トンネルを抜けるとそこは・・・

2010年12月30日 21:48

雪国だった、こんな小説の名文を引用するしかなくなるくらい、ほんとに見事なまでに電車の外の景色が変わったのだから、さすがに驚いたと言うかちょっと笑ってしまった。

「今年はクルマは止めておき。」
折からのクリスマス寒波のニュースもあって、実家に天気の程を問い合わせた時の母親からの答えがそれだった。
名前の通りクリスマス前後に一気に来た寒波は一旦は引いたようで、雪自体はさほど残ってもいないらしい。
但し、今年の問題は年末年始にまたかなりの寒波が押し寄せてくるだろうと言う予報だった。
多分実家に帰るまではタイヤも交換済みとあって実の所、親が心配するほど危なくは無いはずだ。
問題はその後の寒波の具合でこれがどこを見ても大荒れの予想。
つまりインプで意気揚々と帰省したところで、連休中動かせるかどうかはなはだ怪しいのである。
さてどうするか。
雪道の運転は今更慣れていない訳では全然無いのでそこはいい。
ただ、わざわざインプで帰省したとしても結局は年末年始なんざほとんど家にいるようなもので、何か用事があった時自分の足があるからちょっと移動がしやすい程度のこと。
実家にもそれこそ親のクルマはあるから借りようと思えば何とかなってしまう。
ましてや帰ったまではいいけど、いざ戻るときにまた大雪で・・・、ではさすがに話にならない。
あるいは帰省の道中でもいきなり大雪になたら・・・、と言うことで折角スタッドレスに変えたのは惜しいものの、インプでの移動はスパッと諦めて帰省客でごった返している駅へ足早に向かった。

この選択が良かったかどうか。
正直な話、駅を出てしばらくは「別にクルマでも良かったんじゃ・・・」と言う微妙な後悔が先に出ていた。
とにかく県内は勿論、山を越え岐阜に入り更に米原・・・と滞りも無く進む電車からの景色はまるでいつも通り。
雪が積もっている雰囲気は微塵も無かったのだ。
福井県に入り敦賀を越えてもまるで景色は変わらず。
「おかんもびびり過ぎじゃないのか;」と実家の連中に恨み節の一つでも言ってやろうか・・・、と長いトンネルに入り暗闇から抜けた瞬間・・・。
休耕中の畑、黒い瓦、路面の灰色、全てが一瞬にして真っ白の世界に切り替わった
小説の名文句を思い出してしまうのも無理は無いくらい、見事にトンネル一本で世界が変わったのである。
電車に乗り合わせた他の乗客も一瞬の景色の変貌にちょっとした歓声が沸いていたのだから、あながち大げさでもないと思う。

とは言え、クリスマス寒波の後は大分平穏だったのか路面は良く見れば大分雪も溶けていて、苦労するほどではもはや無いようだった。
駅に降り立っても普通の靴でも十分歩けるレベルで、結局「インプでよかったのかもなあ・・・」とやっぱり親の電話が恨めしくなってしまった。
そんな親は「年末年始にまた降るから、我慢しておき」と全く気にも留めない。
別に我慢するほどクルマで帰省したかったことも無いのだけど・・・、確かに晴れ間はまるで除かないしなにやらもう一波乱ありそうな天気ではある、そうでなくてもとにかくこっちは寒い。
どうやら今年はお正月らしく家で大人しくしているのが一番のようだ。
スポンサーサイト

アラウンドじゃない

2010年12月29日 11:53

いわゆる出産予定日,と言う奴では自分は24日生まれだったらしい。
それが何を考えたのか・・・,母親の胎内が気に入ったのか単に間違えたのか,何か後者な気がしなくも無いけどそのまま遅れに遅れて自分が生まれたのが今から29年前の12月25日の12:32だった,母子手帳の中身を覚えているなんてどうしたんだろう。
今年もクリスマスイブの喧騒を「いつも通り」何でイブに盛り上がるんだろうか,と思う気もせず通り越し,あっさりとその日を迎えた。

さすがに29回も同じ日を迎えると喜びとか歓喜に沸くわけでもない,何せアラサーどころか殆どアラウンドの文字が抜け落ちそうな所にまで来ているのだから
それにしてもあっという間だと思う,他の方も結局こんな感じなのだろうか。
「歳は取りたくない」とは何処でも良く聞く話だけど,結局生きている限りは取ってしまうものなのだろう。
自分は元がやたら老け顔なので,ようやく年齢が追い付きだした(人によってはまだ追い付いてなくみえるらしい・・・)のが少々複雑でもあるけど。

ともあれ,無事に29年間生きてこれた。
平々凡々とは言え,至って身も心も健常なままココまで来れたのは我ながら立派だと思う,こう言うのは親にちゃんと感謝せねばなるまい。
20代最後の1年,何て大仰に言っても何か凄いことが出来るわけは無い,いつも通り生活していつも通りの1年を過ごすのだろう,少なくとも今はそれでいい気がする。

