南知多のデジャブ

2011年09月30日 21:53

その日の朝になって突然常滑まで行くことにした。
とは言え何か特別なイベントでもあるわけでも無いし、縁もゆかりも無い。
なのに唐突にそんなところへ行きたくなったのは、「適度な距離でインプをすっ飛ばしてドライブしたついでに何処かカメラに収められるような場所へ遠出してついでに散財したくなった」と言う非常にいい加減かつ衝動的な理由。
もっと言えばただ単に"行きたくも無い出張で出先の工場に張り付いてた鬱憤でも晴らしたかった"、だけだと思う。

性分のせいか何処か観光へ、となると海や山の自然より史跡や建物とかいった人工物の方がどうやら好みらしい。
東北で中尊寺金色堂や大谷美術館へ行ったのもそうだし、白川郷もそうだった。
そんな感じで常滑焼・・・と言うよりは土管坂や登窯や未だに残る古い煙突のある風景の方が興味を惹かれた。
そんな勢いでやって来た常滑は陶磁器会館周辺、街の景観そのものは至って近代的と言うか普通だ。
コンビニもあるしクルマもプリウスや軽がス~~っと狭い街中の坂を平気で走っていくし、家屋もちらほらと煙突や常滑の土管が見える以外は現代的な新築の家もある。
ただ散歩道を大人しく順路に従いやたらと狭い坂道を縫うように歩くと、たまにぱっと古めかしい景色が目に入ってきて不思議な気分になる。
それが土管のせいなのか道の狭さのせいなのか何なのか・・・、人の少ない平日に訪れたおかげもあってその狭い坂を独りひっそりと歩いて進むと丁度実家の田舎も昔こんな道有ったな・・・と確かに懐かしい雰囲気になる。
折角だからと道すがらの店でぱっと飯茶碗を買ってしまった。

歩き終えてインプのナビを見ると、知多半島の先端南知多まではまだ相応の距離があったけれど、時間に余裕もあったので更に南下することにした。
折角だからナビを見ながら出来るだけ海岸沿いの道を走る。
そして思ったより早く南知多へ入った辺りで妙な"既視感"を感じ出してハッと思い出した。
「ココは・・・来たことがあるのか・・・。」
まだ栃木にいた頃、週末の出張の後に遊びませんか?となってサムネさん、GT40さんと遊んだ時だ。
確かGT40さんとはその時初めて会ったはずで、実は記念すべき三役(?)揃い踏みした日でもあった。
その翌日GTさんは抜けたけど、サムネさんと二人で行った温泉がまさにこの南知多にあったのだ。
あの時は温泉が目的だったから常滑には全く寄らず直接南知多へ向かったから、途中まで何も気が付かなかったらしい。
景色を見れば見るほど記憶がバンバン目覚めてきて、確かあそこで知多道路へ戻ったよな・・・とか細かい所まであらかた思い出した。
最初は何となくな気分でここまで来たつもりが、何かに目覚めたかのごとく改めてインプのノーズを南知多へ向け直し道を急いだ。
ほぼ半島の最南端まで来た頃に記憶通り"うめの湯"を見付けた、もう数年ぶりになるがその時のままの景色だ。
いつもよりはるかに長く温泉に浸かっていたのは、偶然にも二度目にココを訪れたコトに色々と思いをめぐらせていたからだと思う。
"因果"はさすがに言いすぎだろうけど、常滑でさっさと帰ろうとせずにそのまま来たのにはやはり"何か"あったんだろうかとも思える。
勢い任せのお出掛けにしては不思議と色々起きた一日だった。
[南知多のデジャブ]の続きを読む
スポンサーサイト

モレスキン

2011年09月24日 00:10

仕事で使う手帳として自分はモレスキンを使っている、カレンダー方のやつなので確か2年連続かそれ以上毎年こいつを買って使っているはずだ。
と言いながらも実の所、自分はモレスキンのいわゆる「カルト的な」人気を知ってて買ったつもりは一切無かったのだから、コレも一種の宝の持ち腐れなのかも知れない。
たまたま行きつけの本屋で「そう言えば今年の手帳を・・・」と探していたらたまたまサイズも中身もしっくり来て買った、それが後から調べたり話を聞いたらモレスキンだった、そんな顛末なのだから相変わらず無頓着なのか何なのか・・・。

