背骨も人間も曲がっています

2013年01月27日 17:44

少々前の朝の起きぬけに唐突に腰にびりっときたのでよもやぎっくり腰か!?とこのときばかりは慌ててしまった。
しかも間が悪いことに、年末に実家に帰省したら親父殿がぎっくり腰になってやっとちゃんと歩けるようになったとか言うし、年が明けたら明けたで散髪に行ったら床屋の主人までもが「この前ぎっくり腰になっちゃってさ~」とか言い出して、実際椅子に座りながら髪を切ってもらって、腰をやることの恐怖をまざまざを二例にもわたって目にしたと言うのに、いざふたを開けてみれば私までもこの有様では冗談にならない。
と、やってしまってからかなりの危機感を持つ時点でダメなのだけど、ぎっくり腰と言うにしてはシャンシャン前に歩けるし背筋を思い切り伸ばしてもちょっと痛いくらいで正直そこまで"人生最大の危機"と言うほどでもなかった訳で、結局週末になるまで少々腰をいたわる位以外は特に何もせず無事に日常を過ごすことが出来てしまってたりするのである。

とは言え、今までの肩とかと同じ様に「凝った」感じでは明らかに無いことは明白。
ここはもう恥も外聞も無く観念して医者にかかってしまおうと決心した訳である。
だってここまで来て言うのもなんだけど、"腰痛持ち"って言葉を聞くだけでもうおっさんくさいと言うかもはや爺さんくさくてとても人に言えたもんじゃない。
ああ、アラサーって言葉が身に染みる・・・、ここからドンドン私は次はアラフォーになっていくわけね・・・と妙に寂しい気持ちにならざるを得ない。
そんなことを言われてもアンチエイジングと言う程年を取ることに抵抗は無いんだけど、片や親父殿は60歳越して、片や私は31で腰痛なんて何か比べられても悲惨な心境だ。
あんだけ水泳とか長年やっててもなる時はなるんだから、人間の身体ってものは難儀である。

そんな悲壮な覚悟を秘めつつ診察室で症状を独白したら、唐突にその御医者さん、
「じゃあちょっと腎臓の様子見てみましょうか!」
とあっけらかんに言うものだから、こっちも唐突にビビってしまった。
痛いのは左側の腰、となるともしかすると腎機能の問題の可能性が有るらしく、結石とかもありうるとか何とか。
年末の会社の健康診断で尿検査は一切問題無かったから、まさかそこは大丈夫だろうと思いつつも大人しく腎臓周りをエコーしてもらったら、ななな何と。
異常は無かった。
「ココ、ジャスト腎臓の位置ですけど、ああ肥大もして無いし問題ないですねえ!」
と元気と言うか相変わらずあっけらかんにこの御医者さんはのたまう、と言うよりもう抜かしやがる。
そりゃ終始暗い表情で言われるよりはよほど私も気が楽なのだけど、"ジャスト腎臓"って何だジャストって。
その後尿検査もしたけどやはり異常なし。

そして腰周りのレントゲン、正面と側面の2枚セット。
何故か正面から見たらびみょ~~~に右に曲がっている・・・、猫背は自覚があったのだけどホントにびみょ~~だけど言わば"右肩上がり"な感じに背骨が曲がっていてまた驚いてしまった。
いつの間にこんな背骨になったのやら・・・、きっと人間性が曲がっているからそのまま背骨も曲がってしまったに違いない、そんな莫迦な・・・。
結局曲がった背骨の影響もあって"若干"ヘルニア気味らしい、今はもう痛みはほとんど無いから、しばし安静して様子を見ることにした。
そのまま痛みが消えてしまえばそれはそれで良いらしい。
水泳をやっていると言ったら「クロールはむしろこの場合は良い泳ぎ方なので是非続けて下さい」だそうだ。
バタフライまで行くと確かに腰(と言うか背中)の負荷も上がるので気を付けた方が良いらしい。

折角なのでと、人生初のコルセットまで貰って帰ってきた。
縛られ感がなかなか激しくて、胃が苦しくならないか心配だ。
ちなみにコルセットも付けっ放しだとむしろ筋肉が落ちてしまうから、それはそれで悪いらしい。
確かに鉄の棒まで入ってて身体を支えるのだから姿勢を保持するのにはかなり良いけど、慣れるとそのまま預けてしまいそうで危なっかしい気は確かにする。
後はとにかく普段の姿勢をちゃんとしないといけないようだ、治るかなこれ。
スポンサーサイト

