でかくはない、実は

2011年06月28日 20:44

いわゆるニュルブルクリンクのラップタイムってのが果たしてどこまで重要なのか、とかそんな議論はこの際さて置いて、と言うかさて置いたとしてもだ。
コーヴェット(国内だとコルベットの方が良い?)と言いかつてはクライスラーヴァイパーと言い、この手のアメリカンマッスルはやけにニュルに強い。
モータースポーツ、ことニュルのな所だと如何にもなスーパーな欧州車勢かハイテク+ターボ満載の日本車の出番な感じがするのも致し方ないと言うのに、そんな中にこれら2台は堂々と割って入っているのだからその実力は本物に違いない。
日欧のハイテクに比べたらこいつらの中身は至ってシンプル、と言うよりもはや古典の域。
エンジンですら旧来どおりのOHV、そしてトランスミッションも流行のデュアルクラッチ等のセミATなんか何処吹く風で日本じゃまず見られない6段MT、更には相当な出力とトルクを持っているのにそれを路面に伝えるのはあくまで後輪の2個のタイヤだけ(つまりFR)・・・。
訳知り顔のいわゆる自称"エンスージアスト"連中が貶すには事欠かないスペックなのに、結局本当の実力なんかはそんな数字程度では現れては来ないものらしい。

とは言えこやつらのこの速さは何なんだろう。
動画を観ててもこのコーヴェットの動きは随分派手と言うか随分危なっかしい、FRだからあっちこっちでスライド気味、ステア操作もあれやこれやと振れている。
但し気が付けばやたら滅多に速い。
アメ車の伝統とも言える大排気量+スーチャーと言うのもココではむしろメリットなのだろうかとも思う、下手なターボよりは圧倒的にトルクは出てるだろう、7L級(有名な話、エンジンは元はトラック用・・・;)のヴァイパーなんか言わずもがな。
フロントが相当重くて大変じゃないかと言う気もするのだけど・・・。
でかいついでに言えばこのコーヴェットなんか実はアメ車といえどもそんなに大きくはないと言う事実も大きいかも知れない。
何せ先代から果敢にもサイズダウンに成功したクルマなのだ、詳しくは知らないけど最近のヨーロッパのスーパースポーツよりも下手したら一回りは小さいかも知れない、つまり軽いはずだ。
少なくとも「アメ車」と言う概念で括るにはかなりかけ離れた凄さを持っているのは間違いないと思う。

それにしてもFRはともかく、従来通りの6段MTでニュルを走るのはどんな感じなのだろう。
あの荒れた路面でいともあっさりと"片手"運転になるのは正直恐ろしい気がするのだけど、この辺はドライバーの根性にもよるのだろうか。
スポンサーサイト

「本気でドライブする時は必ず襟付きを着る」らしい・・・

2011年06月19日 16:05

「もう何か気晴らししたいですよ。今度どっか行きませんか?!」
件の震災の一月後くらいの辺り、在京にて多少なりともその被害を被ったサムネさんとのやり取りでその話は決まった。
そして例によってそこにGT40さんも参陣してまさに毎度おなじみの三人での日帰りの旅が決定。
三者のほぼ中間エリアと言うことで、伊豆は大沢温泉までの長距離戦(ドライブ)を敢行することになったのである。
折りしも梅雨時期真っ只中。
距離の長さを考えてもドライブにはいささか不向きな時期だと言いつつも「雨の中を走るのも良いものです。」で全て片が付いてしまう辺り、勢いと言うかノリは恐ろしいものである。

