こいつらの前を走りたくない

2010年06月29日 01:12

エルグランドがこの8月にモデルチェンジするらしい,とは言ってもその外面辺りから察するには2年ほど前に同じ様にモデルチェンジしたアルファードと似たような感じでどちらかと言えばビッグマイナーな風情だと思う。ご時世柄と言うかわざわざ丸ごと新規に設計する余裕は無かったのだろうか。
とは言えモデルチェンジのやり方(?)をアルファードと同じ様にやったのだから,所詮売り上げとか人気も先代同様アルファードの二の次の有様になりかねない気がする,そうでなくともあのラージミニバンのカテゴリーなんか実質アルファード/ヴェルファイアの独壇場なのだから,そんじょそこらでは(どこぞのエリシオン然りで)文字通り歯牙にも掛からない。

しかし個人的に気になるのは毎回ながらのこの"顔"の異常なまでの威圧感と言うかイカツさ。
アルファードにしてもそうだけど,この手のクルマと言い大型トラックと言い何故大型のクルマは毎回ここまで面構えが怖いことになるのだろうかと,考えている度に「?」マークが頭から消えない。
そもそもサイズがサイズだから一度バックミラーに写ったら最後,その威圧感でやられてもいないのに終始煽られているような脅迫感に晒されてしまうのは何だかんだで私だけの経験じゃないはずだ。
文字通りの”押し出し感”に実際クルマごと押し出されるんじゃないかと寒気がすることすらある,それもトラックなら致し方ないとは言えたかだか全幅1,800かそこらのミニバン相手に,だ。
当然重量でも完敗しているから実際押し出されそうだけど,ことにミニバンに乗る連中の大半はこれで確かにあながち・・・と言うよりほとんど間違ってない気もするし,そんな方々が運転するから当然の如く余計おっかない。
重く広大な車体に運転席は勿論そこらの電車より快適な室内,挙句にそれをぶっ飛ばせるだけの充分な排気量と出力まで備えているから,乗っている人はどう考えてもある種の優越感と言うよりもはやある種の「上から目線(実際合いポイントが高いからそうなるのだけど;)」に陶酔出来てしまうのだろう。
だから運転にも余計威圧感と言うか横柄さが感じられてしまう,メルセデスやBMWの類にも似たような感じを受けることはあるのも元を正せばそう言うことなのだと思う。
アレに比べたらスポーツカーの類なんて所詮ただマフラーの音が喧しい”だけ”で大人しいもので済んでしまうと思う。

彼奴らから身の安全を保証する方法は,文字通りの「危うきに近寄らず」に徹することだと経験上さすがに読めてきた。
自分のみは自分で守れとも言えなくも無く,走行車線ならそのままスルーさせ,追い越し車線で追い付かれたらすぐに譲って改めて後ろに付き直す,兎にも角にも最も通常死角になる背後に危険物を置かないこと,これに尽きるだろうか。
背後にあのやたらでかい恐怖感を感じるよりは前方の視界をそのでかい面積で塞がれる方が,随分マシな精神状態に置くことが出来ると思う,但しミニバンの場合後部座席だか3列目だかの変な人がやたらウロウロしているか,ヘッドレストモニターで再生されているDVDの様子が気になるか気に触ってしょうがないと言う問題も無くは無い,夜だと余計目立つけどあれは道交法違反にならないのだろうか?いっそなっても良い気がする。
ところがそんな用心をしていると実の所,アルファードもエルグランドもやたら見かけることに気が付く。
つまり彼奴らから身を守る方法は,ひたすら走行車線で大人しくしているか,追い越し車線をひたすらぶっ飛ばして逃げまくるか,それしかない気が最近している。
・・・んなわきゃない??
スポンサーサイト

