暑いのはダメとは言いながら

2012年07月29日 10:00

梅雨明け、と思ったらご覧の通りの"例年通り"の暑さが来た。
さすがにこの時期になると「群馬の館林」とか「岐阜県多治見市」の名前が一躍ニュースの一面を飾りだす時期なのだけど、それにも正直もう皆慣れきった感じじゃないだろうかとも思う。
どっちかと言えばそんな最高気温とは殆ど無縁のような北海道の北の果てとか、長野山中とか辺りで「最高気温39.5度!」なんて見出しで出た方がよほどインパクトがでかい気もする。
まあ暑さの度合いはともかく、確かに去年に比べたら今年は"まだ"暑い日は少々少ないと言うのは事実だろう。
それに少なくとも自分の住んでいる界隈なら夜中にエアコンを切ってしまっても寝苦しくて目が覚めてしまうような熱帯夜状態ではないから、昼の暑ささえ消えれば後は何とか・・・といった具合だろうか。

元々暑さには極端に弱い体質だから、この暑さになったらもう躊躇せずにエアコンのスイッチを入れてしまう余りご時世に合っていない人間だったりする。
会社の後輩が「エアコンを付けたまま寝ると喉をやられるからきつい」と言うのを聞くと、全く影響も無くいざとなれば点けっぱなしで寝てしまう自分なんかはある意味強いのかはたまたただの暑がりなのか。
とは言え、後輩の身体の反応も何となく判らなくも無い。
いくら涼しいと言ってもエアコンの風はやはり人工的、作為的な空気には違いない。
いっそ"不自然"な風と言うのが最もしっくり来るだろうか。
しかもそれがひたすら吹き続ける訳だから、人によっては身体に合わないなんて当たり前だと思う。

そんなことを思ったのは、梅雨明け後の土日と言うこともあって思い立ったかのように布団を干そうと窓を全開にしたときのことだ。
当然室内はエアコンで快適な温度、外はもはや溶ける暑さ・・・なのに布団を干している間の外の空気が存外に心地よかった。
そう言えばプールで泳いだ後に帰ろうと外へ出た瞬間も、まだ日も高くて暑いはずなのに妙に吹いてくる熱風でも心地よかった。
勿論、ただ布団をベランダにワサワサ掛けているだけで首筋にはスラ~~っと汗が垂れてきているから、とてもこのまま日中の室外にい続ける気はサラサラ無かったのだけど、それさえなければこの外の空気の方が・・・なんて無いものねだりに等しい思いを抱いてしまった。
自然に身を任せるのが一番、なんて言った所でこの暑さで命の危険に晒されるわけには行かないのである。
それにいくら外の空気が、なんて格好つけた所で日中外で仕事する羽目になっている人からすればこんな暑い室外なんか真っ平御免に違いない。
現にスタンドの洗車機であくせくクルマを拭いていた店員なんか、暑さで相当大変そうだった。
結局この"不自然な空気"に馴染んでしまった自分は大人しくその風の中でじっとしているのが一番なのだと思う。
スポンサーサイト

13日の金曜日

2012年07月15日 21:50

いざと言うときに素数を数えると言うのは確かプッチ神父の癖だったと思う。
確かに1と自分の数でしか割ることの出来ないこの"素数"、私の場合はむしろ落ち着くどころか頭に思い浮かぶ度に違和感を感じることの方が多い。
一桁のはともかくとして、パッと思い浮かぶ小さい数から挙げていっても11、13、17、19、23、・・・、何と言うかあまり気分の良い数字には見えないと言ったら笑われてしまうだろうか。
たかが数字相手に気分が良いも悪いも無いと言うのはごもっともなのだけど、文字通りの"割り切れない"違和感を感じると言うのは何となく判っていただけるんじゃないかと思う。