友人曰く、モレスキン使うなんて「なかなかブルジョワな真似しやがって」らしい。
確かにモレスキンは買ったその本屋でも割と高めの部類に入っていた記憶がある。
手帳も今のご時世、機能だとかサイズだとかで真面目に探し出すともうそれこそピンキリである、高いのは異常に高いし安いのはもはやメモ帳以下も良いところだ。
人によって使い方もテンで色々あるだろうから市場のニーズとやらに答えるとそんなことにならざるを得ないのだろうかと思う。
さてそんなモレスキン、自分が買ったのはウィークリー型だけど↑の通り買ったきっかけはそのブランドではなく単純にハードカバーだったのとサイズ、そして中身の書きやすそうなレイアウト、そんな所だっただろうか。
手帳と言っても仕事柄のせいなのかそこまであれやこれやと書き込むことが不思議と無かったので、ホントに手帳に書き込むのは先々の予定とその日の打ち合わせの内容をメモする程度。
とかくそんな自分の使い勝手にたまたまあったモレスキンは丁度良かった。
ハードカバーなのも持ち歩きや機械油の汚れなど、ある程度使用環境での耐性を考えるとどうしても必要になってくるのだと思う。
やる人は普通のノートでも平気で現場に担ぎ込むのだけど正直汚れとか大丈夫か?と言う気はする。

このモレスキン、過去に一旦生産が終了した後に最近再開したようだけど、そこは生産元はイタリア製と言うこともあっていくらカルト的だろうが使い勝手が良かろうが、正直な所手帳としての品質は如何せん良くない、と言うか安定して無い気がする。
自分の場合、実は昨年のより今年の方が手帳としての"出来"は悪かった気すらする、つまり外した。
一度手に取ってもらってペラペラとめくってもらえば恐らく一目瞭然。
と言うかそもそもそこまで綺麗にペラペラ出来ないと思う、件のハードカバーもチリがあって無いのかなんなのか、ごわついた?と言うのが一番正確だろうか。
とにかく、有名どころの割には、いや有名どころなだけに良くも悪くも"味"が出てしまっていてきっちりした手帳を欲しがる人には全くお勧め出来ない。
新品なのに何故か買ったそばから妙にやれた感がある。
てめえは昔のイタ車か?とでも言う人がいそうだ。

そもそも自分にしたってこの手の機能最優先なモノに""なんか一向に求めない主義のはずなのに(無印なんかその典型例だろう)、思えば自分にしては珍しくそんな味なもんを使い込んでいる、しかも2年か3年連続で、だ。
と言っても肝心の手帳としての使い勝手は確実に必要充分だから、他のやれた感じには目を瞑っていると言っても良いのかも知れない。
それどころかモレスキンのアクセサリーなんかがあると知って欲しくなってしまっている。
ちょっとやばいなと思う。
どう考えても仕事で使う手帳とはまるで関係無しにアクセサリーばかり買ってしまいそうだからだ・・・。

謎のコメダ

2011年09月12日 21:40

何の因果か休日だというのに朝の九時に目が覚めると言う不思議な経験をしてしまった。
しかも翌日の休日もだったから実質一週間丸まるちゃんと朝に起床出来たことになる、こんなこと何年ぶりだろうか、いや実際の所決して"何年ぶり"は大袈裟な数字では無い。

兎にも角にも二度寝も一切受け付けてくれない位目が覚めてしまった以上、布団に転がっているよりは起きる方が良い、と起きるだけ起きて洗顔やら洗濯やら一通り済ませてしまう。
しかし何せ午前九時起床、そこまでやりきっても時間は十時で昼までにすら二時間""時間がある、我ながら信じられんとしょうがないので思いついた家事その他をことごとくやり尽くそうとしたものの、あったのはせいぜい茶を沸かしなおすことと残ってた皿を洗いなおすことくらいしかなく、それでも十時半には完遂。
見事なまでに余裕のある休日の過ごし方である、十時半の時点でやることが失せるのだから如何に自分が日頃薄っぺらい生活を送っているか想像に難く無いだろう、我ながら泣くしかない。
しかし本当に泣いている場合ではない、これはさすがに何かするべきだろうと思い立ったが吉日、急にコメダに行って朝食を、と閃いた、本当に閃いたと言う方が正確だったと思う。
それにしても朝からコメダとは自分の中では少なくとも相当な贅沢じゃないかと言う気がする。
そんなにか?と言うなら"朝から外食"と言い直したらどうだろう、なんか急に贅沢な雰囲気にならないだろうか、朝マックならまだしも場所はれっきとした喫茶店なのだし。

