過剰報道にご用心・・・

2011年02月26日 19:58

昨年夏の猛暑のせいで,今年の春の花粉の量は昨年の3倍だとか,いや実は5倍だろうとか散々に大騒ぎしている最中,毎年その花粉で人生大苦戦を強いられている当のワタクシメはどうかと言うと,これがまるで一向に平気だと言う異常事態が発生している。
何せ小学生の時分からスギ花粉には散々敵意を向けられ,集中力は乱されるわ睡眠は著しく妨害されるわ口が渇きまくって唇が割れまくって血だらけになるわ,挙句の果てに毎週治療の為に注射しまくってヤク中になるわ・・・。
もはや20年近くこの「春眠暁を覚えず」なのどかで落ち着いた季節に,当の自分は情け容赦無い闘いに身を投じていた訳である。
哀しいことに同じ様な闘いを強いられてる方々が世の中に(こと日本に)かなりの数がいるのだけど,そんな方々も今年の"花粉3倍"報道にはほとほと気が遠くなってるに違いない。

にも拘らず,だ。
もう来週には3月にも入るというのに,まだ私の元にはその情け容赦無い闘いへの"赤紙"とも言うべき症状の数々が一向に届いていない。
会社でも友人でももう何人かは既にその赤紙を受けて耳鼻科と言う名の出征先へ出向いた者も多いというのに,まるで何処かの大統領の如く徴兵拒否が認められてしまったかのように実に平穏な日々を今まで過ごして来れたのである。
一体全体何が起きたのやら・・・
さすがに3月も目前にしてこの状況は何かおかしいと言うか不思議になって,結局本日自ら志願して耳鼻科への"出征"をすることにした,とは言え症状も無いのにまともに検診を受けられるのだろうか,志願したのに落第するという不名誉極まりない事態も有り得てそれはそれで不安だったのだけど・・・。

そんな昨年もお世話になった耳鼻科の門を叩いたら,この時期にしてはやけに空いていてそこからして拍子抜けしてしまった。
個人的にこの時期の耳鼻科と眼科なんか1時間待ちが当たり前とも言うべき日本の新しい風物詩(当の耳鼻科にすれば儲かる代わりに大変すぎていい迷惑だろうけど)だと思ってたのに,行って保険証を見せたらすぐさま診察室へ呼ばれてしまった。
何かもう,この時点で世間の"喧騒"とのギャップに変なテンションになってくる。
相も変わらず無愛想でやる気の有るのか無いのか読めない医者のおっさんにアレコレ聞かれる。
「鼻詰まりは?」「いえ,全然・・・。」
「鼻水は?」「ちょっとだけ・・・。」
「目は?」「そっちも全然・・・。」
医者のやる気がドンドン落ちてく様子が見えなくも無い,病でもないのに仕事増やすなよ!と突っ込まれやしないかちょっと不安である。
が,突っ込まれることも無く,次に鼻の様子を見て貰うと,
「右がちょっと腫れてきてますねえ~。マスクはした方がいいですよ~。」
と,さすがに症状がゼロでは無かった様である。
とは言えもうそれだけ,後はもうとっとと失せろとばかりに診察終了。
無愛想な医者って妙に腹が立つのは何でだろうか。

一応アレロックを処方してもらうことにはなったけど,どうにも異常が無いのに薬を貰うのは確かに釈然としない。
まあいずれは必要,と自分を説得しながら処方箋を持参して隣の薬局へ。
今度は打って変わって良く喋る兄ちゃんがベラベラと説明ついでに聞いてくる,このギャップもどうにかならんか。
「今年はどうです?もう来ました??」「いや,それが全然・・・(苦笑」
「あ~今年は何かこっち来るのは遅いみたいですよw」「あれ,そんなもんです??」
「何て言うか,過剰報道ですねえ,あれw量が多いのは間違いないらしいですが」「そうなんですか!?」
「今浜松まで来てるようですよ。」「・・・」
と,何か新幹線の運行状況みたいな説明を受けて面食らいながら薬を受け取る羽目になった,なんだろその「今浜松」って。

とりあえず,症状が出ていないのも薬を今の内に貰っておくのも間違いではなかったようではある。
しかし,何か自分にしては珍しく世間の騒ぎに乗ったような気がして心境は複雑だ。
まさかこれで今年一切花粉症じゃなかったらどうしてくれようか・・・。
スポンサーサイト

私の手持ちのコマは・・・?