そんな中でも、違和感を通り越してかなり・・・じゃないな、もう一番嫌いなのが13なのだ。
神を信じている訳でもそもそもキリスト教徒でもないのに、この13と言う数字相手に妙に反応してしまう自分が居るのだけど、正直理由は判らない。
カトリックでもプロテスタントでもないから宗教的理由は無いし、そもそも13日の金曜日と言われても肝心のその映画なんかも実は一回も観たことが無いのだ。
なのに13は特に嫌いだ、少なくとも見たい数字でも使いたい数字でもましてや書きたい数字でもない。
ココまで来ると一種の洗脳じゃないかと少々不安になってしまうけど、数字とか無機的なものにも"生理的"に受け付けないと言うのが当てはまるなら、間違いなく私にとって"13"はそれだ。
本当に生理的と言うほか無い、だって理由が無いと言うか不明なのだから。

そんな自分が木曜日の出張で乗った行きの特急の指定席が13番、そして帰りの新幹線は13号車、更に土曜に乗った新幹線は13号車、日曜の帰りの新幹線では13番席・・・。
何かとんでもなく因縁を感じてしまう週末の電車乗りだった気がする。
肝心の週末の予定はまるで何も無く順調に終わったのが不思議なくらいなのだが・・・。
本当になんだったんだろうか。

全身だるくて起き上がれない

2012年07月08日 18:04

と言っても夏風邪を引いた訳ではない。
実に一月以上ぶりに泳ぎに行ったら案の定ヘロヘロになってしまったと言う毎度の落ちなだけだ。
それ位、六月は尋常じゃない位公私ともに、平日休日共に忙しかった月だった。
休日に至るまで最初の二週は土曜に出勤して、残りの三週は全て用事で泊りがけ・・・と少なくとも土曜日に家で大人しくしていたことが無かった月なんてさすがに会社勤めになってから・・・と言うより生まれてこの方初めてだ。
とかくそれ位忙しかった月だった。

さて、季節はもう夏。
だからこの時期のプールなんか冬場の寒さの恐怖とは打って変わって気持ち良いことこの上ない。
久々だと言うのに暑い室外から冷たい塩素の水の中に身を沈めるとホントに身体の熱がスーーっと消えて行くのが判る。
だから随分久々で、「今日は無理に泳がず身体を伸ばすことに専念しよう」と心に決めて掛かったくせに気が付いたら結局いつも通りの遠泳ペースで"無理に"身体を進めようと心変わりしている自分が居て、泳ぎながら苦笑いしてしまった。
とは言え所詮は久々すぎて肩も脚もガッチガチに固まってしまった自分の身体は次第に言うことを聞かなくなって1キロも続かなかった。
数年前の自分は何であんな2キロもガシガシ突き進むように泳げたのだろうか・・・、なんて不思議に思ってしまう。
衰えなのか鈍りなのか、また当分忙しい日々になるだけに次回に泳ぐ頃にはまたリハビリになるだろう。

その帰り、インプのオイル交換をしながら車高調コーナーを眺めてると、前回の3人旅でもインプの足回りで少々話題に上がったのを思い出した。
何せ190,000kmを純正でしかも交換も無しで乗り切ってきたのである、抜けてないほうがおかしい。
その癖にこの足回り・・・何故だか今まで私はこいつを何かしら変えようと画策しては考えだけで実行してこなかった。
給排気もブレーキもクラッチまでしっかり替えてきた自分が何故か・・・。
果たして車高調に替えた所で自分のインプの走らせ方が何か良くなるのか?・・・と言う疑問がついぞ抜け切らず、FISCOまで走ったときですら純正のまま行ってしまったのだけど、良い加減足のオーバーホールと言う名目でも良いから交換しても良いと思うようになってきた。
それに何だかんだでもう少し車高が下がってもインプなら格好は悪くはならないはずだ、ミニバンや軽ならいざ知らず。
と言うことでようやく重い腰を上げにかかったのである。
久々に部品メーカーをアチコチ物色中である。
TEINの新作もインプ用が出たし、そうでなくとも定番のモデルもまだあるから多少¥を掛けても良いかも知れない。
残念ながら純正チューナーたるSTIには車高調はもうラインナップもされていないから、今の所はこの辺だろうか。
ともあれオーバーホール、と言うよりリフレッシュに近いものが今回の目的だから無駄にハイスペックを求める必要も無いし、それこそ猫に小判になりかねないだろう。
幸い、信頼できる情報筋の先生が居るのでまた要相談である。

