明かりの点いた部屋で・・・

2012年02月24日 21:28

疲れているのかただ単に冬のせいで布団が恋しいのか、はたまた睡眠欲旺盛なだけなのか・・・。

1~2年ほど前からだろうか、部屋の明かりをつけたままぽっくりと眠りに落ちてしまうことが増えた。
ことの始まりは晩飯の後のんびりと曲でも聴きながらくつろいでいたのが、買ったばかりの座椅子のリクライニングが丁度良い角度だったのも手伝って、気が付いたら夜中の2時3時位までそのままくったりと眠り呆けてしまった辺りからだと思う。
その時も当然部屋の明かりは全開でそれなりに明るかったのでさすがにかなり"眠り"は浅くて果たして寝れたのか余計疲れたのか判らなかった感が強かったものだ。
子供の頃から神経質なのかとてもじゃないけど明るい部屋で寝れる自信は全く無かったのもあって、昼寝や居眠りはまあともかく、夜明かりが点いたままで普通に睡眠を摂るなんて絶対にありえない・・・と言う妙な自信はあった。

ところが身体の慣れと言うのはやはり恐ろしい。
度々とそんな"居眠り"を時折やってしまうようになってからか、次第にどうやら身体(と言うか眼?)がそんな"明るい"寝床に対応し出したらしく、はじめに思っているよりは遥かにのんびりと寝れるようになってきてしまった。
そして今年の冬に至っては寒さも手伝って布団へ行きたがるせいなのか、
①風呂上り⇒②髪を乾かす⇒③何故か落ち着く間もなく布団に入って暖まる⇒④手持ち無沙汰で本などを読んでみる⇒⑤気が付いたら"そのまま"寝てしまう。
な、変な夜をこれまた度々過ごすようになってしまってきている。
どうせなのだから③の前位にちゃんと寝る用意をしておけば良いものを、まるで吸い付くように身体はPCのあるちゃぶ台ではなくぬくぬくとした布団の中へ誘われてしまう。
これがコタツだったらどうなっているか恐ろしくて知れたものではない(我が家には今コタツが無い)。
しかも寝る用意をちゃんとしていない⇒明かりは勿論エアコンもPCも点けっぱなしのまま布団で気が付けば眠り呆けていると言う今時にあるまじき生活ぶりである。
マータイさんが見たら殴りかかってくるに違いない、ホントに節電とは何ぞや?状態だ。
これはさすがによろしいわけが無い。
さすがに今でもまだ明るいのは眼に毒なのか普段起きるべき時間より遥かに早くふっと目が覚めてしまう場合が多い。
とは言え今では随分熟睡までしているようだし、明るい中での睡眠時間も確実に伸びてきている状況だ。
とは言え本当に明かるい環境で寝るのが良いことなのか、正直良くは無いと思う。
何となくちゃんと寝たと言う感覚には乏しい、これも私の感性だからどこまで正確なのかはなはだ疑問だけど。

「コタツに捕食されました」と言う台詞を友人から良く聞いて巧いこと言うものだなと感心していたのだけど、布団もコタツに勝るとも劣らぬ捕食能力を持っているとしか思えない。
毎回せめて寝る用意を・・・、と言う意思なぞまるで役に立たない位身体も心もあっさりと布団へ向いている自分が弱いのか欲求に忠実なのか・・・。
今夜は暗い中寝るだろうか、と大真面目に気にしている昨今である。
スポンサーサイト

タイベル交換の方も必要です

2012年02月12日 00:11

クルマの知識に関しては基本的に私はほぼ完全なサムネ信者だと思う、何せ最も身近で信頼度も高いからだ。

そのサムネさんの言じゃないとは言え、オイル交換に関しては「質より回数」、基本的に最低限のグレードさえ合わせれば無理にコストは変える必要も無いと思う。
このエコと不景気真っ只中のご時世にクルマの油の交換頻度をそんなに稼いでどうするんだとか、方々から文句を言われそうだけど、少なくとも¥はともかく"エコ"を標榜するこのご時世ならむしろエンジンオイル交換はやったほうが良い。
新車ならメーカーの推奨する、中古車なら一般的に言われている交換距離でだ。