2011年02月13日 20:31

自分だけかもしれないけど,この寒い冬場になると一つ自宅で問題が発生する。
それは,あれやこれやと家電をフル稼働させたせいで時にブレーカーが落ちることだ。
特にこの時期になるとエアコンと足元のハロゲンヒータはほぼ毎日確実に稼動しているから,タダでさえ自宅の手持ちに対して電流値が余裕がなくなっているようだ。
その「ようだ」が実の所どんなものなのか把握もしてなかったので,興味本位でメインで使用頻度の多い家電のアンペアを調べてしまうことにしたのである。
調べてみると何だかんだでどの家電製品も何処かには必ずアンペアか,無ければ出力と電圧が記載されているから,その手のラベルの位置さえ判れば調べるのは結構容易だった。
さて,このミヨシケ宅のブレーカー落ちの主犯となっている要注意家電は結局何なのか・・・

まず,自宅の"手持ち"とも言うべきブレーカーの数値は30A
こんなものを比較した(大体賃貸物件でもこれが表示されてない)ことも無いから大きいのか少ないのかどうにも判断しかねるけど,一人暮らしのアパートならほぼ標準だろうか,違ってたらごめんなさいである。
さて,そんな自宅内の主に私用している家電の各アンペアはこうなる。

PC+ディスプレイ:3.0A+0.75A
電気ポット(多分煮沸時):9.05A
電子レンジ:7.0A
ドライヤ:12.0A
洗濯機:3.3A
ハロゲンヒータ:5.0A
エアコン:暖房標準:11.2A+室外機定格:8.0A
その他多分照明機器でいくらか・・・

こんな感じ,予想した人がいたらどうだろう?近かったかまるで予想外だったか。
兎にも角にもこの時期なかなか切ることが許されないエアコンだけでほぼ自宅の手持ちの2/3を食い潰してしまっている,さすがにこれはお財布的にもでかい。
普段家にいるときではこのエアコンにハロゲンとPCが"常駐"しているから,それで事実上自宅の手持ちは無くなってしまう。
この状態でちょっと温めものを・・・と思ってレンジを使えばブレーカーが落ちて当然なのだ。
後はもう熱源関係は当然といえば当然なくらい数値は群を抜いている。
今ではその消費電力の高さで殆どセラミックヒーターに置き換わったはずのハロゲンにしても意外やそこまで高くは無くて,それにもましてドライヤーは使う時間が短いにしてもかなりのものだ。

結局ブレーカー落ちを防止するにはエアコンを切ってしまうのが最も手っ取り早いようだ,それだけで相当な余裕が出来てしまう。
この時期に暖め切れてない室内でエアコンを切ってまで他の家電を稼動させるにはそれ相応の勇気がいると思うのだけど,なかなか電気のやり繰りも容易ではないらしい。
自宅でのECOに殆ど興味も示さない自分ですらこのやり繰り様なのだから,真面目に節電に取り組んでいる人なんかどんなことをしているのだろう,とかふと思う。
やはり滅多に?ブレーカーが落ちたことなど無いのだろうか。
末端冷え性で毎年悩まされる自分からするとハロゲンとエアコンの両稼動はどうあがいても守りたい防衛線のようなものなのだけど,そのハロゲンにしても実は5.0A。
なんとも考えさせられる・・・。

マーチとヴィッツに乗ってみる

2011年02月06日 20:15

いつか試してしまおうかと意味も無く企んでいたマーチヴィッツの"ほぼ"同時試乗作戦。
ホントはココにフィットハイブリッドにいっそスイフトまで入れてしまうべきだったのだけど,何せ自分一人でそこまでの試乗車荒らしを敢行する勇気が無かったので諦めた。
そもそも今回の作戦での肝心要の人質(?)たるインプは車検通過後まだ数ヶ月・・・,まともに差し出すにはちょっと誘拐犯の心証をを逆撫でしそうだ。
マーチとヴィッツ・・・,ちょっと前に先発したフィット等も入れればこの辺のクルマのライバル関係はかなり熾烈だと思う。
ちょっと下を見ればもう日本車の最大手,「」が間近に迫っているエリア。
そしてその代表格の2台。
自分の貧相かつ古典的(ぶっちゃけ最近タダのケチで懐古主義者な気もする;)な感覚がどう取るのだろう。
マーチは本当にタイマーチなのか,ヴィッツはあくまで日本ヴィッツなのか,実は見るべき所は異常に多い。