高速で沼津ICまで上り、有料道路を経て湯ヶ島まで。
そしてそこからは敢えて山間のラリーのSSにでもなってそうな曲がりくねった小道をひた走る(それでも名前は立派な県道59号線・・・;)
サムネセリカと前後を入れ替えながら右へ左へ、対向車が来ないかを常に意識しながら前の見えないコーナーを抜ける。
ヘボイタイヤが音を上げて滑らないか、その辺が少々気がかりだったけれど意外と何とかなった。
正直自分が助手席だったら絶対酔ったんじゃないだろうか、幸い今回はずっと運転席にしかいなかったが。
そんな山間部を西へ西へ走ると突き当りが駿河湾、視界が一気に広がって海岸が一望出来た時の気分はちょっとした感動ものだ。
そこから更にひた走ると目的地の大沢温泉へ、ここも随分と山の中。
その奥の山の家、が今回の目的地。
名前の通りホントに山の中にポッと置いてあるような木造の外観、切り立った山肌にそのまま造られた温泉は"秘湯"が文字通り当てはまりそうだ。
雨と言うこともあって私たち3人が訪れた頃には誰もおらず貸切状態、ここまでの絶好のシチュエーションにさすがにテンションが上がりギ気味。

帰りは大人しく国道を北上、とは言え道は相変わらずのうねり具合で2台揃って思い切りドライブを満喫しながら帰途に着いた。
個人的には今まででもベストと言うくらい思い切り走れたルートだったと思う、それ位楽しめたのだろう。
トンネルを通過する度にセリカが猛烈な猛烈な方向を上げて走り去るのを追い掛けるのは毎回大変だったのだけど・・・。
自宅より往復でほぼ700㎞、かつて帰省した時の距離とほぼ同じだけどただ走るだけとは充実感が違った。
お誘い頂き同行下さったご両名に多大なる感謝。
是非次回、また目的地を決めて参りましょう。
その際にはGT40さんの新車の慣らしも兼ねて・・・るんですよね??
[「本気でドライブする時は必ず襟付きを着る」らしい・・・]の続きを読む

姿勢が悪いので

2011年06月14日 19:05

毎週泳いでは身体を伸ばしたり動かしたりしても、結局平日デスクワークで文字通り身体が同じ姿勢で"拘束"されていることが多い。
そのおかげで、度々整体でマッサージを受ける度に「相当腰が張ってますよ・・・;」とか「相変わらず肩が固いですねえ・・・;」とかなり心配をお掛けしてしまっている。
腰に至っては「良くぎっくり腰にならないですね」レベルらしいので、実は結構重症なのだとは初めて整体に掛かって判った話、自分では自覚が無かったのだから始末が悪いことこの上ない。
そもそも座っている時の姿勢も余程悪いようでそこは矯正するべきだと言われたものの、座る姿勢なんか日常の癖と同じ様なもので一旦正してもちょっと気を抜けば(ホントに気を抜くような感じだから普段が余程悪いのだと思う)、あっという間にいつも通りの姿勢に。

さて何か良い手立ては無いものか、とふと雑貨屋で見掛けたこんなものを気が付いたら買ってしまっていた。
雑貨屋自体が明らかに女性向けの雰囲気な所だった上に、折りしも丁度良く「父の日」向けの贈り物とでも見られたのかも知れないけど、例によって「贈り物用ですか?ご自宅用ですか?」と聞かれた際に躊躇無く「いえ、自分用なので」とあっさり言ってしまった。
もはやこの期に及んで恥も外聞も無い。
そもそも、製品自体雑貨にしてはれっきとした健康器具メーカーのシロモノなので、これを買う時点で自分か誰かが腰なり肩なりを"やっている"のはほぼ明確なのである。

さて、こいつ。
上記の通り何気に雑貨屋のファッション性とは裏腹に作ったメーカーは至ってしっかりした健康器具メーカー。
なので、パッと置いて身体を預けてみるとクッションと言う割には固かったりする、中にあれこれ"臓物"が有るので当たり前なのだけど。
そして肝心のマッサージ機能の出来栄え。
これがさすがと言うか結構優秀、この手の半端モノにありがちなマッサージ部の貧弱さが無いのだ、身体の置き方によってはかなりしっかりと「揉まれる」から、腰もそうだけど肩なんかでも充分しっかりとぐりぐりしてくれる。
注意すべきはその強力な揉み具合も所詮は機械仕掛けだと言うことだ。
肩甲骨とか背骨に悪い角度で当たってしまっても、整体師のように位置をずらしてはくれない、ひたすらグリグリと機械が回るからどこまで我慢するかは、その人次第。
最初の位置決めは割としっかりやらないと結局ただの苦痛に成り下がるので、置き方は使う人がちょっと真面目に考えないと、衝動買いにありがちな「結局三日坊主で・・・」になってしまうと思う。