思えば最新の製品買うのも何年ぶりだろうか・・・

2010年06月22日 01:57

ここ最近の生活での懸念だったことにようやく結論をつけることにした,正確にはもうつけてしまったのだけど。

結局煩わしいのを承知の上で人生初(それもどうかと思わなくも無い,今時)のデジカメを購入
携帯電話にしてもデジカメにしても,店で色々見るにつけどの時期に買うのが一番なのかさっぱり読めないのは自分だけだろうか。
携帯にしても割と最近落ち着いたんじゃないかと思ってたらそんなことは微塵も無い,むしろ形も機能もあれもこれも多様化が更に進んでいつ何処で買ってもすぐにまた新しい製品が出てくると言う買い手泣かせのスパイラルが全然収まる気配がない。
数ありそうなタイプから今回EXYの30Sにしたのも,たまたま自分が買おうとした時期でほぼ最新で機能も充分だったと言うのがやはりと言うか最大の理由だった,さすがにクルマと違って見た感じで全てが決まらないのが家電製品なんだろうか。
確かに奇抜でもない代わりに手にちゃんと収まるような綺麗な形だし,カラーリングも面白い(なんでもクルマの塗装と同等らしい,実際デジカメとしてはかなり変わった質感が不思議,家電に見えない)。
でも決め手はやはり実際に触らせてもらった時の印象。
あれこれと操作してみた時の使い勝手と性能(つまり写真の写りの良さ),後は液晶のでかさとか機能選択の画面の判り易さとかエトセトラエトセトラ・・・。
デジカメ初心者な自分からすると,兎にも角にもその辺の印象が良かったこれで行こう,と思い切って買った次第なのである。

さて,こやつめの実力やいかに・・・と言うのはこれまた別の機会に撮って確認してみるしかない。
携帯に変わる新しいミヨシケの新兵器はどう活躍できるのだろう・・・。

独り言と言うには

2010年06月18日 03:14

ツイッターとかグリーが結構(と言うより相当?)人気な理由も判らなくも無い気がしてきた今日この頃。
あの,一言一文だけポロッと文字通り「つぶやける」と言うのは,その場その場の雰囲気を著すのに適当だしそもそも長文化する必要も無いから非常にお手頃だと思う。

ブログなんかは元々論文でも載せているような(もっと言えば実名を出すのも標準的らしい)大仰と言うよりしっかりした体裁を持つものらしいから,日本国内のようにここまで日記的な,くだけたブログの方が珍しいと言うか事と次第じゃ間違った使い方になっているのかも知れない。
日記と言いつつしっかりとした論説とか主張があるなら充分ブログは成立するのだろうと思うけど,少なくとも自分の「INTERSEC」の場合はもはや日記と愚痴とあらぬ方向の趣味のオンパレードだから,恐らくは誰がどう見てもブログになりえてないんじゃないかと思う。

自分がココに書き込む場合いかなる内容を考えるにしても相応の時間と文章の多さを稼ぎ出してしまっている気がする,それも毎回のようにだ。
何と言うべきか,ブログに書き込む以上はそれ相応の文章量と内容が必要なのでは?と言う一種の脅迫概念まである気もする。
ブログ本来の役目からしたらそれが当然とも言えるし,所詮ココは日本だと言えば割り切っても良い気がする,毎度の優柔不断かつ中途半端な感覚だ,自分の人間性が実に巧く現れている。
この程度の内容でぱっと済ませて少なくともせめて日本的なブログにちゃんと見えるのだろうか,と思いつつ夜更かしの書きなぐりをやってしまった,明日有給なのだけどね。

実は相当にミーハーである

2010年06月14日 21:41

先日行った富士の走行会の後日談。
一通り片付けも済ませふと貰った参加賞辺りの貰い物を物色していたら,ピラッと一枚のビラ紙が付いてきていた。
なになに・・・と思ってパッと読むと,何気にその走行会,わざわざ写真を撮っていてくれたらしい,しかも見るとこれが結構まとも(?)なと言うかちゃんとした業者,つまり職業柄の人がやってくれたらしい。
実際それ相当の参加費も払ったしそもそも写真そのものは買う人の別途ご負担だからとは言え,良くもまあアマチュア満載の走行会にこんな仕事までやってくれたものだ・・・,これはどんな感じで写ってるか見てみなくては・・・。
と冷やかし半分でそのサイトを覗いて見た。

