通勤の渋滞の中で

2010年09月29日 23:01

サムネさんが先日呟いていたのだけど,ココ最近確かに丸一日からっと晴れていたかと思えば夕立も宜しくかなりの大雨だったりとやけに天気がはっきりしている,と言うよりはもはや極端の領域だ。
朝何も考えずに出勤したはいいものの,夜になっていざ会社の外へ出てみれば情け容赦無き大雨で駐車場までびしょ濡れになりながら猛ダッシュと言うこともあって,結局要るか要らないか何か気にせずに折りたたみ傘を常備する羽目になっている,かさばるわけでもないのだけど無駄なようなそうでないような・・・,少々無駄な気がしないでもない。

会社までの往来はともかくとしても,運転にしてみれば正直雨は嫌いな天気だ。
当然のことながら視界は圧倒的に悪いし,状況によってはフロントガラスは曇ってしまうからなおのこと。
窓を開けてのんびりと涼しい風を車内へ入れることもかなわないからこの時期だと下手をすれば車内は結構な暑さになる,心持ちかブレーキの利きも甘くなった感じがするし,明らかに「冷え」が速い感じがして効き出したとしても一回の交差点の停止で充分元に戻ってる印象すら受ける。
ただ,最も困ったことになるのは実はエンジン,と言うより点火系統だったりする
実は自分のインプ,未だに雨が降るとやたらと調子が悪い。
どうやら何処かから水を被るのか(何処なのか未だに判別も付かない),大雨の日に最初にエンジン始動してそのまま運転しだすと,ほぼ確実に失火と思しき現象が起きる。
ガス欠に陥った方が居るなら想像しやすいかも知れないけど,まさにあのようなエンストするのかしないのか判らない位のやけに不安定なアイドリング状態が続く,何回かアクセルを煽ってやってもタコメーターの針はなかなか安定しない。
結局そんなばらついた状態でしばし運転せざるを得ず,普通に流しているならいざ知らず渋滞で発進と停止を繰り返す場面に出くわすと,かなりギクシャクした動きを取らざるを得ない。
クラッチミートとアイドリングがなかなか合わないからだ。

この"持病"との付き合いはもう数年になる,割と買って直ぐに出た症状だったから早めに色々手を打ったつもりだったのだけど,結局とある雨の日を迎えた時に症状が再発して治ってないことが判ってからは殆ど諦めてしまった。
ただ失火かどうかはちょっと疑わしい,症状が出にくいせいで毎度ながら修理がやりにくいのと,一旦はあれこれと手直しもしたからだ。
イグニッションもプラグも異常は元々から無く綺麗なものだから,本当に実は何処かから水を被ってるんじゃないかと言う気すらするがどうなんだろうと思う。
晴れの日にはまるで不調の「不」の字もないから余計このたまに出てくる症状に悩まされぎみだ。
雨の日の出勤が気分的に色んな部分で鬱陶しいのは実はこんな理由もあったのである。
スポンサーサイト

車検の後とルクラの余談

2010年09月20日 19:03

車検証を改めて見ると,前々回~前回までで大体30,000キロほど走り切っている。
それが前回と今回では大体12,000キロほど,改めて見るに走行距離自体は大分大人しくなったことがよく判る,実家が近くなって帰省に手間が掛からなくなったし,今の住居であればちょっと出かければ直ぐにある程度の店はあるから実際日常で走り込む必要も無くなったのが最も大きいかも知れない。

そんなことを思い出しながら,昨晩無事インプを車検から帰還させることが出来た。
リヤデフのオイル漏れでパッキンを交換した位で(この手のパッキン交換なんかはもう殆どやりきった感もあるけど;),ほぼ全ての項目において異常無く帰ってきたのだから何よりだ。
多少心配になるマフラーの排気音も改めて見ると94db,高いとは言え余裕ゼロではなかった,エギゾーストまで弄ってるのに思ったよりまともなものである。
ブレーキにしても今のパッドにしてから恐らく最もハードな使用をしたのにまだ測定上半分は残っていたから,意外と耐久性よりだったようだ,それでもちゃんと止まってたけど。
こうやって自分のクルマの詳細を数字で事細かに見ていると何となく面白くなってくる,車重もサイトによっては1,200kgだったり1,240kgだったりと意外と割れていたのだけど,実際測定結果を見ると1,240kgが正解だった。

