足元がお留守・・・

2011年07月26日 01:09

たまにインプのホイールで良いのは無いものか、と物色する時がある。
何せモノによっては一本で4万円とか結構凄まじいコストをほこるものだから、いくら今のホイールがかなりボロボロ-RAYSと書いてあるけどトウの昔に絶版モノ、そもそもRAYSの癖に重い・・・-とは言ってもおいそれと手が出るものじゃないから、専らサイズ探しにネットの海を奔走・・・じゃない奔泳?しては時間を潰している。
ネットでも紙媒体でもこの手のカタログをあれこれ並べては探すのは自分では非常に楽しい、これもどうやら人によるらしい。
ダメな人なんかはもう、カタログを見る前に「コレ!」と言って通販なり何なりでポチッとやってしまうのだろう、そこまで思い切りが良いのもその人の良い所だとは思う。

さてホイール探し、当然バネ下重量の軽減とか性能面も重要ながらクルマの外観を決めるファクターとしても比率は結構高い。
マツダのデザイナーによれば、タイヤも含めて「大体ボディサイドの20%占めている」扱いになるらしい、結構どころかかなりでかいとも言える。
だからどんなに性能面で寄与すると判っていても、自分のインプに合わなさそうなホイールにはやはりと言うか食指が沸かない、逆に言えばちょっとした外観重視のマイナーモデルでも「あ、これは・・・」と思ってしまう時がある。
トータルで考えればどっちを取るべきか、さほど難しい問題でもないのだけど・・・その辺を会えて悩んでしまうのはもうお許し願いたいとしか言いようが無い。

悩ましいついでに言えば実は自分のインプに合うホイールの再難関はサイズだ。
実の所最近の社外品のホイールにおいて、もっと言えば今販売されている現行車種もそうなのだけど、クルマのサイズが徐々に徐々に拡大していっているのに併せて、タイヤとホイールも確実に適合サイズが上がって行っている。
販売車種、つまり純正の時点でもサイズが大きくなっているのだから、そこから意図的に変えようとする社外品なんか更にでかいサイズがメインになっていくのももはや自然の成り行きだ。
世の中の"タイヤ事情"がそのように進んだ結果どうなったか、自分のインプに嵌まる"16インチ"と言うサイズがとりわけ社外品の中からかなり淘汰されてしまったのである。
インプレッサ用と言う枠内なら確かに数多くラインナップは何処のメーカーでもある。
ところがクルマからして必然的に性能優先⇒幅もサイズも純正から確実にアップの構図からはどこも逃れようとしていない為、いわば"タダの"16インチ径は本当にお呼びでなくなってしまった。
上述のRAYSにしても、実は適合したのは1~2種類のみだった、TE37なんか完全にラインナップ落ちしたようだ。
こんな所で時代を感じてもしょうがないのだけど、正直ちょっと面白くない。
買う気が起きても「あんたの買うもんはココには無い!」と突き放されたような感じで、購買意欲もあったものじゃないのである。

たまには大きい買い物しても怒られないよな・・・、と思いつつ結局まだ当分は"謎の"RAYSのホイールで過ごしそうだ。
もっと思い切り良く行きたいのだけどね。

スポンサーサイト

アンハッピーリフレインとアジアンヌードル

2011年07月15日 20:45

用事を済ませて買い物に出掛けたついでにCD屋に寄って気が付いたらアンハッピーリフレインなんか買ってしまった。
ボーカロイド・・・と言うより初音ミクとか言った方が速いのかも知れない、今更知らない人も早々い無い気もするけど、ボーカロイドクリエイター(なんて職業も初めて聞いたけど)によるアルバム・・・と言ったら良いんだろうか?
アルバムの棚を見たら初音ミクとかボーカロイド名のアルバムとそれとはまた別だったから、曲を知っててもそこまで諸事情を知らないままに探すこちらとしてはどれがどう違うのか正直さっぱり「??」な状況だ。
わざわざ別レーベルが出ていることなんかさっぱり知らなかったのである。
とりあえず聴いたことのある曲で"アンハッピーリフレイン"と"ワールズエンド・ダンスホール"が欲しかったので、それがある曲をとやけくそ気味にアルバムジャケットの裏側ばっか探してたら何とか1枚のアルバムで見付かったのは運が良かった気がする。
"炉心融解"はさすがに別アルバムだった・・・ので諦めた、さすがに1~2曲の為だけに2枚もアルバムをバシっと買うほどの懐と器の深さは無いのである。

買ったアルバムがそうなのだからしょうがないのだけど、これを落ち着いて聴く、と言うには結構無理があると思う。
何せテンポも結構じゃなく相当速いしボーカロイドの""高音程も余す所無く(誰かの言い回しが伝染ったか・・・)発揮されているから、のんびり聴いてるバヤイじゃない。
あの高音の連続は耐えられない人には絶対耐えられないのじゃないだろうか、そこはどうしてもボーカロイドは電気の声であって人によっては「耳障り」な印象があってもおかしくない、そんな気はする。
そこはとにかく好みの問題だからあれこれ言わない方が良い。
家で聴くよりクルマの中で聴くが速いかと、時間もあったことだしそのままドライブに供させてしまうことにした。
時間が大分速いことを知りつつ、ちょっと行きたいところがあったことを思い出したのだ。

