んでないと判りもしない骨董品)、
初代ビートルから世界初のFF車、シトロエントラクシオンアヴァンまで、エトセトラエトセトラ・・・。

IMG_0959.jpg



少なくとも2階フロアを巡る頃には大体戦後直ぐくらいの自動車の姿を一通り把握出来てしまう。
何よりご存知の方も多い通り、ココに展示されているクルマは"全て"れっきとした実働可能なクルマであることもかなり大きな意義が有る、ただの飾り物の機械ではないのだからその維持管理の労力も相当なものに違いない。
おかげでどの古いクルマにもエンジンや駆動部の下にはオイル漏れなどを受けるための「トレー」っぽいものが必ず置かれていて、見ていて思わず笑ってしまった。
漏れる以上は必ずオイルなどがちゃんと「入っている」証拠なのだ(カワサキのバイクじゃあるまいに・・・;)。

更に3階フロアまで行けばココからは歴史有るトヨタ車の独壇場になる。
今回は13代に渡るクラウンがほぼ一堂に会していた。
IMG_0977.jpg

何せ13代(例のピンクが14代だっけか)。
その間デザインもサイズも当然ながらまるで異なる変化を続けてきながら「クラウン」の名前は今になってもついぞ消えることが無いのだから、それだけでも十分凄い。
それにこうやって改めて見ると実はクラウン、どの代も意外と似ていたりする。
良くも悪くも、と言うのは失礼ながら当時から今に至るまでコンセプトもターゲット(顧客)も変わらず造り続けられているのがクラウンの名の長寿たる由縁だろうか。

締めくくりのLF-Aに至るまで、結局2時間以上みっちりとあちこち眺めまくりの話しまくりであった。
あっちこっちで隙あらばギリギリまでカメラを近づけ、床下からメカを覗き込むこと多数。
最初から最後まで一行に飽きることの無い見学ができて満足しながら博物館を後にした二人であった。
いいね、こういうところ。
全く知らない画家の絵を見るよりは、やはり多少なりとも自分の持てる知識を確認しながら展示品をナマで見れる方が楽しいし、非常に有意義だ。
しかも企業の出資なのにたいした入館料じゃないのもありがたい。
展示物はちょくちょく入れ替わるらしいから、イベントが変わったらまた行こうと思う。
おまけは続きの写真で。
[博物館と言う名の]の続きを読む
スポンサーサイト

身も心も元気だけど仕事が元気じゃない!

2013年02月12日 01:37

何か一年位前も丁度このやたら寒い時期が忙しかった記憶がある。
と思ったら、仕事と言うよりは昨年の今頃は相当疲れてたのかやたらと風邪を引いたり、回復した頃には毎年恒例の花粉症でこれまたエライ目に遭ってたりと、やはりろくでもない状況であったのは事実だ。
こんな所で過去の日記を漁れる辺りがブログのイイところでは有る、そんな活用の仕方が正しいのかどうか。
多分余り正しく無い気がするが。

難しいことに自分の勤める業界には明確な「繁忙期」と言うものは存在しない、とまで言い切っても問題ないと思う。
自分のかかわる業界だけじゃなく、製造業・・・いわゆる第二次産業全体がそうじゃないかと思っているけどどうだろうか。
例えば第三次産業なら消費者の傾向に併せて忙しかったり暇だったりするのが普通だろう、今ならまさにバレンタイン商戦で、お菓子業界だけならず色んな商品を"さあ、バレンタインに!"な勢いで売りさばこうと皆商魂を全開にしているはずだ。
翻って製造業は見ての通り、情勢とか景気でいくらでも仕事の量、つまり儲けがどっちにでも直ぐ転んでしまうとは言え、時期によってそれが変わることは余り無い。
まあ家電・玩具の辺りまでいけば、商戦に影響するかも知れないけど、自動車以上の価格とサイズになればおいそれと商戦任せに・・・、なんてことにはならない。