AT者に数日乗ってからインプに乗り直す瞬間はさすがに緊張する,どうしても削れ気味のクラッチの感触も手伝ってエンストしないか非常に不安になる。
ルクラでの街乗りを文字通りの悪乗りで満喫したあとだから余計不安だ。
運転席に座るとルクラとは打って変わってセミバケの各部の出っ張りに身体の位置が自然と固まる,特に意外と肘が動きにくいことに改めて気付く。
視界は予想通りかなり下がった感じがあってしばらく違和感が取れなかった,但し重心も当然低いからクルマ全体の安定感は圧倒的にインプの方が高い,ちょっとオイタして勢い良く曲がってもインプの方がきっちりついてきてくれる感がある。
わざと国道を自宅から逆走して遠回りしてはルクラの感覚を消す作業に勤しんだ。
シフトやステアリングの重さといいアクセルといい相変わらずこいつのダイレクト感は相当だ,ただ喧しく洗いといわれればそこまでなのだけど。

最後はインプ的な悪乗りを思い出しつつ,随分な遠回りを終えて帰宅した。
[車検の後とルクラの余談]の続きを読む

ビックラこかない訳にも行かない

2010年09月19日 00:10

今現在,自分のインプは車検の為スバルに預けた状態だ。
毎回車検の度に何かを"やらかして"修理していたものの,今回はもはや殆ど直せる箇所は直しきったおかげ(?)なのか,さほど修理が必要な箇所が無くて済むので週明けには一通りの作業も終えて自分の手元に戻ってくる予定だ,今までに比べれば一月以上前に見積もって余裕もあったこともありかなり早く終わりそうだ。

そんなこんなで今回例によって確保した代車はルクラ
スバルの新しい軽・・・と言いつつもご存知の通り,今となってはダイハツ車のバッジエンジニアリングに切り替えているスバルのこのクルマは紛れも無いれっきとしたタントエグゼに他ならない。
パッと見た瞬間に「こんなんスバルにあったっけ??」と思った自分の思考が半分は正解で半分は不正解だった訳である。
半分は不正解,と言う事実は一見した外観だけではない。

代車を貸す時の儀式なのか,単に古臭いクルマに乗っている自分に対する涙ぐましいお気遣いなのか(余計なお世話と言う訳にも行かないが;),「ひとまず代車の説明をさせて頂きます~。」とスマートキーやらATのシフトノブの位置まで丹念に説明を受ける。
確かに自分のインプではキーレスですらないわサイドミラーは電動調整は利くもののそもそも手動でしか畳めないわ,シートに座面調整のハイト機構も無いわ,そもそもATノブどころかサイドブレーキのペダルの位置にクラッチペダルが付いてるわ・・・いやこれは余計か・・・。
ともあれ,説明を受けながらちらほらと中を覗くだけでもちょっとした衝撃を受けてしまう,これが今時の軽自動車の実力だと思い知るかのようだ。
代車の癖に(?)グレードがトップのカスタムRSだからステアリングがいきなりのMOMO製だったりするのはともかく,内装の雰囲気が余りにも軽に似つかわしくない位質感が高い。
2年前の車検で借りた時はR2だったけど,その時の記憶をおぼろげに辿っても正直圧倒されてしまう。
これがダイハツゆえなのか今時の軽自動車ならこれが標準なのか,最近の新車事情にトンと疎くなってしまったので断言できないけれど,1クラス以上上の小型車相手でも充分太刀打ちできてしまうと言っても言い過ぎじゃないと思う。
価格も事実小型車のそれなりのグレードとほぼ同等なのである(なんと150万超!!)