が,これが結構真面目に凄かった,毎度ながらこの手のパターンでは驚かされてしまう。
何が凄かったか,値段が一枚あたりでも結構な値段だった・・・;
と,のっけからマイナスイメージ炸裂なお話で申し訳無いのだけど,ここからはちゃんと持ち上げてあげなくてはなるまい。
見方を変えれば立派な「ぼったくり」の類だと思いつつも色々見ていくと何と言えば良いんだろう・・・,どう考えたってサーキット初心者・素人丸出しな私(サムネさんとか他のドライバーはいざ知らず,である)と老い先が長いか短いかまるで予測も付かない我がインプのそれはまあド下手くそな走ってる様が,実に真剣かつ速そうに見えるのである,いや真剣だったのは間違いなく真剣だったのだけど・・・,それにしても「如何にも」ちゃんと走行していて格好良く見えたのには笑ってしまった。
何と言うべきか下手くそだろうが不細工だろうが何だろうが,そいつらを気分良く実に「ホンモノ」っぽく見せるのがプロの仕事なんだろうなとこの時ばかりは感心せざるを得なかった。
値段が高いのも自分個人の感覚では今では悪くない気もしてきた。

締め切りギリギリまで結局その値段とも挌闘しつつ,結局データで注文してしまった(何気に一番高い;)。
写っているのが自分の老けた面じゃなく,まだ世間にお目見え可能なインプのお姿だった分背中は押されたと思う。
それにしても思ったより車体がロールもしてないな,こんなものかと思ったら他のクルマじゃなんでもないような所で思い切りロールしてつんのめってたりと,動きも存外に良く判ってしまった。
ノーマルサスにしては良く踏ん張った方か・・・。

果たして週一回運動は効果的なのかそうじゃないのか?

2010年06月05日 02:00

最近仕事でも立ち作業が増えたせいもあって結構疲れてくるようになった,あくまでまだ体力的にだけど。
そのせいもあって元々週二回は行っていた水泳も週一回になったりと正直微妙に足取りと言うかやる気が落ち込んでしまっている。
季節柄この辺はもうかなり暑いから実際体力がかなり削がれているのも間違いないと思うけど・・・。
元々自分の中では週一回より二回の方が絶対運動としては良いと経験上良く理解していた。
実際週一回になるとさすがに身体が忘れ掛けてしまうのか,泳ぎだしてからスイッチが切り替わるまで随分と時間が掛かっていたものなのだ。
鈍るってこういうことを言うんだな・・・」とその度にイヤと言うほど認識していて,維持するならば週二回,決して高くは無いけれどもちゃんとした目標にした。
それが守りきれてない今,鈍って当たり前の状況だった。

が,そんな心配をよそに勝手な減量まで入ってしまった自分の身体はいざ泳ぎだしても調子自体は全然悪くない。
気温が上がってきたせいもあるのか,冬場では4~500m泳いでも一向に息が楽にならないし手も足もぎこちなかったのが,ここに来て200mも行けばあっさりと息も楽になってしまう,どう贔屓目に見てもいとも簡単に身体は水の中に慣れてしまってあっさりとスイッチが切り替わってくれる。
そんな調子の良い状態だから,当然距離も決して悪くないから我ながら少々驚いてしまった,少なくとも感覚の上では後の疲れも含めてまるで鈍った気がしないし,そもそもやけに動きが良いのである。
夏場になって身体の調子が上がるなんて今までまるで経験したことも無くて,鈍る時は一向に鈍ったままだったからこれまた一体なんでだろうとか思ってしまう。
「鈍らなくなる」なんて言う人間の進化の仕方がある訳は無いはずなのだけど,身体が作った貯金を使い果たしている感じも無い。

体重の話をしたら色んな人から「肉食えよ!! 」と今のご時世に似合わぬ台詞を頂戴してしまっているけど本当にちゃんと食事はしている,しかも夜でもがっつりと,だ。
確かに栃木に居た頃は平日も四六時中デスクワークでまるで身体を動かしていなかった事実はある。
それに比べるとこっちでの仕事では行く場所やることが結構多様になったこともあって,自分のやCADの机に座っている時間の方が少ない時すら多くなった。
肉体の稼働率はだから上がっているとは言えなくも無い,でも所詮は運動じゃ「無い」のだ。
今度また週一回で泳ぎに行ってまるで身体の調子が変わってないようだったら,ホントにこのまま週一ペースに落としてしまっても良い気がする。
でもそんな簡単に人体は出来が良いはずはないと思う,自分の肉体の癖に痩せたことと言いホントに良く判らない。