携帯電話の限界

2010年05月31日 21:28

富士の走行会でも毎度のように何枚か携帯で写真を撮ってはおいた,後々の記念になるし損は無い。

が,今回久々に撮った写真の数々を並べてみてちょっと驚愕せざるを得なかった,写真全体にかなりの数の「ゴミ」のようなものが写りこんでしまっていたのだ。
もしやと思い携帯のカメラレンズをまじまじと見つめてみたら思った通り,レンズカバーの恐らく内側に傷なのかゴミなのか劣化したのかかなりの数の粒粒のような汚れが見て取れる。
カバーは当然ながらレンズのすぐ前にある訳だから,例えどんなにアングルを弄ったりして頑張ろうとも必ずこの「ゴミ」を全て拾ってしまっていたのだろう。
それにしてもしばらく携帯のカメラを使っていない間によくもここまで劣化してしまったものだ。
今のご時世カメラ付き携帯なんか当たり前とは言え,今時写真を撮るなら写りも機能も良いデジカメが主流。
ただ,デジカメも携帯も常に2つまとめて持って歩くのは何かと煩わしいからと考えて,今まで自分はずっと携帯のカメラでその役割を担わせてきたと言う現実がある。
今の携帯にしても前の携帯にしても選んだ一番の理由は見た目よりも,当時の時点で「一番カメラの仕様が良いから」に他ならなかったのだ。
少なくとも今の自分の携帯FOMAの902シリーズなんて骨董品(もう4年以上前??;)の時はまだ携帯のカメラに特化するか他の機能に特化するかで機種はかなり棲み分けられていたから,選ぶこちら側としては却って楽だった記憶がある。

そんなノリで,東北から能登半島の先端までひたすらに走りまくった時も,はたまた岐阜は白川郷で何故かGT40さんと蒼樹さんと合流の上合掌造をのん気に観光したりした時も,重要機材としてバリバリ働いてくれてたのだけど,さすがにこの期に及んでは少なくともカメラとしてはもはや潮時なのかも知れない。
実家のばあさんにまで「あんたは何でそんな物持ちが良いんじゃ??」と呆れられるほど自他共に認める物持ちの良さを誇る私ではあるものの,ことハイテク電気関係については当て嵌まってくれないらしい。
と言うより,元々寿命の長さではローテクとハイテクではどうしても差が有るのはご存知の通りな訳で,一時期まで買い替えサイクルが尋常じゃなかった携帯の世界からしたら4年レベルはもう本当に骨董品の世界なのだろう。
電池すら二回も変えたのだから,内蔵物のカメラが逝かれても当たり前と言わざるを得ない。

こちらに転勤してきてからはあまり色々と遠出する機会も失せてしまったので,必然的に携帯カメラの出番も減ってきたのでまるで気にもしてなかったけれど,何度も落としてしまったし何より携帯は毎日持ち歩くものだから消耗のレベルはかなりじゃないだろうか。
さて,とは言え今後写真を撮らないなんて保証は何処にも無いから,選択肢は2つ。
1:携帯を買い換える,勿論カメラ優先で。
2:デジカメを買ってしまう,さあ煩わしい世界へようこそ!
どっちにしろ,それ相応の「」になる上,選択に失敗すると無駄にストレスの溜まる生活を強いられるから(使いにくい携帯ほど大変なことは無いと思う)なかなかこれは厄介だ。
デジカメにしても携帯にしても市場は結構な飽和状態な印象も受ける分,製品はどれも大きく違わないようで随分違っているから,例えハイテクでも長距離酷使無双の自分からしたら慎重にならざるを得ない。
辛うじて今回の賞与も存在はするから,どちらかには走りそうな気もする。
但し,結論に至るまで散々悩んだ挙句,買ったら買ったで変な所で不自由して文句たらたらになりそうな気もしなくもない。
決断の遅い人間のやることは毎回そんなオチなのは,本人が一番良く知っているのだ。
スポンサーサイト

ダイエットも考え物

2010年05月20日 23:28

連休が明けてしばらくしたら,何故か体重が1㎏減っていた・・・,正直思い当たる節が無くてちょっと不気味だ。

そもそも私がダイエットが必要な体形じゃないのは自他共に認められている所だ。
背はそれ程でもないにせよ連休前で55㎏だからそこまで重くもないし,体脂肪も計る限りでは標準的か少ない程度だ。
そもそも,さすがにいい歳こいた「成人男子」がそんな簡単に体重を減らすのは結構至難の業だと思う,食生活の改善から運動量UPまでやらなくてはいけない行為がかなり多い。
お手頃なダイエット方法が出ては消え出ては消えなのは結局の所,確実なダイエット方法が全く確立されていないからに他ならないからで,本気でやるにはそれ相応の覚悟と努力が絶対必要なのだろう。
甘い話に裏があるのは古今東西和洋を問わず絶対的な事実なのだ。