オドメーターは1,000km・・・見紛うこと無き新車だ,そのおかげもあってかドアの開閉音もスイッチの感触も随分と重く,静かだ,「カチッ」ではなく「コクッ」と動く。
意図的にそうした静かな感触を出したような音だ,この言いようの無い重さは高級感に直結する。
コラムシフトのノブも,ジグザグ型じゃなくて今時珍しい気もする旧来のボタン型(ボタンを押せばシフトが動く例のアレ)だけど,レバーの動きも剛性感もかなりガッチリしてる,ホントに軽かこれ?・・・なんて不思議な気分になってくる。
そして何よりこいつがスバルの軽には見えないと言い切れるのが,なんとセンターと頭上のコンソールにイルミネーション!まで搭載していることだ。
何のスイッチだろうかと試しにポチッとな宜しく押してみた時には思わず大笑いしてしまった,これが今時標準装備なのだ。
何か今までに無い異世界にでも飛び込んだようなテンションになったら妙に楽しくなってきてしまって,折角だからインプが帰ってくるまでこいつで遊んでしまおうと考えた。
如何にもこんなクルマに乗っているようなドライバーに出来るだけ成りすましてしまおうと企んでみたのである。
何も考えずにただアクセルを踏みこみブレーキを踏み,アームレストを降ろして肘を掛け,そしてイルミネーションは勿論点灯・・・,果たして外から見たこの「如何にもな軽に乗るミヨシケ」はどんな風に映ったのだろうとか思う。
自分なりに,出来るだけこのルクラに相応しいドライバーを精一杯演じて街中も国道もワサワサと走り通してみたつもりだ,人様の代車なのに。
大真面目な話,このルクラが気に入った訳でもなく,ルクラを乗り回している自分の有様が妙に可笑しくて悪乗りしてしまったのだと思う。
とかく,インプに乗っている時とは有り得ない位違う運転をしてたのは多分間違いないはずだ。

こんな悪乗りのまま,明日帰ってくるインプに再び身を預けた時自分はどんなリアクションをするのだろうか,予想が付きそうだし付かなさそうでもある。
はっきりと今までの自分の運転に覚醒するかも知れないし,悪乗りが明後日の方向に働いて「インプ的」な可笑しさにまた変な行動に出るかも知れない。
いずれにせよ,今時の世間から自分のクルマ観は明らかに何かが逸脱していることだけは今更ながら事実のようだ。

肩痛と腰痛の相関関係

2010年09月14日 22:50

職業柄,肩が凝りやすいと言うのは以前にも書いた通りなのだけど,やっぱりと言うか根本的に肩痛の原因(つまり職業柄)が取れている訳ではないから,いくら接骨院とかでほぐして貰っても時期が経つにつれて段々と肩が重くなるのが判ってきてしまう。
なまじ健康的な軽い肩の状態を知ってしまったので,余計負荷が掛かって重くなっていく方の感覚に敏感になってしまう,末期に近い時なんかはよくこんな状態で何年も仕事していたもんだな・・・;と我ながらの鈍感さと言うか対処の遅さに驚いている始末だ。
兎に角,酷くなると痛いじゃなくて本当に「重い」,疲労感と言う言葉がこれほどピッタリ来る感覚も他には無いんじゃないかと思う。

ただ,最近余計に気になってきたのが実はだったりする。
腰痛なんて如何にも年齢的にアレな感じがして哀しい限りなのだけど,辛うじてまだ痛めた訳でもない代わりに殆ど出撃確定寸前の予備役状態らしいからそれはそれで恐ろしい話だ。
そもそも腰がしんどいなと感じたことはあっても,痛みなどの症状を自覚したことが無いから痛めそうですよ?と警告されてもまるでピンと来ない。
定期的に運動(水泳)している自分ですらそんなことがあるのだろうかとかなり不思議ではあるのだけど,やってくれた人曰く,「いつぎっくり腰とかで痛めても可笑しくない位,かなり張ってる」らしい,それも左よりも右の腰の方が妙に張っているらしく,グリグリと揉んで貰っている間しきりに右腰とか右脚について故障したことが無いかとか聞かれまくった。
当然,自分にそんな経験は無いし例によってアルコールもニコチンにもお世話になっていないとか,別に後ろめたさも無く正直に応えたのだけど,答える度に「え~そうなんですか!?」とさも信じられないように返されてしまうから,相変わらずミーハーついでに感染しやすい自分は段々自分の身体について不安になってきてしまう。
いや,結局不安にさせて通院回数を稼ぎたいだけでは・・・と邪推の一つもしたくなるものだ。
それ位,肩に対して腰への不安は一切無い,何か野球選手の故障みたいだが・・・;

