「ここってモンハンブログじゃないの!?」「違います・・・;」

2010年07月27日 23:56

出入りの激しいネトゲと言いつつ,モンスターハンターフロンティア(MHF)の方は未だに続けている。
熱しにくく冷めにくい生来の性格のせいか,勧めてきた友人の方はほぼ完全にドロップアウト状態の最中,自分だけ生き残ったように続いているのは,同じ様に同僚連中が皆脱落した中ひたすら続けている水泳と同じパターンだ,続けていくにつれて徐々にとは言え嵌り込みも深くなっているのも両者に共通している。

そんな折り,たまたまMHFの仲間(フレ)がここのブログを発見した,と言っても実の所MHF上でもブログと同じ「ミヨシケ」で通しているから,パッとググってしまえばあっという間なのには違いないから,ある意味無用心極まりない話ではある。
とは言え何せ第一声が「モンハンの 『モ』 の字もね無い!」とらしいと言うべきか理不尽とも言うべきかのご不満を頂いてしまったので,少々考え込んでしまった。
そもそもブログを始めたのはMHFをやりだすかなり前からだから,ブログにそのネタを書く習慣がはなっから付かなかっただけなのだけど,思い返せば本当にMHFのことは1回か2回しか書いてないと思う。
と,限りなく狭い世界の住人の不満を受けて久方にMHFネタ,と言うか現状の活動状況をば。
正直実際の友人がココを覗く人の大半の状況で興味ある人なんかほっとんどいないと思うのから,以下続きで。
実際問題としてMHF繋がりでここまで見に来れる人なんているんだろうかなあ?と言うのが正直な所だ。
宣伝にも何にもなりはしないつもりで書いておくとしよう。
[「ここってモンハンブログじゃないの!?」「違います・・・;」]の続きを読む
スポンサーサイト

数年ぶりに自分の歯と対面する

2010年07月17日 19:25

たまたま虫歯が無いか気になったのと,歯の掃除とかして貰った方が良いんじゃないかとか思い立って実に数年ぶりに歯医者の門をくぐってみたら,その日の内に,
歯医者「右の親知らずが虫歯になってますねえ~。」
自分「・・・え!?」
歯「奥過ぎて治療も難しいですから,抜いてしまいましょうか~♪」
自「・・・お願いします;」
と言う事態に陥ってしまったのがついぞ一週間前のある日のこと。
それにしても,あの「抜いてしまいましょうか?」の時の歯医者のおっさんの顔と口調がやったらとやる気だったというか楽しそうだったというか笑顔満点に見えてしまったのは気のせいなんだろうか,そんなことを言っても申し訳ないのだけど自分のテンションがテンションだったせいなのかそんな風に見えてしまったのだからしょうがない。

歯医者に行くのが数年ぶり,ついでに言えば歯を抜くなんていうのもそれより更に前だ。
その時は今とは逆,左側の親知らずで結局それも虫歯になってて抜くしか手が無かったと言う次第だった記憶がある,詰まり今回と全く同じ。
確かに親知らずなんか抜かずに済んだという話なんかそうそう聞かない。
親知らず」の名前の通り,気がつけば勝手に生えてくる歯だから歯磨きを如何に真面目にやってる人でもなかなかそこまでブラシを届かせてしっかり磨ける人はいないと言うことなんだろう。
治しようが無いんだから抜くしかないだろうと言う声と,この期に及んでそんな痛い目に遭いたくないと言う声が頭のアチコチで交錯した一週間を過ごし,さて本番の抜歯の日を迎えたのである。

会社の同僚とか友人の話も有ったし一度は反対側で経験した身だから身体が覚えているとは言え,この歯を抜くという行為は到底やってて楽な治療じゃない。
やる事と言えば麻酔を掛けて後は情け容赦無く歯をグリッと引っこ抜くしかないのである。
今回も麻酔の掛け方こそ多少違っていたとは言え,やったことはまるで同じ。
そもそも医療技術はドンドン発達しているからなんて言ったって,この荒業は10年経ってももう変わらないんじゃないかと思うと,医療の進歩なんか実はしていないんじゃないかとすら思えてしまう。
当然麻酔のおかげで殆ど痛くも無かったけど・・・。
しかも今回の場合,歯医者のおっさんが不安を和らげる為なのか,作業の一回一回毎に「これから歯を押します」だの,「これから歯と歯にスキマを作ります」だの内容をわざわざ教えてくれるものだから,自分の口の中がどうされているか知りたくも無いのに判ってしまって終始身体は強ばったままだった。
少なくとも抜歯においてインフォームドコンセントなんか一切要らない,さっさとコトを済ませてくれと言うのが今回の経験から判ったこと,と言うより切なる願いである,正直年甲斐も無く怖くてしょうがない。