なので、現に今時分が思いの外苦戦してるが通り、何処でどの仕事が多忙になってくるか、の判断は実際にそこに投入されないと(今回は本当に投入された)下手をすれば全く見えないことすらある。
正直今の自分の業務がココまでレッドゾーン突入しているとは思いもよらなんだ、と言うのが偽らざる本音だ。
なるほど、部署異動までして何が起きているのかと思えば・・・、貧乏くじといえば聞こえの悪さも半端無いけど、個人的感情が許されるなら間違いなく余りやりたかった仕事の類ではない、と言うのが本音だ。
そんな中でも困り者なのは異動した先のメンバーのモチベーションも決して安定していないと言うところにあるだろうか。
いやモチベーション、と言うよりは単純にどの仕事に対しても明確に「こっちへ持っていこう」と言う向きが見えてこない感じだろうか。
いつぞやの流行に乗れば「ぶれている」感が多少なりともする。
正直優柔不断は人のことなんか言えないくらい意志薄弱な自分ですら、そんな不満と言うか問題を感じるのだから、実はよほどまずいのでは無いか・・・?とどうも外様な視点で見えてくるのがあるのである。

自分に周囲の方向を定める実力は残念ながら無い、但し問題を問題としてあげるくらいは・・・と言うのが今の自分の喫緊の役目じゃないかと言うのが今強く思うことだ。
目の前の仕事をこなしつつその動きをアピールするには少々ハードルが・・・と言うより結構走り高跳びな高度になりつつあるのだが・・・。
看過するつもりは無い

何も考えずに走る

2013年02月03日 20:39

土曜出勤の疲れもまだあった。
のだけど、どうにもこのまま終日家で大人しくしているのがいやになったと言うか勿体無くなったと言うか・・・、昼前に起きたせいで昼飯食ったり洗濯したりして気がつけばもう15:00と半端に遅い時間になっていたと言うのに、どうにも鬱憤晴らしがしたくなって唐突に出掛けてしまうことにした。
妙なテンションになっていたのか何なのか、とにかく自分の中で家でじっとしていられなくなった感じになったのである。
そんな訳で思い切りよく出かける用意を唐突に行い、いつも通りインプのボンネットを開けてオイルとクーラントだけ確認し、そしていつも通り上着を脱いでから座席に着いて、久々に"ただ走りに行くためだけ"にやる気満々でエンジンに火を入れた。

と、ここまでは勢いに任せてしまってよかったものの、久々、と言うとおり余りに気分任せに出たため何処に行こうか、と言うよりどの辺まで走っていこうかまるで考えてなかったのだから我ながら滑稽なものだ。
気分的には何も考えずに思い切り走りたいから、下道の渋滞をノロノロと牛歩する気分では全く無い。
「こうなったらいっそ思い切って新東名まで乗ってしまうか・・・」と突飛な思考まで出てきてしまい、気が付いたら本当に東名には乗ってしまっていた。
静岡・東京方面の文字を眺めながらのんびりと東名をひた走る・・・のは良いのだけど、はてさて何処まで行くべきか、浜名湖辺りでウナギパイでも買って帰るか?と超絶無駄ことをやっているくせに想像だけはあれこれと自分の頭の中に沸いて出てくる。
どうやら私はよほど鬱憤晴らしがしたいらしい。
そんな本当にロクに何も考えないで走っていたらふとJCTの看板に「刈谷ハイウェイオアシス」の表示が見えてピンと来た。
そう、いわゆるサービスエリアにしてなんと言ってもココには温泉があるのだ。
「そうだ、風呂に行こう。」
自他共に認める風呂好きの自分からすれば、なるほど至極真っ当な結論に至ったと思う。
天然温泉と言いつつ建屋は立派な現代的なものなので、そこまで風情とか景色を期待してはいけない。
しかし自宅の風呂じゃ出来ない何も考えずに手足を伸ばして湯の中に浸れるのはとかく贅沢なものに違いない。

と言うわけで東京方面から唐突に伊勢湾岸で刈谷方面へ大回りして温泉へ行き、更にそのまま大回りして小牧まで戻る(つまり実質高速から全く降りずに回りきった)と言うトンデモ暴挙に出てドライブと温泉の一挙両得を満足し、しっかり鬱憤晴らしも出来たと言う日曜のひとコマでありました。
この無駄無駄感が半端無いね、だからストレスには良いんだろう。