ごく私見です,と言う部分を強調しないといけない。
マーチとヴィッツを同じカテゴリに入れちゃいけない気がすると言う結論になっている,少なくとも自分の感覚では。
アイドルストップさえなければ実は89万円~,この軽を侵略する勢いの価格こそがマーチの全て。
ヴィッツですら一番の廉価版でも100万円を切れないのに対して,このアドバンテージはさすがに大きい。
とは言えグレードと装備が上がればその差は一気に縮む。
ドアの重さ・プレスのライン・内装の散り合わせ・・・,いつもなら殆ど気にしないところにあえて眼をやっていくとマーチのコストカット・生産性の優先度の高さは尋常じゃない。
とにかく要ら「なさそう」なものは片っ端から略されている,そして正直造りの粗い部分は本当に粗い。
自分のように"タイマーチ"と見知った上で重箱の隅を・・・,でも無ければ誰も気にしていないのだろうか。
ユーロNCUPでも相応の評価を受けてるくらいだから,手抜かれてる部分はホントに気にならない所のみ・・・なのだろうけど,ドアの開け閉めからして妙に安っぽい,ここまで金属むき出しでは。
価格が全て・・・と思いつつヴィッツに試乗すると,ドアを開けて閉めた瞬間にショックを受ける。
あのえもいわれぬ合わせの良さは何なんだろうか・・・,本当にタムッっと静かに密着して閉まる感触は凄い。
外装からしてもヴィッツのラインの複雑さはかなりのものだ。
エッジがアチコチで尖り込んでいてマーチの丸みよりもかなり面倒な造りになっている,しかも一見して3ナンバーに見えなくも無い位このカテゴリにしてはかなりドッシリした雰囲気もある。
この差は何・・・?と言う思いがヴィッツの車内で終始悩んでいた事実だ,おかげで信号待ちから何度もエンストしてしまったのは下手くそ以外の何者でもないのだけど;

やはりフィットまで乗ってしまうべきだったのだろうか。
単純に見るとマーチの手抜いた部分があまりにも頭の中で強調されて始末に終えないのだ。
不思議なことなのか当然のことなのか,ヴィッツの造りこみは圧倒的にしっかりしていて,何より真摯だ。
どう見ても手を抜いてない。
そんな中,ホントのベンチマークのフィットはどうなんだろうか。
フィットを持ってしても?・・・

極寒のエンジン

2011年02月02日 23:36

ここ数日は本当に寒い。
日本海側の実家では相当の大雪らしく,同郷の後輩も「あれはやばい」とかなり驚いていた。
少々不安になって実家に電話してみたら,数年ぶりに親父殿が屋根に上がって雪掻きしたらしいから,確かにそこまで降るのは数年来じゃないだろうか。
とは言え母曰く「この前に比べたらいつも通りじゃわ~♪」と毎度ながらやけにのん気に語っていたので,世間様の報道ほどでは無いのかも知れない,母がやたらのん気なだけでは・・・と言われると自信が無いのだけど。

翻ってこっち太平洋側も,朝方だけとは言え雪が降ったりといつになく冷え込んでいる。
少なくとも昨年はこんな状態じゃなかったと思うのだけど,もはや毎朝インプの窓に張り付いた氷をお湯で落とす作業が常態化してしまった。
エンジンだけの暖気がさほど意味は無いと判っていても,さすがにこの冷えようではアイドリングを長めに取らざるを得ない。
そうでなくてもあまりの寒さに車内は勿論金属製のシフトノブはキンキンに冷え込んでしまってるから,少しでも良いのでエアコンを回しておく時間が欲しいという本音もある。
おかげでタダでさえ期待出来ない燃費は今年に入って7km/lすら乗らなくなった。元々通勤ルートは何をどう頑張っても渋滞になるから元々伸びる要素が無かったのだけど,今の時期はそれに輪を掛けてしまっているらしい。
そして通勤距離も中途半端でやっと水温計がいつもの位置まで上がってきた・・・と思った数分後にはもう会社に到着する状態だから,毎日慣らし運転にもなってないような気がする。

なんともこの"寸止め"状態が長続きしてしまうのは,クルマにも乗ってる人間の気分的にもあまり良くないのだけど・・・。
さて,果たして冬はいつ明けるだろうか。