熱海網代街道開墾作戦

2012年05月29日 20:00

珍しいと言えば珍しい。
月曜に休みを取って日曜~月曜にの熱海~網代温泉への旅である。
とかく友人と何処か行って何かするならまず温泉、が私とその周囲のもはや"御決まりごと"のようになりつつある最近、悪友ねむ2と企んで思い切って温泉宿まで予約たのだ。

沼津ICから一度国道1号へ渡り、一気に東の山越えをすれば一気に開けた太平洋と共に熱海・網代方面へ到着する。
今回は折角なので行きも帰りも躊躇せずに第2東名を使ったけれど、なるほどこいつは走りやすい。
道路の半分位は片側3車線の上1車線コごとも心なしか広く感じるし、何より山の中を通したのに上り下りの勾配も曲がりくねったカーブもそこまできつく無いから、気が付いたら結構な速度で猛進している自分が居て慌ててアクセルを抜くことも度々有った。
さすがに何度も捕まっていられない。
景色はさすがにひたすら山の中、静岡周辺に来ればあちこちに茶畑もあって走りながらの眺めは決して悪くないと思うけど、やはり海沿いの北陸道やうねった中央道と比べたら面白みも緊張感も相当"無い"。
とは言えただひたすら走るにはこれほど理想的な移動ルートも無いだろうと思う、運転席より助手席後席の住人が喜ぶ道だろうか。

そんな無味乾燥とも言える高速の移動から一転、熱海方面への山越えは俄然"やる気になる"ルートになる。
日曜とは言え半端な時間に突入したおかげで渋滞もさほど無いから、後は余計な速度で突っ込みすぎないことだけ気を付けてやる気のままにインプを推し進めて行けば良い。
とは言え来宮駅からいよいよ熱海市街地へ入るとこれが猛烈な坂道だらけでかなり難儀する。
一歩入り込んでいざ出ようとする時に悲惨なまでの坂道発進地獄と化すので、クルマで市街地をウロウロするのは余りお勧め出来ないと思う。
毎度ながら小心者丸出しの私はこの期に及んでも思い切りエンストをしまくったことを告白してしまおう。
県道11号にして勾配9゜は伊達じゃない。

宿へ向かうまでの時間、観光しようと寄った中の一つがその来宮駅の近くの来宮神社である。
二人して驚かされたのがその下界との隔絶感だろうか。
一歩出れば先ほどの駅や県道、更には新幹線まで走っているのに、立派な鳥居から一歩中に脚を入れば樹齢2,000年を越す大楠をはじめとした樹木に守られているかのように神社は完全な別世界の中。
神社の中に居る限りはとても市街地に居るとは思えないほど静かでもある。
その別世界を作り上げている主役、大楠にして存在感は圧倒的、時間を忘れて二人でぼ~~っとしてたのは公然の秘密である。
そんな実に神秘的な神社参拝の次に起雲閣と言うかつて旅館だった建物を見学しこれまたのんびりと庭や建物内を巡る。
俗世を離れてのんびりするための旅とは言え、どうにもこの二人は観光地にしてもアクティブな行動にはなかなか行こうとしないらしい。
まあそんな二人だからこんなマニアックな旅行計画になるのだとも言える。

さて、日も傾いたのでそろそろ宿へ向かおう。
宿は熱海港よりしばし海岸沿いへ走り込み干物銀座とまで言われる網代港へ向かう。
その網代港を目の前に臨む宿が今回の潜伏先・・・もとい宿泊先だ。
ただでさえ温泉好きの二人はその後風呂に入っては喋りまくり、酒を飲んでは喋りまくりまた風呂に入っては喋りまくり・・・予約無しの貸切風呂を先取りして長時間占拠すると言う不届きな真似を2度もやらかしては二人で盛り上がってしまっていた。
日曜宿泊はこれだからありがたい、土曜なら他の客も多いだろうからこうはいかないはずだ。

二日目、私にしてはかなり飲んだくせに二日酔いも無く出立。
長谷観音堂で三十三体観音像を拝んだのだけど、それにしてもなんでこちらは千手観音がやたら多いのか気になった。
三十三体と言えども実は同じ様な仏像様が何体も有って決して三十三体全て違うわけでは全然無いのである。
そして千手観音様大人気・・・確かに三十三間堂にも千手様はいらしたのはいらしたが・・・?
そうそう、この長谷観音堂もそうだけど熱海城にしても"何故か"トンネルを抜けて唐突に直ぐと言う立地のものばかり。
おかげで近くまで寄ったにもかかわらず、行きは完全にスルーしてしまい戻ってきてやっと見付かると言うトラップが連発だった。
もうちょい反対車線にも気を使ってくれやしないものか・・・。