今はとりあえず麻酔が切れるまでの束の間をぼけ~~っと抜けた親知らずを眺めながら過ごしている所だ。
改めて見ると確かに立派な虫歯になっている
色なんか変色してるし,到底汚れを落とせていなかったんだろうか。
ついでに言えばその歯医者の情け容赦無き攻撃で破損したと思しき歯の欠けた部位までしっかり見えている,ホントに荒業としか思えん・・・;
ひとまず,麻酔が切れる前にさっさと痛み止めを飲んでおこうと思う,痛くなりだすとホントに辛いのももはや経験済みなのだ。

これ位が丁度良い?

2010年07月09日 18:30

最近特にどこかへ遠出,と言うのがめっきり減った。
こっちに越してからもうそろそろ1年になるのだけど,一番の問題はやはりと言うか¥(ゼニ)の問題とこの辺の交通状況な気がしている。
ゼニが無いのはもはや説明する必要も無いとして,ここの交通状況の最たる問題は結局渋滞と環状線含めた高速道路だと思う。
どうしても下道を使おうとするとほぼ時間帯になんかよらず,渋滞は結構な範囲であって予定通りの時間で動けることなんか殆ど無い。
いつもならナビの設定した時間より平気で数分~数十分は速く移動できていたのに,ここらではいざ出掛ければ"良くても"ナビの時間通り,一度GT40閣下と晩飯を食おうと向こうまで下道で一気に移動しようとしたのだけど,余裕を見て移動したはずが気が付いたら余裕どころか殆どギリギリの時間だったのにはゲンナリしてしまった。
栃木じゃ確かに国道4号か新4号位しか主要幹線は無いとは言え,それでもそこまで流れが止まることは無かったと思うのに,こちらでは裏道と思って入っても皆同じことを考えているのかまるで謀った様に渋滞にはまる。
結局急激な勢いで発達した(少なくとも自分にはそう見える)一連の環状線か高速道路を使うのが適切な方法なのだろうけど,その高速ですら知ってる人は知っての通り豊田JCTや小牧JCT辺りを筆頭に激的な渋滞がまま発生するから手に負えない,何であんな所にJCTを無理に繋いだんだろうかという気がする。
ましてや未だに私はETCもカードも一切持っていないから,環状線にしてもJCTからの路線切り替えが実は相当に面倒だ。
親にまで「買えよ!」と半分怒られている位なのだけど(栃木から実走700キロ超えだから親の言うことの方が筋は通っている;),何だかんだでカードを作りたくない一心からここまで何のアクションも取らずじまいだ。

ココじゃ移動手段としてのクルマの能力は特に落ち込んでしまうのだろう。
その意識もあってか,インプの走行距離はここに来てめっきり伸びていない。
年間20,000km近い勢いで一時期は推移していたのが,現状の具合じゃ年間10,000kmもギリギリじゃないだろうか,こちらに転勤してくる時に丁度170,000kmに乗ったはずだから(なので,引越しのドサクサでその時の写真が無い),何だかんだでペースは半減したことになる。
とは言っても過走行も良い所のうちのご老体だから,今のこれ位の距離はむしろ落ち着いていて丁度良いのかも知れない。
走らなさ過ぎは確かにメカに悪いとは言え,走り過ぎも当然ながら消耗が激しくなるからそれまでのペースからすればここらでちょっと落ち着いても問題無いだろうと思う,と言うより今までが相当な走りっぷりだったと思ったほうが正確かも知れない。
そうでなくてもそもそも燃料ポンプが1度ならず2度もぶっ壊れた位なのだから,もうちょっと自分のクルマを大事にする・・・と言うよりもっと"労わった方が"良いのかも知れない。
今までが大事にはちゃんとしていたけど,代わりに酷使も相当していたのは否定できない,だって今の年間10,000kmにしても世間じゃ普通かむしろ多い方じゃないのか?と今更気が付いたからである,今更気が付くなよと突っ込まれそうだけど,ホントに今更計算して気が付いたのだからしょうがない。
200,000kmの目標にはまだもう少し掛かってしまいそうだけど・・・,そんなものを目標にしている辺り,乗る時には一気に数百km走り込んでしまいそうだ。

クルマに乗ること自体全く嫌いにも面倒になってはいない,とは言えご時世も環境も財布もそれに向いていない現状はちょっと億劫だ。