水没寸前・・・とはいかない

2011年01月25日 21:09

こちらだと毎年12月にはいつも通っているプールがメンテで閉鎖されるので,自分の数少ない習慣の一つが一気に歩みを止めてしまう。
しかも昨年はその前に手の怪我で更に一月泳ぐことも出来てなかったから,実は二月ほどその”習慣”がなかったことになる。
二月も間が空いてしまえばれっきとした習慣の終わりだと思えなくもないのだけど,そこはやはり未だに(?)衰えを知らない健康ブーム(そもそも長すぎてブームでもない気がする・・・)に少なからずあやかりたいのか,何はさて置きただ気晴らしの為に身体を伸ばしたいのか,はたまたひたすら泳ぐことでなにやら悟りでも開けそうなのか(呼吸が危なくなって別の世界が見えたことはある,三途の川でもないけど)・・・。
結局年始から更に数日,やっと定期どおりに開放しだしたプールの方へ,自分でもおっかなびっくりと言う感じでササッと脚を運んでみたのである。
さすがに二月もの間が空けばやる気よりも「面倒」が真っ先に自分の頭と身体を支配して,文字通りなし崩しのように終わっていてもおかしくなかったのに,我ながらあの綺麗なのか汚いのか判らない塩素水の中がやけに恋しかったようである(とは言え設備的にもそこのプールはかなり清潔で水質も良いのだけど)。

デスクワークが大半の今の自分にとっては下半身よりも上半身の方が筋力の衰え具合はかなり酷い,と言うことは今まで多少サボった煽りで充分経験済みだ。
恐らく今日もまずもって肩に”くる”ことは容易に想像が付いている。
自分の場合,水泳の翌日以降に筋肉痛には全然ならない,その代わりに肩や大腿は相当重さを感じる。
色々言われているけど結局強い衝撃が入るスポーツではないから明らかに筋肉の使い方が違うのだろうと思う。
怪我の心配は早々無いけど,疲れ方はかなりのものだ。
それ以前に果たしてどこまでいつも通り泳げるか,頭と身体,理想と現実のギャップの妄想が泳ぐ前の自分の中であっちゃこっちゃとうごめいている。
勿論大半は否定的な見解ばかりだ。

そんなやる気だけ先行しそうな身体を抑えつつ,久々の塩素水の中にゆっくりと身体を沈ませる。
耳栓はもはや常備品だから水の中とあいまって余計な雑音が一気に消えて聞こえるのは自分の呼吸のみ。
最大水深が2.2mのこのプールだと前に広がる視界は本当に心地いい,とにかく広さが違う。
とは言えそんな悦に浸りまくってるとドザエモンが一つ出来上がるだけなので,とかく腕を回し脚をばたつかせ(正直子の表現の方が正しい),限られたわずかな時間で息を継ぐ。
今までの経験値を食い潰しながらあれやこれやと思い出すことに必死である。
驚いたのは,ブランク明けにしては呼吸がかなり安定していたことだ,冬場でタダでさえ水温も上がらないから泳ぎ始めなんかは特に呼吸が辛くてしょうがないのに,その心配が一切無かった。
自分の横隔膜の記憶力の素晴らしさに感心する,そんなもの無いかもしれないが。
後は腕と脚の出来如何でいかようにでも・・・,と言う淡い期待はやはり淡かった。
息が続いてもやはり予定通り腕があっという間にでくの棒と化して,まともに前に進まない。
理想と現実のギャップはなかなか毎回ながら凄まじいものがあったのである。

兎にも角にも今年も習慣がやっとスタートした。
早く理想と現実のギャップが埋まるよう,今は祈るのみ・・・ではなく回数をこなすしかない。
スポンサーサイト

終わりはまだ見えてない

2011年01月14日 21:49

一昨年こちらへ転勤になった丁度その移動の時から1年ちょっとだろうか。
多分今までの区切りの中では一番時間は掛かってたと思う,移動距離がこちらに来て結構減ったのはどうやら間違いないようだ。

と言うことで,1週間ほど前給油の時にふと「あ,もうすぐか。」と気が付き,いつだいつだと変な所に視線が行って危ないのを抑えつつ,先日ようやくインプの走行距離が"180,000km"に乗った。
3回目の車検を済ませたのが昨年の終わりごろなので,気が付けば自分が乗り出してからでも6年,その間90,000kmを実質走り込んだことになる。
新車で買っても90,000kmなら結構な走行距離じゃないかと思うのだけど,こいつはその丁度倍は走ってきた。
さすがにココまで来ると誰がどう見ても,と言うか本人が見ても相当な過走行なのは間違い無い。
年式にしたってそもそもが'93年製=満17歳だから,下手をすれば今年の4月からはこのインプより後に生まれた人(つまり高卒)が同じ職場に来ると言うことになる。
・・・なんて書くとどうにも大袈裟な話になってしまうけど,自分にしてもこのインプが世に出た瞬間は12歳。
中学校に上がるかどうかの時代だから,文字通り「無駄に」歴史のあるクルマになってしまった。