半クラの達人、本願寺常座衛門(byサムネ元帥)

2012年07月04日 20:14

そんなことを言われても、上り坂でしかも砂利道と言うよりは岩と穴でボコボコの路面ではさすがにコントロールのしようが無かったとしか言いようが無い。
事情を知らない人から見れば、一体何のこっちゃと言う話だろう。
GT40さんの新しい愛機になったランサーエボ8のステアリングを初めて握った時の運転しだした瞬間は実はこんな感じだった。

ことの始まりは昨年の"梅雨の時期にあえてドライブに行こう"と言う「梅雨ドラ」を今年もやろうとなった所からだ。
参加するのは例によって(?)もはやクルマつながりとなればのサムネさんとGT40さんと私の3人体制。
そして今年はそのGTさんが買い換えたエボ8の事実上の初陣だった。
そうなるとココは一つ相当なドライブルートを・・・と言うよりも、実はプランナーたるサムネさんからはほぼ当日まで"何処までどうやって"走りに行くかは知らされてもいなかった。
判っていたのは宿代と当日の集合時間のみ・・・。

そんな不安なのか期待なのか一切判らないまま当日のサムネさんによる説明からすると、何と山梨県は甲府方面を経由して一気に長野は蓼科まで走りこむなかなかの・・・と言うよりかなりの強行軍ルート。
何せ設定したサムネさん本人すら「相当なハードスケジュールですよ♪」と言い切る始末。
少なくともその時点で走行時間はかなりのものになるとは予想は付いた。
そして実際あっちゃこっちゃ山と言う山、峠と言う峠をグングン登っては下りを繰り返し終いには落石により通行止めを食らい思い切りふもとまで引き返すと言う大技まで出た結果が、8時間超にも及ぶ長距離(と言うより長時間)ドライブになってしまっていた。
下道に高速に峠道とあらゆる道をあそこまで、そしてここまで長い時間途中休憩を挟んだにしても走り切ったのはさすがに初めてだった。
幸いなことにインプは勿論他の2台にもトラブルも起きず、入り組んだ山道で運転手が酔うと言う予測の事態に陥ることも無く、無事に宿まで辿り着くことには成功した。
さすがに山道丸々引き返したせいもあって宿に入るのは大分遅刻してしまったのだが・・・。

2輪のツーリングと違い、さすがにクルマ3台で常に同間隔でツーリングするのはなかなか難しい感じだった。
今回は案内役のサムネさん(セリカ)が先頭に、真ん中にGTさんを挟んでしんがりに私のインプが入ったけど、さすがに最後尾にもなると自分は前の2台に対して"最低でも"1テンポ遅れ気味に付いて行くことが多かった。
2輪なら思い切ってクルマの間を縫ったりして挽回も多少効きそうなものだけど、随分と先導のサムネさんには気を遣ってペースを見てもらえたとは言え、こればっかりはどうしようもない感じだ。
反面巧いこと峠道で3台連なってそれなりのペースで走れた時はなかなか楽しかった。
綺麗にほぼ等間隔で連動して走って行く様は後ろから見ていても良い眺めだ。

さて、さほどサプライズなことも無く無事に終わった感じがするけどどうだろう。
GTさんのエボ8に乗せてもらった際には、恐る恐るな私を尻目に次に乗ったサムネさんの思い切りの凄さに驚いたついでに目眩を覚えてしまったけど、やはり巧い人は違うものだと痛感する。
当然ながら私にあそこまで振り回せる自信は・・・自分のインプですらない、当たり前か。

後はまあ・・・他にも報告することはあるけどまた次回にしよう。
来年と言うか次回も有るのだろうか。
結局何だかんだで付き合いの長い3人だけに、いそいそと出掛けてしまう気はする。
[半クラの達人、本願寺常座衛門(byサムネ元帥)]の続きを読む