そんなことを思いながらインプに乗るべきかどうかも迷う程度の距離にある近所のコメダへ。
九月とは言えまだ暑く歩いて行くには汗だくになってそうだ。
しかしコメダの駐車場に来てまず驚きの事態が。
朝の十時半、それも平日ど真ん中(いまだ輪番中なのでその日は木曜日)と言うのに駐車場は7~8割埋まった状態。
こんな日にまさか・・・と思いつつ入ればそのいやな予感は的中、喫茶店にあるまじき騒々しさ、そして予想通り禁煙席は満杯で大人しく喫煙席へ座る。
今時喫煙席の方が座席が多いのもコメダくらいじゃ無いだろうか、とか変なことを思うもののこの期に及んではタバコの臭いは気にならない。
さて、珈琲はたっぷりアイスでは自分の御決まりなのだけど、ここでいっそ朝なのにしっかり食べてしまおうとエッグバンズも頼んだらお店の人に一言、
「モーニングはジャムかバターどちらにされますか?」
・・・そう、コメダは十一時までモーニングでトーストが無料だったのを今更思い出した、ホントに思い出した。
何かデジャブを感じつつ(誰かと朝行った時に経験した可能性が・・・;)、エッグバンズを取り下げて素直にトーストをかじることに。
ココが愛知県だと言う事実をそもそも自分は忘れていたらしい、喫茶店にちゃんとモーニングがあるのだ。
まさか早起きした結果がコレとは・・・、と言うか平日午前中の真っ只中に喫茶店が混むのも当たり前じゃないかと思い直さざるを得なかった。

凄いお得だと思っている自分が恐らく、いや少なくともこの喫茶店の空間の中で特異と言うかそもそも自分だけなのだろう。
カルチャーショックってこういうものだと思う。

輪番の影響・・・?

2011年09月02日 18:02

自動車関係での輪番操業が始まってはや9月に入った。
予定では一応今月で最終月になるはずなのだけど果たしてどうなるだろう、秋口になれば確かに電力には余裕が出来るのは間違い無いだろうけど、その先には直ぐに冬が来るし、冬となればそもそも今回の震災で最も被害のでかい福島以北の東北はイヤでも電力消費量は増えるはずだ。
もっとも暖房に限って言えばガスや化石燃料類があるから、夏場のようにエアコン=電気でそこまで一気に消費量が増える訳ではないのかも知れない。
いずれにしても、何かあっさりとコトが進む気もしないのは何故なんだろうか。
こんな所で考えていてもしょうがないのだけど、もはや自販機やコンビニの棚が真っ暗でもまるで気にせず買い物するようになっているのだからそのまま続けてしまえば良いと思う。
あんな所に明かりが無いからってクレーム付ける客も頭がどうかしてると思うのは自分だけだろうか。

個人的な生活で輪番の影響を受けたコトと言えばせいぜい水泳に行く曜日が変にずれて最近週一回に減ってしまったことだろうか。
元々は水曜日と土曜日に行っていたから、輪番のなすがままにずらせば月曜日と木曜日になる。
木曜日はさほど問題なかったのだけど、それでもシーズンのせいかたまに何処かの学校とかの団体に占有されていて泳げなかったことがたまにあって、それはそれでちょっと不自由だった。
そして月曜は実はそのプール自体が定休日だから(栃木の時もそうだったからある意味御決まり??)火曜日か日曜日にずらさないといけない。
と言うのが意外と難しい。
元々定時上がりしやすいのが水曜日だったので自然とそこに泳ぎに行ってた訳で、輪番開始後も日曜や火曜は仕事で残るケースもままある上に、今までの慣れのせいか日曜にしろ火曜にしろ違和感のせいなのかパッと帰宅後にそのまま出掛けるテンションにならず、結局行かないまま木曜へ・・・となる感じが続いてしまっている。

このブログで(と言うか"ブログ"って言葉も大分廃れてきた感があるのは気のせい?;)毎度言っている通り、能力的に維持しようと思ったらやはり週2回は泳がないとこれが落ちて行く一方だ。
体重こそ55㎏の辺りを行ったり来たりで意外と安定しているとは言え、結局筋力は落ちて行く一方だし身体も全然伸ばせてないからドンドン硬くなって行くのをヒシヒシと感じてしまう。
最近は体力よりもその身体を"伸ばせない"ことに随分ストレスを感じるようになってきてしまった。
言い換えれば普段のデスクワークの状態では到底身体が凝り固まっていると言う反動なんだろうと思う。
タダでさえ腰のほうは相変わらずの状態なので、ある時にいきなりバキッとやってしまわないか、妙に不安だ。
こればっかりは文字通り身体を動かさないと予防も何もあったものじゃない。
でも輪番日程に身体を合わせに行くころには、もう遅い気がしてしょうがない、もう一月で終わるのだから・・・。

何かと手を出すのが遅いと言うか何と言うか・・・、自分の性格がどうにも呪わしい。