さて、実に充実した旅なので駄文も余りに長くなってしまった。
今回の旅行で一番良かったのは兎にも角にものんびりと慌てる部分が殆ど無かった所だろうか、気心も知れた悪友相手だと無理を通すことも無いから余計に落ち着いた行動が出来ると言うものだ。
とかく、あくせくとあっちへ行こうこっちへ行こうとせずにのんびりと寺社仏閣を巡り、そして温泉ではもう本当にのんびりとくつろぐことが出来た。
あっちゃこっちゃに書きまくってるので良い加減うざったいかも知れないけど、それくらいのんびりしてしまったと言うのが今回の旅の全て。
実際の所温泉に行くとなった以上、のんびりして何ぼだから目的自体は充分に果たせたんじゃ無いだろうか。
温泉宿まで泊まったのは確かに随分な贅沢をしたと思うけど、おかげで更にいっそう落ち着いて充足した時間を過ごせたと思う。
御付き合い頂いた悪友ねむ2にはただただ感謝。

それでは写真・景色はまたの機会に。
スポンサーサイト

2次元の彼女は連れて行きません

2012年05月26日 23:30

明日はいよいよ予定していた温泉へ出発である。
有り難いことに熱海方面も明日明後日は晴れ、条件はなかなかに宜しいようだ。
それにしても月曜に振り替え休日を取ってしかも行き先は安い方とは言えれっきとした温泉宿なのだから、今までの旅の中でもトップクラスに(私の場合はね?)贅沢な部類に入るはずだ。
今まで泊まると言ったって友人の家に転がり込むか良くても民宿かビジネスホテルだったから、そんな私にとっては温泉宿なんか相当な贅沢行動になる。
根っからの貧乏性なのか金が掛かる行事になった途端に後ろめたいと言うのか「こんなことに福沢諭吉様をふっ飛ばして良いのか」とか考えてしまうのだけど、こういう時はもうむしろ思い切って趣味に"浪費"させるのも悪い話じゃない。
勿論こんなのが何度も有った日にはどんなに頑張ったって財布の中が持ちこたえる訳も無いから勘弁願いたいし、あった所できっと面白くもなんとも無いだろう。
滅多にやらないことだからこそ今更旅の前日になってそわそわと準備に勤しんで、挙句に前日だと言うのにこんな感じで記事を書き込んでいるのだ。
いつもの勢いなら旅の後にずらずらと駄文長文を書き込むのが私の嗜好なのに。

毎回ながら小心者だから、旅の前日のそわそわと言うか慌て具合は我ながら失笑してしまうレベルのものだ。
とにかく時間に間に合うかどうか、ルートは間違えないか(熱海はクルマで行くとするとなかなか道が面倒のようだ)、忘れ物は無いかともっと気楽に構えれば良いものを文字通り「地に脚が付いてない」状況になってしまう。
ココまでそわそわして用意をした割には毎回何かを忘れてきてしまうか、何かを間違えて失敗してしまうのだから人によっては呆れられてしまうかも知れない。
きっとこんな慌て性と言うか視野の狭さが仕事とかの失敗にも繋がってるんだろうな・・・、と考え出すとちょっと凹んでしまう。

いかんいかん、今は仕事はどうでも良い、本当にどうでも良い。
まあ仕事のことは折角だし一度忘れることにしよう。
さて、こうやって記事を書きつつまずは冷静になって明日の用意を進めなくてはいけない。
と言いつつ着替えなども順次搭載は終わってしまったから、殆ど終わっているのだけど・・・。
本当に何か忘れてやしないか、未だに不安だ・・・。