自分は割とあっさりとこの辺、と言う辺りを付けれたので会社帰りなり適当な時間を見つけては毎日スイッチを入れて使ってしまっている。
何もしないよりは随分、特に肩なんか楽になった感があるのだけど、まあそこは気休めに毛が生えた程度と言うことにしておこう。

パンクとボルト

2011年06月03日 22:26

朝気が付いたらタイヤがパンクしていた.
今まで履いていたダンロップはFISCOを走った後でもまだフロントもリヤも余裕はあったのだからもうしばらく,後一回くらいは走り込んでも問題なかったと思うのに・・・.
今朝出勤しようとしたら何の前触れも無く右のリヤが殆ど空気が抜け切っていたと言う衝撃的な事態に陥ったのだから慌てない訳に行かない.
何せ見た瞬間にインプが斜めに傾いていたのだから,そこで違和感と言うか異常を感じない方が余程おかしい.

実は今までやったタイヤ交換,3回中2回はパンクで交換"せざるをえなかった"ものだ.
1回目のパンクの時はスタッドレスからの交換時に気が付いたから厳密には緊急でもなかったのだけど,今回もその突然の異常に「何が一体・・・」と遅刻しそうになっているのも忘れて右のリヤタイヤをまじまじと・・・見つめるまでも無く,どこで刺さったか全く見当もつかないネジ(M5か?;)がくっきり見えていた.
まさかパンクの2度が2度ともネジで穴を開けられてしまうとは全く思いもよらなかった.
正直相当レアなパターンじゃないかと自分でも思ってしまう.
それにしても本当に何処でネジを拾ったのだろう?
以前のFISCOから丁度1年が経ってるからその時拾ったにしてはパンクするのがあまりにも遅すぎるし,そもそも今年の春にラジアルへ交換する際,そんなネジの姿は一切見えなかった.
はっきり言ってネジなんか相当目立つからイヤでも目に入る.
とは言え,通勤その他の範囲でネジがコロコロ転がっているような場所なんか早々有るわけが無い.
ましてや今回も刺さったのはリヤタイヤ,だからおそらくフロントタイヤで巻き上げてリヤタイヤで吸い上げてしまったと言うのが正解だろう.

結局あまりの時間の無さと緊急度の高さで朝は無理矢理エアを詰めて誤魔化し,そのまま夕方にタイヤを買いに行く羽目になってしまった.
しかし既に空気が再び抜けかけの状態では遠出もままならず行った最寄のタイヤ屋がブリヂストン系列のタイヤ館だったのが幸か不幸か・・・.
そんな所にダンロップのタイヤなんかある訳が無く,観念して唯一あるサイズだった DAYTONとか言う謎のメーカーのタイヤにしてしまった.
店のスタッフすら「安いだけのタイヤです」とまで断言したこのタイランド製タイヤなのだから,4本ですら3万円ちょっととホントに安い.
2本売りが出来ないと言う苦しい言い訳を大人しく聞いて文字通りの"その場凌ぎ"で交換してしまった.
ここに来てタイヤ性能のまるで期待出来ない(であろう)シロモノに手を出すとは,と思って恐る恐る乗り出したら,ホントに期待出来そうに無くてビックリしてしまった.
ラジアルからスタッドレスに換えた時のようなあのタイヤの剛性の無さ,いかにも何かの拍子に「グニャ」となってしまうような頼りなさ満載なのである.
如何に今まで自分が使ってきたタイヤの能力が高かったか,と言うか堅かったか全く違うタイヤを履いて痛感した次第だ.
こいつは本当にその場凌ぎにしかならないだろう,でないと今までの勢いで下手したら命に関わりそうだ.
手痛い出費だけど,更に新しいタイヤを今から選んでおいたほうが良さそうだ.