だからと言って・・・,クルマと言うれっきとした"機械"としては年式どおり,もはや3世代位は古い過去のものだ。
ノスタルジーとか懐古主義に浸れるほど現実は楽な話じゃない。
しばらく安穏と過ごしているとたまに思い出したかのように何処かが逝かれてしまうのはもう一種の定例行事になってしまった。
しかも最悪止まったとしても「今日帰れるかな~」と「代車有るのかな~」位しか心配しなくなったのは完全に悪馴れだ,新車で買ってこれなら普通なら皆怒り心頭なのに。
そのくせ,ふと思い立つと未だにわざと遠回りしたり,行ったことも無い道を走り込んだりしてその脚を止めてやろうという気に一切なっていない。
一体いつの時代の人種なんだろうと自分でも思う。
そんなあっちゃこっちゃ満身創痍の癖に肝心要のエンジンやギヤボックス,更には車体自体は一向に音を上げる気配が無いからその凄さには逆に恐ろしい位だと思う。
余程これは基本の設計が優れているとしか言いようが無い,少なくとも自分の下手な操作に耐え抜いてるのだから(それも90,000km)相当なものじゃないだろうか。

それでも感覚的には「まだまだいける」よりは「後どれ位か」と言う思いの方がさすがに強くなってきた。
とうとう目の前に見えて来た200,000km・・・,が近いのか遠いのか。
正直自分の中ではまだおぼろげなイメージしかない。
はっきりしていることは,結局の所明日も勢いが付くや否やインプのキーを取って何処かへ走り出しているということだ。
目的地が有るのか無いのか,その辺は全くさて置いて・・・。

儀式

2011年01月06日 21:36

実家から愛知の自宅へ戻ったその日。
普段ならどうと言うことのない荷物の重さに肩を凝らしながら自分の部屋に直行する,一般的にはこれが当たり前の光景だろう,いつもなら自分もそうする。
ところが,自分の右手に握られたキーケースの鍵はちょっと厚めの家の鍵・・・ではなく,今時やけにほっそりと頼りないクルマのキーだった。

そそくさとインプの運転席の鍵を開け,キーを捻る前にボンネットまで一度開け放つ。
クーラントの量だけ確認し,地面のエンジンの真下を何とか覗き込んで何かオイル等の液体の類が漏れ落ちていないことも確認する。
ここまでは全く問題無さそうだ。
数日以上間を空けてインプを動かさなかった時に,本当に問題が無いか一通り確認してしばらく遠乗りして目覚ましを掛けるのが何だかんだで癖になっている。
劣化も性能も充分に余裕のある新車ならいざ知らず,ココまでのご老体だとむしろ常に動かしていないとあっという間に呆けたかのように何処かが逝ってしまう。
そんな経験をもうかれこれ毎年のように経験しているから,2~3日ならともかく短かった連休とは言え1週間丸まる動かしていなかった今回,果たして何の壊れも音も無く動いてくれるかどうか・・・,実は不安であった。

インチの低くなったスタッドレスなど一通り見渡し,さてエンジンをクランキングする,クランキングなんて実は死語なのかもしれない。
さすがに1週間置き去りにして冷え切ったエンジンだけに,一瞬火が入るのが遅れたように感じた。
が,不安になっていた割には,あっさりといつも通りのドロドロ・・・と野太い音を立てて眼を覚ます。
ここでようやく部屋に重い荷物を放り投げて片付けることにする,その間アイドルを続けさせエンジンだけとは言え確実に暖気を済ませた。

そしてココからが本番。
インプの,と言うよりそもそも1週間寝正月で何もしていない自分のリハビリの開始である。
相変わらず接点が大分遠くなったクラッチをゆっくりと繋ぎ,スルスル・・・と走り出す。
ブレーキもブレーキで冷えまくりの錆びまくりだから最初の音は無駄にやかましい,これだけでもパッと見故障車に見えなくも無いだろう。
時間帯はまだ夕暮れ前,クルマが多い代りに視界もまだこの時期にしては明るい。
ここからはとにかくインプを"動かす"ことに注力する,半分は実家の雪の中でじっとしていた自分の鬱憤晴らし・・・な気がしなくも無い。
とにかく走れる内は国道を,渋滞で詰まってきたら何の目的も無く脇道へ降ろしてしまう。
こう言う時の行き先も何も無いドライブは貴重だ,愛知は特に主要な道路を走れば殆どの用は済ませられるから,自分でも意外な位知らない道がそれも近場でも多い。
単に自分の好奇心の問題かも知れないけどその日も結局「こんな道あったんだな。。。」と人に笑われそうな感慨にふけりながらアチコチ走っていた。
一通り走れば後は"何となく"でぐるりと回ってしまえばいい,気が付けばいつもの国道に戻る。

何時に無いくらい,エンジンもミッションもかなり広い範囲で動かしまくったけど,どうやら問題は無さそうだ,自分の感覚も大分目が覚めたと見える。
クルマも人間も「呆け防止に」なんて言われたらかなり危険な話だけど,自分にとってのドライブは何かとしっかりとした刺激を与えてくれているようだ。

新年のご挨拶

2011年01月01日 11:11

新年明けましておめでとうございます。
昨年もオンオフ両ラインとも、色んな方々に随分とお世話になりました。
ありがとうございます。

今年もINTERSEC⇒DEACTIVEの方は相変わらずのペースと内容で気が付いたら筆者の駄文の類が書き込まれていると思います。
こんなブログででも暇潰しになれば・・・の程度で、気楽に読んで頂ければ幸いです。
年賀状の類を一切ご用意できず、年始から心苦しい限りで、すっかり忘れていたとは口が裂けても言えないと言いつつこれしか理由がありません。

のっけからずっこけ気味ですが、今年も皆様宜しくお願い致します。