と言った辺りで,もはやココからの減量なんかボクサー級じゃないのか?と思っていたのに,連休明けから徐々に徐々に体重は減っていき,心なしかベルト周りが妙にスカスカに感じるなと思っていたらそのあと2週間ほどで結局54㎏丁度まで落ち着いてしまった。
本気でこれは一体何故なんだろうかと思う,一気に減ったならまだしも本当に徐々に落ちていったのだから,それこそ地道な「何か」の効果があったことは否定できない,とは言えその「何か」が本当に何なのかまるで思いつかない。
水泳にしたって,ご存知の通りココ数年来泳ぎまくっているのだからその効果が急に現れるにはもう遅すぎるはずだろう。
肉体がもう水泳分の体力消費まで覚えてしまっているからだ,だから泳がなくなれば自然と身体は鈍るし恐らく体重は増えだす。
今回はそんな特殊効果を得られるような動きはどこにも発揮されていない。
強いて言えば仕事で現場的な作業が増えた程度だけど,突っ立ってたり多少物を運ぶ程度だから当然知れているレベルだ,そんなもので減量なんか成立しない。
勿論ココ最近五月とは思えない位暑いけれど,元々代謝が良いのか大汗かきなので季節によって体重が・・・,と言うのも元々無いからこれも考えにくい。
そして食生活は相変わらず,良くも悪くも一人暮らしのそれだからそんな所に要因は無い。
間食が減ったと言うにも,お菓子自体はたまにバリボリやってるからこれも効果大じゃないだろう。

いっそ何かの病なのか?なんて危ない考えも浮かんでは見るものの,それならそれで体重と言う数字に出る前に何か身体に異変が起きている様な気もする。
太りすぎて病に,なら当然だろうけど痩せるなら病になってからじゃないだろうか?甘い考えだろうかこれは。
痩せすぎと言うのも結局不健康なだけじゃないかと言う気がしてあまりいい気はしない,要は変化のない「維持する」部分さえ満たせれば充分なんだけど・・・;

春の風物詩:自動車税

2010年05月14日 22:08

富士の走行会も無事に乗り切って,安穏と過ごしているある日,そう言えばと思ってたら案の定だ。
見慣れたのかそうでないのか自動車税の通知書が来てしまった。

自動車税・・・こいつはなかなか私の,と言うよりはインプの"敵"だ。
そもそも車を持っているだけで税金が発生すると言うこと自体なかなか納得できないし,そうでなくてもインプはグリーン税制も無い上に登録初年度から優に13年を超えている為,しっかりと同じ車格の他のクルマに対して1割増の税を取られてしまっている。
「モッタイナイ」の国日本としたらなんともここは納得できない所じゃないでしょうかねえ?と言わなくても良いお上批判が出てしまいがちなのもまさにこの時期だ。
そうでなくともそんな自動車税の事情を知ってる人からすれば,
「しょうがない。もう限界だって,買い換えろ!」
の大合唱をことあるごとに聞く羽目になるから(正直な所もはやW杯を凌ぐ位の恒例イベントな気すらする;),何をどう頑張ってもこの自動車税に良い思いを抱くことは出来ない。
と言った所で消費税とか所得税には良い思いを抱くことは・・・やっぱり出来ないに決まっている,お国の事情がどうあれ(国内のみとは言え900兆円の借金とか・・・;)渡したくないものは渡したくないのだ。

そんな悩ましい事態を尻目に,当のインプ本人は非常に至って変わりなく"健常"である。
富士ほどの超高速コースで,しかも自分にしても相当と言って良い位(酔わなかったのだから余計)振り回したと言うのに,この期に及んでもまるで不調の気配も無いからホントに大したものだと思う。
とは言え振り回したことには違いないので,いい加減見切りもつけてさっさとエンジンとミッションのオイルは交換してしまおうかと思う,距離的にもまだ余裕は有ると思うけど,この辺は用心するに越したことは無いはずだ。
・・・と言った感じで結局金はドンドン掛かってゆく,クルマへの愛着はイコール金だ,と言うのは間違いじゃない。
富士の往復でもそれぞれ一回は給油してたからあれこれ含めればなかなかヤバイ額には違いない,エコカー万歳な今の世の中じゃ余計変な目で見られそうだ,富士を走ってたクルマにエコカーの類は間違いなく一台もいなかったのも事実だけど。

第1次富士山麓超長距離空輸作戦(別名:富士SW走行会)

2010年05月04日 12:04

おっかなびっくり富士の走行会にサムネさんと参加してきた。
今回の富士,目標はとにかく「2回の走行枠を走り切ってなおかつ無事に戻る」が全てだった,自分のインプが老いてなお健常であると言うのを単純に証明したかっただけかも知れない。
ただ,久方とは言え存分に走らせたかったと言うのも間違いの無い本音だった。