疲れた。

2012年05月17日 01:38

仕事で酷いミスをした。
ホントに最近回らんし回せん。
学生時代も全然うまく行かないことが多すぎてそれはもう酷かったけど、やっぱり私には能力無いな。
もうがっくり

ツイッター張りにつぶやいてみたけどやっぱブログじゃ短すぎるな・・・;
まあたまには。

偉業と呼ぶべきか愚行と呼ぶべきか

2012年05月13日 20:08

190,000km

恐らく今までの中では一番時間の掛かった10,000kmだったはずだ。
見直してみたら、180,000km走りきった時がもう1年半近く前になるから間違いないだろう。
数年前では1年で15,000kmは走り込んでいたのに、それが今では7,000kmも行かなくなった。
何だ、半分以下なのかよ・・・、とも思う。
今の世の中だとある意味これでも普通なのかも知れないけど、それでもかつてほどは乗らなくなったと言うのは間違いないだろう。
栃木と愛知の違いもあるし、中部と東北との違いもあると思う、勝手なイメージだけどやはり東北は随分と愛知に比べると広いし走りやすかったんじゃないだろうか。
宮城も岩手へも何度か足を運んだけど、行けども行けども山の中でなかなか県をまたぐのに相当走りこんだ記憶が今でも残っている。

そんな感じでこの前出先から会社へと戻る際にオドメーターは190,000kmへ達した。
今更ながらこんなクルマでメーター巻き戻す輩なんか居ないから間違いの無い記録だろう。
このインプを買った時点で93,000kmだったから、実質私が乗り手となってからでも100,000km乗ったことになる。
毎回のことだけどこう見ると果たしてこれが凄いことなのか全然凄くも無いことなのか・・・、少なくとも"一般的な"周りの見る眼からすれば間違いなく後者の視点しか持たないのは間違いない。
今までもずっとそういう眼で見られて物言われてきたんだから。
そんなに距離走ってもインプの調子は良いのか、と聞かれると当たり前だけどそんなに良い訳が無い。
走ってて揺れればアチコチガタガタ音はするし、中も外も歳相応に傷も汚れも色褪せも有りまくりだ。
一旦持ち主と言う主観を捨て去って冷静に眺めれば眺めるほど、インプの老衰振りばかり目立って「何でいい加減乗り換えないのだろうか?」と言う疑問がふつふつと湧いてくる。
そもそも人間で言えばもう働きまくって定年退職したお爺さんなのに、村田兆治の如く老体に鞭打ってバシバシ投げ込んでるようなものだ。
しかもマサカリ投法と違ってこっちは乗り手が力づくで"動かしている"のだから、もう休みたいお爺さんにしたらたまったものじゃないだろう。

そんな端から見るともはや眼を覆いたくなる始末のインプなのにまだまだ乗る気満々なのは、ひとえにいざ乗り出せばこれが随分と良いクルマだからだ、・・・少なくとも運転手は・・・、と言う但し書きが付くけど。
何がどう良いのか、と言われるとこれも色々あるけど所詮持ち主の主張でつまりは思い込みだから余り言わない方が良いだろう、言っても他の人に通じるかどうかなんて誰も保証出来ない。
一つ重要なことはこのインプが"小さい"所だろうか、今のスポーツカーが軒並み3ナンバーなのを見ればこの意味が判って頂けるはずだ。
後、会社の後輩とかを乗せて帰る時に「やっぱこの音良いですねえ~」とか言われるとさすがに鼻が高くなってしまう。
いっそ「良い音だろ!」とか自慢したい、怖くて出来ないが・・・。
まだ人様に褒めてもらえるポイントが有る時点で、手放す必要なんか無いじゃないか、とすら思い今日もインプのシートに納まる自分が居る。

意外に速く

2012年05月09日 01:29

スバルのFA20エンジンにターボを載せて来たなあとか思った。
もっと言えばマイナーチェンジの(てことは外も中もそんなにいじくれないはずの)レガシイにもほぼフル新規のはずのFA20がちゃんと載るんだから、いくらトヨタと共同開発と言っても出来上がったものが水平対向ならメインはスバルが乗っける為のエンジンと言う扱いなのだろうか。
確かに例えばマークXなんかに水平対向を載せようとする人は・・・多分居ないだろうなと思う、何となく。