但し,右腰の張りが酷いという一つの証拠が実はある。
意識して初めて気が付いたのだけど,うつ伏せなり仰向けなり寝っ転がると右脚「だけ」不自然に開いてしまうのだ,言われて家で寝る際にパッと脚を伸ばしてみたら言われた通り,右脚が突っ張った腰に呼び込まれるのかパタン,と広がってしまう。
対して左脚は割と立ったまま,姿勢を保持できている。
はっきりと自覚した時は自分の身体なのに,と驚いてしまった,確かに右脚の姿勢に違和感がある。
「仕事で椅子に座っている時に脚を組んでます?」
「・・・あ~~・・・ああ!ありますねえ;」
「据わったときの背中の姿勢とか猫背じゃないですか?」
「あ~~もう完全にだらけて丸まってますねえ;」
と,あれよあれよと言う間に身包みはがされたような気分になったのだけど,全ては右脚が語ってしまっているので年貢の納め時は納め時のようだ。
定期的に身体を動かしているのにそれでも腰痛の恐れ・・・なのだから,余程座った時の猫背が酷いんじゃないかと思う。

そんなことを聞いたおかげで,仕事中の時も今家に居る時もかなり猫背を防ぐようかなり意識している。
具体的にどうしたか。
単純に腰と言うか尻を椅子の奥に置くように座るだけ,今まではだらけにだらけて腰をかなり椅子の前に置いたまま,そして背中は背もたれに預けまくっていたので,恐らく横から見るとかなりの猫背になっていたと思う。
それを今の時点ではかなり意識はしているものの是正させている,意識しないと自然と腰が前に出てだらけだすのでこれが結構難しい,悪い姿勢の方が一見楽なのを身体が覚えてしまっている様だ。
ちゃんとした姿勢を維持できると実際問題腰よりも懸念していた肩は早々重くも痛くもなってこない,疲労は軽減できているようだ,それでも段々重くなるのを感じるのでしょっちゅう肩を抑えてはほぐすようにしている。
腰は・・・やっぱり違和感も痛みも感じない,ホントだろうかと思う。
但し右脚は今も開き気味になるので,何かに引っ張られているようだ。
デスクワークが水泳より過酷だという事実を目の当たりにしつつ,怪我の無いように生活する日常が当分続くようだ。

車検前夜の更に2~3週間前

2010年09月04日 00:14

先週の時点で車検の予約は済ませた。
,よりにもよってすっかり運転席側の窓のことをお願いするのを忘れてしまったのだから健忘症も甚だしい。
いくらまだ"動く"からと言って,窓を半開した状態で砂利道なんかを走ってしまえば明らかに折りかけの窓ガラスがそのまま下まで落ち込んでしまうのではないかと言わんばかりにガタガタしているのだから,正直そんなに猶予がある気もしない。
試しに降ろした窓を指でつまんで上下に押し引きしてみたら,そのガタガタ音のとおり何ミリか窓ガラスが明らかに上下に動いたのだから,窓を上下させるレギュレーター辺りが大分磨耗しているのだろう。
間に合うなら明日にでももう一回追加して貰うべきかも知れない。

車検ついでに言えば,ブレーキパッドは交換しなくて済むのだろうか,見積もりの時点では分解確認程度しか見積もってなかったものの,もしかしたら結構減ってなくも無い,そもそも今のブレーキパッドとローターにしてから,栃木でしのいも走ったし,今年は今年で無謀極まりなく富士まで完走しきった
確かに実用性を考慮して割と耐久性よりの性能を選んだのは間違いないけど,しのいはまだしも富士のブレーキングの後でもまだパッドが減りきった感触が無い,少なくとも効きは殆ど落ちたように感じないし音もずっと鳴るような状態じゃないから減っているにしてもまだいけると言うことなのだろう。
まあ,パッドは交換自体はそう難しくもなく時間も掛からないから,最悪はばらした後からでも色々対処は可能だろう,いけるならいっそもっと使い切ってから交換しても悪くない。