重力に魂を引かれた連中の・・・

2013年01月12日 22:11

今時となってはむしろ珍しいけど、新婚旅行に行くまで海外旅行はおろか飛行機にすら乗ったことが無かった。
今では学生さんのホームステイだとか卒業旅行とか下手したら修学旅行ですら飛行機で海外なんて当たり前なのかも知れないのだけど、少なくとも自分の場合は海外、と言うより飛行機に乗ること自体に縁もゆかりも無かったのだと思う。
まあ少なくとも福井の実家に居た頃は飛行機以前に「空港」なんて言葉もろくろく無い所だったから、そもそも自分が空を飛ぶなんてイメージが出来ていなかっただけとも言える。
イメージすら出来ないのだから、例えば海外旅行は良いよとかあれこれ吹聴されたとしてもそれこそ食わず嫌いの典型みたいな感じで何故かヒコーキ嫌いになっていた、それこそ乗ったことが無いのだから本来好きも嫌いも無いはずなのに、とりあえず「自分の脚が地面から離れるのがイヤだから」と言うこれまた変な理由でひたすら嫌って乗りたくないことにしていたのである。
とは言え少なくともヒコーキ「嫌い」と言うよりヒコーキに乗るのが非常に「怖かった」と言うのは事実だ。

そんな自分が慌ててパスポートにでかい旅行カバンまで確保しておっかなびっくり飛行機に乗ることになったのだから、少なくとも出発先の関空に着いた時の自分の心境やいかばかりか察してもらえるとは思う。
と言うより実際には始めて降り立った国際空港のあまりのスケールのでかさに、完全に田舎もん根性丸出しでのまれ切っていたのが事実だったりする。
初の長期の旅行と言うこともあってパスポートやら現金の換金やらで、ヒコーキに乗る自分の体調とかなんとかを気にしている余裕ははっきり言ってなかったと言うのが正直な所だ。
こんなことを書くとヒコーキ慣れしている方々からはもはや失笑されるかも知れないけど、いい歳こいて初海外・初ヒコーキ・初長期滞在と色々"初"が積み重なるとそれくらい余裕が無くなるのが人と言うものなのです。

そんな余裕も何も無いテンションで乗り込んだエアバス。
何と言ってもエコノミーなので席の広さは実に最低限と言っていい。
妻に通路側が良いとせがまれて何の気にもせず譲ってあげたけど、確かにこの狭さで両脇に人が座っていると何かと気を遣うし忍耐はなかなか必要だ。
前泊時にはかなりアタフタしていて落ち着きが無かったけど、さすがに席に座ればもうどうしようもない。
冗談みたいな話だけど後は野となれ山となれの心境である。

で、結論から行けば自分の場合、離陸は正直何とも思わなかった。
地面から離れた時もそこから航路に乗せるため旋回する時も、さすがに文字通り「重力に逆らう」だけの加速が入るからなかなかいい感じに三半規管から身体全体がシートに押し付けられるような感覚が襲い掛かるのだけど、所詮一方方向で済む為か恐怖感も大してなく気が付けば上空10,000m近辺と言った感じだった。
ヒコーキの中も狭さこそ大変だったけど、気圧にしても時差にしてもさほど気にはならなかった。
まあ気にした所でどうにかする方法なんか無いのだけど、10何時間も乗っていると疲れよりもとにかく暇になると言うのが問題で自分はとにかく何か食うか備え付けの映画を何本も見ていたりして時間を潰していた。
問題は着陸。
離陸と異なるのは離陸は↑に書いたとおり加速一直線で行けてしまうのに、着陸の場合は重力に「徐々に」従うかのように段階的に高度を落としていくことだ。
パリからフランクフルトでの中型機(日本の国内線レベルか)だとそこまで感じなかったのだけど、さすがに超重量級の国際線ではそんな悠長に真っ直ぐ降りられないらしい。
一瞬グワンっと高度が下がったかと思うと今度は急に高度が「上がったり」もする、しかもこの周期が尋常じゃない位不定期だからこれはさすがに堪らない。
正直に言えば行きは自分はギリギリ耐えたけど妻がダメで、帰りに至っては妻も自分も完全にダウンした。
いや、ヘロヘロさ加減で言えば多分自分の方が症状は酷かったかもしれない。
当日の大阪の気流が悪かったとは言えあの上下動の繰り返しはとても自分の三半規管では耐えられない。

ヒコーキへの恐怖は大分失せたものの、ヒコーキ嫌いの方はもうしばらく治りそうにも無いと言うのが関空に戻ってきてからの偽らざる感想だ。
少なくとも自分の程度の低い三半規管の性能では持ち堪えられないことが完全に証明された。
あのどうにもならない上下動を本当にどうにかしてくれないものだろうかと思う。

断捨離など知らん

2013年01月05日 23:47

と言う今年の目標(?)なんか語りつつ、明けましておめでとうございます。

昨年は何せ結婚と言う大事があったおかげで、公私共に大忙しの1年でした。
おかげで今年の目標なんかまるで立ててもいないまま気が付いたらハイ"2013年です"と言うような趣です。
歳を取ると年月が過ぎ去るのがドンドン早くなるとは皆々が言うことですが、本当に2012年はその意味では圧倒的に早かったです。

さて、そんなこんなで2013年ももはや年始の挨拶なんていう日付ではない訳ですが、私にとってもかなり重要なと言うか転機になる1年にはなると思います、何せ結婚1年目なので。
まずは今年1年、自分と妻がともに無事に結婚生活を送ることが出来ますように。