そう言うと「エンジンオイル交換でそんなに変わるのか?」と言う文句(?)が今度は飛んでくるに違いない。
クルマに対してさほど(と言うか最近は一切)興味も¥も掛けていない連中ほどこの思いは大きいようで、事実メガトロン様こと私の彼女はそもそも交換の意味すら殆ど知らなかった。
ので半ば力づくで私が彼女のクルマを奪い取って交換に行ったほどであるのだが・・・、そのネタはまた別途。
効果の大小で言えば、私のインプのエンジンだとオイルの劣化の影響は何気に体感レベルで大きい、今更言うまでも無いくらい書いてる通り、エンジン自体の旧式具合と過走行のせいで余計大きく感じるのだと思う。
とかく、自分の場合は加速と言うか、エンジンの回転の差は毎回感じる、と言うか判る。
オイルの交換時期に差し掛かるととにかくエンジンの回転は明らかに悪くなるのを感じる。
右足のアクセル操作に調子の良い時ほどレブがついてこない、「感じがする」じゃなくてホントにそうなる。
ちなみに上記の彼女の場合、相当距離を走った後でオイル交換したせいか、交換直後に運転させてみたら「加速が良くなった!」と大真面目に驚いていたので、やっぱり効果はあるのである。
(一体こやつはどれだけ交換サボってたのか・・・と言う突っ込みはさて置くとして)

そんなことまで思い出しながら、オイル交換をしに行った。
確かに交換頻度が多いのは¥に痛いものがあるものの、少なくともオイルそのものには正直そんなに高いものを奢ろうとは全くしていない、今の私の乗り方なら全く不要だからだ。
今回も安売りしていたので10W-40と粘度も丁度良いしかも化学合成油、で済ませた、定価の半分程度だったのだから財布にもかなり都合が良い。
その下の棚にこんなものまで有ったけど、額を見れば判るとおり何をどう考えてもこんな凄いの要らんのである(しかもこいつは定価のまま)。
正直スバルのエンジンだからってオイルに何か特別なものが要る訳でも無いはずなのだけど・・・、こうもテカテカとアピールするのもどうなんだろう。

交換直後のエンジンの感触はホントに良い。
何と言うか、"クルマに良いことをした"と言う気分になれる。
折角変えたのにこの感触の勢いでどこか遠出して距離を走ってしまおうかと言う欲求に駆られてしまうが、さすがに止めておいた。
オイル交換すらメンテナンスフリーの影響でおざなりにされるのはどうなんだろうか、としょっちゅう思う。
クルマをエコカーとか軽に変える前にやることがあるだろうと思うのはやはり私だけだろうか。

ただの老化じゃないことを祈りたい

2012年02月04日 01:01

この寒い季節と言うのも重なって、風呂にどっぷり浸かる日が随分増えたと思う。
どれ位増えたかと言うと、確実に週二回は湯舟にお湯をしっかり張ってしまっている、独り暮らしの""なのに・・・と言ってたら案外性別は関係無いのかも知れないけど。
とは言えさすがにお湯を張ってしまうと勿体無いとも思えてくるのか、とにかくしっかりと言うよりどっぷりと身体を沈めて湯舟に浸かりこんでしまうから、いざ上がって時計を見てみると冗談抜きに1時間を越えてたりすることもざらだ。
いくら末端冷え性が酷いと言うのもあるとは言えここまで来るとホントに女じゃないかと風呂場でぐったりのんびりしながら苦笑せざるを得ない。
あるいは?風呂好きと言うか温泉好きだったり、寺社巡りが好きで遠出していたりとやることなすこと年寄じみているのだけどいよいよ本気で老け出したと言えなくも無い。
ここで盆栽にでも手を出した日にゃもはや完璧なのだけど・・・、さすがにそんなものに情緒はともかく喜びは感じないのでまだまだそんな先を見る必要は無いと思う。

温泉好きついでに言えば、そもそも大学の同期も温泉好きでわざわざ二人で群馬の山奥に行ったこともあるし、彼女と何処かへ出掛ける時も何故か温泉が毎回候補地に挙がっている。
大学のサークル仲間と飲んだ時も、あくる日にはひとまず「風呂屋行かない?」と言ってしまう(何気に2回とも私が提案していた気がする・・・。)。
そして何よりサムネさんとドライブなり遠出する際には"何故か"毎回温泉か風呂屋が行き先の中にちゃんと羅列されている始末。
かつて私が栃木に住んでいた時も、本社へ出張の際にサムネさんと会った際に
サ「何しましょうか。」
ミ「じゃあ風呂屋。」
サ「行きましょう!」
これがほぼ・・・と言うより毎回のパターンだ。
たかだか温泉の為に伊豆や群馬や中禅寺湖や白川郷(その時も温泉がある宿にしたのは私である・・・(汗)までインプを振り回すのは伊達では無いのである。

兎にも角にも私の「風呂好き」は一朝一夕のシロモノではないのは事実だ。
このECOの時代に何とも不届きな野郎だとは思うのだけど、ただでさえ寒いせいでシャワーを浴びる時間も増えているから湯舟の湯をかぶるので意外と差は無いのかもしれない。
惜しむらくは温泉に同行してくれる彼ら友人の大半が割合長風呂に耐えられない連中だという所だろうか。
群馬の時のように情け容赦無く2~3時間露天でくたばるのもまたやってみたいものである。