それにしても半ば意地を張っているとは言え,とうとう購入してから3回目の車検である,つまり自分が乗り出してからもう6年経ったのだからあっという間だ。
その間で自分の手で走りこんだ距離は約9万キロ・・・新車で買っててもいい加減買い替え時じゃないかと言われかねない,そもそも6年で,だからほぼ通常の1.5倍レベルで走りこんだ計算になる。
オドメーターを毎回見るに付けて思うのは自分のこのクルマへの馴染み具合と言うか熟れ具合が相当良いのだろうという事と,そもそもクルマ自体これ位走ってても大して問題無いと言うことだ。
ラジエーターも燃料ポンプ(こいつはしかも2回!;)も逝かれて一時走行不能に陥ったものの,肝心のエンジン本体もギヤボックス(こいつが真っ先に逝く可能性はあった)もモノコックも,劣化はしつつ結局今の今まで耐えに耐えているのだから,スバルが凄いのか日本車がそもそも凄いのかはたまた個体差なのかそんなに自分の運転が良かったのか・・・。
年式を言うと毎回驚く会社の同僚ならずとも感心する次第だ。
さて,この先は本当にどうなるんだろう。

ちょっとした眼精疲労

2010年09月01日 00:59

PCが半分話相手の仕事相手のような人からすると,目と肩の疲労と言うものはどうにも避けられないもののようだ。
肩凝りが実は酷い,と言うのは以前もどこかで書いていたから知っている人は知っているだろうけど,結局の所肩をやってしまった場合は漏れなく眼も確実に疲労していると見たほうが良い,少なくともココ最近の自分は両方に疲れが溜まり易くなっている。

眼の疲れ,と言っても例えば疲れだして気が付いたら眼の焦点が定まらないとか,乱視のようにぼやけているとかそこまで逝っていたらもはや眼病どころじゃないだろう,ただの過労だ。
お亡くなりになる前に医者に掛かった方が良い。
そんなハードな状況じゃなくても,何の気なしに眼とかまぶたが重いような,身体全体のだる~~っとしたのも含めて眼の動きが何となく良くない感じがする,とは言っても今時なら寝不足も手伝ってそういう人は多いかも知れない。
ちょっとこれは確実に来てるな・・・と思うような状態,と言うか今の自分がまさにそれなのだけど,ふと気が付くとまぶたが軽く痙攣している時がある。
どちらかの眼のまぶたが軽くピクピクと痙攣と言うよりは何か軽く筋が釣ったような感触の方が近い,酷い時には一日中仕事をこなしている間中どちらかの目のまぶたが痙攣を続けてしまってうざったいような,いかにも眼の状態が悪いんだろうな,的なさすがにあまりいい気がしない,そしてそう言う時に限って仕事があれこれ喧しい,上司も喧しい。

このまぶたの痙攣自体は眼精疲労のれっきとした症状の一つらしい,但し少々注意が必要なのはこの場合もし医者に行くなら「眼科」では無く「神経内科」に掛かると言うことだ。
眼科はあくまで眼,つまり眼球内の分野なのに対してこのまぶたやひいては顔面の痙攣や麻痺は神経科の範疇になるということのようだ。
何を隠そう自分が一度眼科に掛かろうとしたら,「その症状は神経内科で見て貰わないと・・・」と丁重に吹っ飛ばされた経験があるので間違いない。
ついでに言えばそこで大人の対応をすればいいのに,妙に癪に障ってしまって結局そのまま神経内科に掛かることはついぞ今まで無いのだから,我ながら不養生も酷いものである。
ココしばらくはだましだましでもさほど意識もしてなかったのに,ここにきて少々症状が出やすくなった感じがする,と言うかこうやって今PCに向かっている今まさに右のまぶたがヒクヒクしていて,何とも言えない状況だ。
こういう時位速めに寝たほうが良いに決まっているが,そもそもそうでない時も速めに寝た方が良いに決まっているのである。
三大欲求で間違い無く睡眠欲が最強だとは自分の身の回りの連中でも共通した見解だけど,こんな眼精疲労を食らう以前にもっと早く用心しなさい,と自分に言い聞かせた次第・・・
健康第一と言う言葉が日に日に重くなってくるお年頃真っ盛りである。