冬支度

2010年12月18日 17:47

今住んでいるあたりだと正直な所,雪なんか降るか降らないか程度のレベルでしかないので,タイヤの交換なんかなかなかしている人も見かけないのが現実だ。
凍結はともかく降りもしない雪の為にアレコレ動くのは確かに面倒だし億劫だ,確かサムネさんも愛知に居た時はスタッドレスなんか履いてもいなかったんじゃなかろうか。
だから自分のように毎年の如く冬支度と称してタイヤを交換する姿の方が,少なくともこちらでは珍しい光景なのだと思う。
あえて交換するのは自分のように実家への帰省かはたまたスキーやスノボでも行くと言うことで,「自分から」わざわざ雪道の中へクルマを突っ込ませる連中に限られてくるのだと思う。
実際先日セルフでないスタンドで給油を受けていたら,店員から「今だったらこれ位タイヤの値引きできますよ!!」とサイズまで細かに見せてやけに熱心に勧めてくれたのだけど,よく見たらブリヂストンはブリヂストンでもREGNOにPOTENZAにPLAYZに・・・ってラジアルタイヤだったことに驚いてしまった。
今ならスタッドレスを売るんじゃないのかよ・・・と思わず口走りそうになったけど,大人しく黙ってチラシを受け取っておいたのは言うまでも無い。
こういうのを土地柄と言って片付けてしまえばそれまでなのだけど,毎年ほぼ確実に雪の中で過ごしてきた自分からすれば実に季節感の無い話だ。

そんなことを思い出しつつも12月の半ばともなれば時間的にも少々余裕が無いくらい。
済ませられるものはさっさと・・・と言うことで,一気にタイヤ交換開始である。

IMG_0042.jpg
まずこれが。
IMG_0044.jpg
哀れこうなりまして。
IMG_0047.jpg
ちゃちゃっとこうなった。

それこそサムネさんの実体験じゃないけど,ナットの締付には毎回気を遣う。
自分の場合は一度締付トルクが足りなさ「過ぎて」,走ってる途中に凄まじい異音で慌てて路肩で締め直した,と言う若気の至り満点なミスを経験したから(さすがにタイヤだけどっかに行った訳ではない;),自然用心して締め付け「過ぎて」しまう。
が,ネジの締結はそもそも締めなさ過ぎても締め付け過ぎてもいけない。
タイヤのナットも言わずもがなで実の所そんなに締め付ける必要は無かったりする。
事実今回は車検後なので最後にナットを締めたのはディーラーなのだけど,いざ緩めてみるとさほどのトルクは要らずあっさりと抜けてしまう。
前に交換した時は自分でも阿呆じゃないかと言うくらい締め付けてて緩めるのに相当手間が掛かった記憶がある。
そんな程度でもちゃんと締結されて仕事をしているということだ。
と言うことで,今回は手感ながら程々で締結しておいた,サムネさんほどではないにせよ長年同じことをやっているから感触は覚えている。

後は抜けきった空気を入れ直し,一通り走りこんで緩みも無く終了。
この辺じゃ至って珍しい冬支度はつつがなく終わったという感じだ。

気が付けば皆携帯

2010年12月05日 14:01

最近出張で新幹線とか在在来線で移動する機会が増えた。
当然,鉄道に乗ってる間・そして乗り継ぎ出の待ち時間は完全にフリー状態,つまり暇なので何か暇つぶしをしてしまえば良いのだけど,この移動中のちょっとした空き時間の消費の仕方がかなり下手だ。
人によっては移動中も書類を広げて仕事に専念する人もいるだろうけど,出張で今から出先で仕事しなければいけないと言うのに電車の中でまで仕事なんかする気が起きない。
そもそも前日の時点で出張に必要な物事はほぼ揃えておいてある意味当然なのだから,電車の中で今更何か取り繕ってもいいことが起きる気がしない,時間が潰せるというのは間違いないと思うけど。

ちょっと前まではMP3を持参してずっと聴いていたりしたのだけど,何が起きたか最近全く電源がONにならずPCにも接続出来ずで今の所使用不可能状態に陥ってしまった。
しょうがないので,元々そうしていたように今回の出張でも結局車窓の景色をぼ~~~っと眺めてはお茶を飲んで,気が付けばぐっすり眠りこける,今回の出張の時もそんな一番簡単なパターンで済ませてしまった。
とは言え季節はもう冬で空調のせいで特に新幹線の車内なんかは相当乾燥していたらしい,眠りから覚めたらやたら喉に違和感を感じてちょっと焦ってしまった。
今時おちおち仮眠も出来ない。

ただし,そんな夢か現かのテンションで電車に乗ってると周りの人たちはホントにセカセカと何かをこなしていることに気が付く,こう言う所が日本人なのだろうか,欧米人はこういう時何をするんだろう(と思ったらあんま変わってないようだ;)
多かった,と言うより非常に目に付いたのは今時の世間の流行なのだろう,やはりスマートフォンだ。
とにかく皆携帯のでかい画面を見ながら,ちょこちょこと画面の上で指をスッスッと滑らせては何かを見たり聴いたりしている,「あっという間に」と言う表現が適切な位随分普及したようで,皆至る所で指をスッと動かしている。
もう一つ多かったのはこれも今や定番じみてきたPSPかDSだった,ゲーム機と言いつつ使ってる人は老若男女をまるで問わない。
ホントに皆買うものなんだなあと感心してしまう,暇の潰し方は上手い。

自分の場合は電車やクルマの移動中の車内で何か出来る体質じゃないので,その手の暇つぶしに手を出す機会が多分一生訪れないような気がする。
そうでなくとも,皆が皆一心不乱に下へうつむいて小さな画面に必死になっているのを見ると,一種の宗教みたいで何とも異様な光景に見えてしまう。
ポータブルとは言えいまや立派なゲーム機だから,嵌り込めばそれはもう一心不乱にならざるをえないのはよく判る,とは言えそれにしても・・・。
皆が皆居眠りこいてるのも異様と言えば異様かもしれない。