さてFA20にカタツムリ・・・もといターボ、元々ターボの癖に高回転まで回る(回さないといけない・・・;)EJ20に比べたら、はるかにロングストロークなFA20の方がむしろ相性は良いのかも知れない。
但し今時風と言うべきか案の定EJに比べたら遥かに"回らない"エンジンになっている。
相手がレガシイだしやっぱり回すエンジンは好まれない傾向なんだなと思う。
そう考えるとNA仕様のFA20は凄いもんだなと思う、今時7,000まで回せるなんて。
しかもNAで2Lの時点で200PSだから結構詰めたエンジンだと思っていたら、過給器一発で300PSて・・・。
文字通りのドーピングだ、かつては3Lフラット6まで造ったのに、結局スバルは"麻薬"に未だに弱いらしい。
そいでもってトランスミッションは何とリニアトロニック(CVT)一択、300PS・400Nmを受け止められるCVTなんてもしかしてかつてのニッサンのエクストロイド以来じゃないだろうか。
今ならCVTでもそれだけの高出力・トルクに耐えられると言うことなら正直そっちの方が凄いことな気がする。
しかもマニュアルモードは8段・・・"7"は何処いったんだ7は。
ちょっと前までならスバルのオートマチックには"6"段すらなかったと言うのに、一体この2段飛び具合はどうしたことか。

"スバルのビックマイナー"なんて言葉を聞かなくなって久しいけれど(そのせいかモデルチェンジはかなり早くなったと思う)、良く見たら結構とんでもない変更してたりする。

趣味・・・??

2012年05月06日 22:38

連休中、もはや悪友すら通り越して"長年の戦友"に近くなった友人"ねむ2"から、「そろそろ温泉行く予定立てようぜ」と言われてあれやこれやとチャットで打ち合わせしておいた。
私の友人関係があれやこれや結構距離的にもぶっ飛んでることもあって、なかなかこういった旅行を連休中にやると言うのが私の場合少々難しいことが多い。
一つは連休中はまず実家に帰って顔を見せると言う"役目"(と言ったら大袈裟か)もあるので、そう何日も予定を作れないこと、後は友人間の職業と言うか業種の違いのせいとでも言うべきか、連休期間が微妙にずれていてこれまた意外と予定が合ってくれないことが多いと言うのも大きな理由だ。
なので(?)、連休の真っ只中に次の休みと温泉の予定を組むと言う何とも見ようによっては奇天烈な作戦が起きていたりするのである。
良く良く考えたら連休中にこれと言って予定を立ててしっかり行動できたのは、後にも先にも間違いなく岐阜は白川郷へ旅した時くらいじゃないだろうか。
この時ですら、参加人数までまとまったのが連休の一週間前か二週間前、おかげで宿は取れる所を片っ端に当たってようやっと・・・、なんて言うドタバタ振りであった。
そらそうだ、5月の連休に白川郷なんてさすがに人気あるに違いない、既に当時世界遺産に認定されていた訳だし。
どうにも先の予定の立て方と言うのが私(も周囲もかも知れないが;)は苦手らしい、理系の分際で。

そしてやっと決めた行き先も何の因果か私の因果なのだけど温泉なのである
一体私とその友人知人関係の温泉好きは如何なものなのだろうかとかいい加減突っ込まれそうだ、いや御互い様だから突っ込まれない気もする。
サムネさんはもはや温泉クルマ友達なんてカテゴリーでも進呈したいレベルだし、このねむ2にしてもそもそも宝川温泉に次ぐ2度目の旅なので推して知るべし。
趣味嗜好に年齢が追い付こうと必死になっている感じがしてしょうがない、もうしばらくは追い付きそうに無いとは思うけれど・・・。

温泉ついでに言えば無駄に散歩してしまうのもどうやら趣味と言うか性分らしい、こちらの方が更に年寄くさい。
大丈夫なのか私と私の周囲の面々・・・、余計なお世話だろうか。
脚も疲れるから程々にすれば良いものを、あっちこっち巡りに巡って挙句に道に迷うことも多々有るのにどうにも懲りないのか、旅先でも遊びに出掛けた先でも色々店を見ながらウロウロと徘徊しているミヨシケ御一行様なのである、これがほぼ毎回。
この連休中、デートで大阪まで一日出向いたけれどあれこれ見たい所とか買いたい所を巡りまくった割に、後から見ても買ったものも特に無く二人で「歩いただけじゃないか!」と突っ込み合っていたのだから、デートでこの有様・・・どうしようもない。
どうしようもないので、歩く体力が有るのはいいことだと納得しておくことにしよう。

さて、とっとと気分を切り替えてしまおう。
今度の湯治場はどんな所だろうか。
今から楽しみだ。