一路、国道を南下して相変わらず判りづらい市街地を抜けながら行った先は「アジアンヌードル」。
結構前にサムネさんから教わった店で、名古屋市内と言うこともあっていずれ行かねばのつもりが随分引張っててしまった。
時間に余裕を持って・・・のつもりが結局着いたのが16:00、店が開くのは18:00・・・、ドライブついででやることが無かったからと言ってもこれは不手際極まりなく、無理矢理家電屋や本屋で時間を潰して何とか18:00直前に再度店の方へ向かうと、早くも他のお客が数組、なるほど人気の程は相変わらずらしい。
事前に聞いていた通りメニューはかなり独特なもの、メキシカンとか大陸坦々麺とかエスニックとか・・・、普通のラーメンはその並びの片隅にあったものの、入ってる具の説明などを見るとやはりそっちの麺を選びたくなってしまう。
とは言えこの時期に辛味のラーメンを頼むと大体発汗でエライことになるので、今回はエビヌードルをお願いする、ついでに調子こいて揚げ餃子も。
さてご到着のエビヌードル、早速スープをすすってみるとこれがなんともマイルドと言うか甘味がある。
エビクリームと書いてあったけどココナッツなのかなんなのかなんだろう、気にしすぎて最初はスープばっか3回位すすってた気がする、大盛なんだから麺を食えと言いたい。
とは言え味わったことがあるような風味なのだけどぱっと記憶が出てこない。
確かに"そっち側"の独特の味だ、でも麺には至って合うから面白い。
脂や塩だけが麺に合う訳じゃない良い例だと思う、その手のこってりした麺とは完全に違う辺りが新鮮だし、少なくともくどいまでの背脂で胃をやられることもまず無い(実は過去数回経験がある)。
エスニックとかの辛味の麺も一度試しておいて良いと思った、麺は基本大盛にしてしまうので餃子とかまで頼むとなかなかのコストになってしまうのはもはやご愛嬌と言うかほったらかして置くことにしよう。
麺に罪は無いし、己の食欲にも罪は無いのだ。

帰りはひたすら"ワールズエンド~"と聴きながら名古屋高速で一気に帰宅。
ラーメンのためだけにドライブするのも何時ぶりだろう。
ラーメン屋と言う割には落ち着いて食べることも出来そうだし、人の落ち着いた夜中にもう一回行っても良いかもしれない。

輪番操業開始

2011年07月04日 19:30

いざやり出すとあっという間に違和感も無くなってしまうのだから、良く言われるとおり人間の感覚なんて非常に良い加減と言うか麻痺しやすいものなのだろう。

良くも悪くも自動車業界の末端にいる自分が勤めている会社も、例外無く木金休みの土日出勤と言う"輪番操業"の輪の中に入った。
おかげで世間が金曜日で「明日から休みだー!」と開放的な気分になっている最中、「明日から仕事だー!」と二日速い"サザエさんブルー"を経験すると言う屈辱的なテンションで自分たちの一週間が幕を開けることになった。
とは言えいざ始まってみれば会社に出勤してやることも、ひるがえって自宅に帰ってきてからやることも正直殆ど変わってもいないのが現実だ、独り身なのでその手の変化の影響が余計出にくいのも有ると思う。
土日出勤だからちょっとは通勤の渋滞も解消されるか・・・と淡い期待を持ったら何のことは無い。
他の近隣の会社も右に倣って輪番操業となっているから、実の所土曜日の交通量は少なくとも殆ど変わっていなかった。
日曜日は多少いつもよりマシな感じだったものの、所詮は程度の差。
むしろ朝も早くから家族連れのミニバンやら軽やら見慣れないなりのクルマが多くなってしまったようで、こちらも期待したほど良くなってはいない。

そしていざ木曜日に休みを迎えても、そもそも自分の休日の日課が変わることも全くなかったのだからこれが良いのか悪いのか…。
結局いつものように自主トレで水泳に行って適当に買い物をして帰る、それだけなのだ。
輪番と言う変化に対して違和感無く受け入れられていると言う好意的な見方も出来るし、全く良い方向に活用出来ていないとも言える。
折角平日が休みになったのだから・・・、とはたまに聞く話なのだけど土日だろうが平日だろうがどうやら居るべき所には人は集まってしまうように出来ているらしい。
確かに観光地なんかは平日が狙い目なのは間違いないだろうけど、その他自分が良く訪れるような所は変化はさすがに見られるものの・・・、そこまで都合よく人の波が消えた印象も無かった。
勿論、同じ様な境遇になった人が近所に多数居るせいで、と言う理由も見逃せない。

そんな自分の適応性があるのかないのか判らない"大半の"リズムに反して、困ったことに"一部"だけのリズムは実はずれたままになってたりする。
休日にまとめて洗濯とか掃除していたのが輪番操業になってからもそのまま土日で洗濯をしていたり、爪を切るのも毎週日曜にバチバチ切っていたのがそのまま続いていたり・・・。
変な所でイマイチ乗り切れていないようだ。
その程度のものならしばらくすれば勝手に「今の」休みに行動するようになるのかも知れないけど、我ながらのその統一感の無さを見るにつけちょっとおかしくなってしまった次第だ。
さて、自分の暦の上ではもう明日は木曜日なのである。
と、口で言ってもやっぱりそこは違和感が消えない。
世の中の変化について行く身体と頭(の一部)、ついて行かない頭(の一部)・・・。
しばしは自分の頭の中で妙な混乱が続きそうだ。