富士に到着した時点で既に176,000kmまであとわずか,リストを見る限り参加者の中でもほぼ最長か間違いなくトップ3には入るであろうご老体,しかもエンジンも車体もサスも""ノーマル・ブレーキはさすがに交換してあるけど,少なくとも他の参加者のクルマ達のやる気振りを見てると正直本気で自分だけ場違いな気がずっとしていたのが正直な所だった。
そもそもリミッタを解除してないから180km/hを超えない,メインストレートでドン詰まりになるのはさすがに見え見えだ。
何せ超高速の富士だけに参加車両は32~34更には現行GT-Rは勿論,コルベットにIS-FにBMWM3何故かクラウンまで,出てくるクルマのラインナップが文字通り千差万別,「隣の芝生は青い」よろしくこの状況下ではどう頑張っても自分のインプは頼りなく見えざるを得ない。
「楽しけりゃそれで良いのよ」と至極大事なことを言われてもやっぱり「そうは言ってもなあ」なのが正直な心境なのである。
距離が距離だけにクルマのメンテはしっかりやったつもりで,オイルもクーラントも漏れは無し,タイヤもブレーキも減るまでにはまだかなり余力は残されている。
後は本当にエンジンなり駆動系がもつのか,文字通りの高速「耐久」の心境だった,インプも自分も。

そんな心境だったせいか走行中は初めから結構冷静だった,意地でも走り切ろうと酔い止めまで叩き込んで神経が麻痺ってただけかも知れない。
ただ,富士はF1でも開催できるレベルだからとかく入った瞬間からコースは広い,ラインは勿論避けるのも容易そうだからそれだけで心理的な余裕はあるに違いないと思う。
最終コーナーから立ち上がって一気に全開,コントロールライン手前で早くも180km/h,リミッタである。
「ちっ」と舌打ちしている自分がいる,さっきまでの不安はどこへやら,いっそ外すべきだった。
そしてフルブレーキング→1コーナー,200mのカンバンでかなり早めに叩き込む,一度それを過ぎてから踏んだら微妙に危なかったので無理はやめた。
5→4→3でシフトダウン,毎回ながら4速入れが下手くそで2速までは手が回らない,ココが初心者。
そしてその頃にはもう後続が張り付き気味なので大外に逃げてラインを譲る。
ところがココからがインプは頑張る,3速フル加速で抜かれたはずのクルマに意外や張り付き直せる,シビックなんかのFFはともかく,GDのインプにもしばらくは追いかけることが出来たのは意外だった,車重の差が存外にでかい。
2コーナーを抜けて加速しながら100Rへ,このコーナーは難解で初じゃとてもラインと速度は読めない,一台タイプRがインに突っ込んでクラッシュしたのを見たら余計危なくて判らなくなった。
結局インベタで速度を過剰に落とさないようにするので精一杯,身体ついでにタイヤが鳴ってクルマも踏ん張ってるのを感じつつこらえさせながら次のヘアピン→再び更に加速,ここでも前走車においつきそうなそうじゃないような・・・。
後半の連続するコーナーはもうGT4で練習したバージョンの"速度落ちモノマネ"といった感じ,設計通りと言うべきかとにかく本当に先が見えないから,「こんな感じ だった!」ないかにも曖昧な記憶頼りに右へ左へ,しかし酔い止めのおかげか振られてるのに頭はしっかりしている。
これは行けそうだ。
最終コーナーもやっぱり3速,曲がりながらシフトダウンが間に合わない;正直クラッチミートがずれて3速をガリッとやってしまうことが何度もあった,下手すぎ。
後は180km/h目掛けて問答無用の加速,0.85bar程で過給圧も見る限り問題なし,クーリングに入ったか何かのスープラを抜けたのはちょっと快感だった。
全般として前走車がいれば立ち上がりで追い付いてコーナーで引き離されてまた追い付いて・・・の繰り返しだったのが楽しいやら哀しいやら,まともに追い付いて追い抜いたのは多分BMW1シリーズだけ。
恐怖心からブレーキングが速いのとその前に実は殆どアクセルを抜き出しているのが最大の課題,ポイントが読めて無いのでどこまで踏み込むべきなのか判ってないのだと思う。
とは言え前走車がいると追突するわけにも行かないからやっぱり踏む込めない,そこは勘弁してくれである。
1本目を終えてもエンジンもミッションもまるで平気,実は相当頑丈じゃないのかこいつと変に関心と言うかもはや感動しながら更に落ち着きながら2本目。
GT-Rにも抜かれIS-Fにも抜かれ更にはクラウンにまで・・・なんであんな速いんだ直線・・・;
無理にラインを変えずに多少なりとも速度を上げたまま行けた・・・んだろうか。
1本目で慣れたせいか逆に速さの上下は激しかった気もする。
それでもこの通り,インプは乗り手の情け容赦無い扱いにへそも曲げず今自宅の駐車場で羽を休めている状態である。
「無事これ名馬」をものの見事に地で行ってくれた形だ,電気系統はしょっちゅう逝かれる癖にメカは異常に強い,これがラリーカーなのだろうか・・・違う気もするが,目標は無事と言うより十二分に達成出来た。
目標だった「2本とも無事に走りきる」は十二分に達成出来た。
メンテはともかく次までには・・・4点ベルト買っておこう,必死に踏ん張ったせいで手も肩も筋肉痛;
100Rでのあの引っ張られようはさすがに凄まじかった。

最後。
サムネさん他ご友人の方々,当日は随分とお世話になりました,心より感謝致します。
なかなかアチコチ参加できる身でもないですがまた機会があれば頑張りたいので是非宜しくお願い致します。

酔い止めまで買った富士24時間前

2010年05月02日 22:47

では,行ってきます。