燃圧はいずこ!?

2010年02月28日 20:40

「燃圧を確認してもらったら如何だろうか?」と助言を頂き,それは確かに一理あると思い,いつものようにスバルへ出掛けようとした矢先,またしても止まった
このある意味乗り手のやる気に見事に応えてくれるタイミングの良さはある意味賞賛に値すると思う,もはや燃圧どころの騒ぎじゃない,そしてあまり慌ててない自分,何かが麻痺っている。
そして以前起きた時から怪しいと自分でも知り合いのメカでもスバルのメカでも疑っていた燃料ポンプ(燃ポン)から今回も一切音が出ていなかった,2ヶ月近くも不調のまま良く持ちこたえたと言うべきか何なのか・・・。
救いは休日でしかも自分は家から出る直前だったと言うことだろう,出先じゃ積車の手配すらややこしい。

救いついでにもう一つある意味では幸運なのが,積車が来た時もスバルへ運び込んだ時も一切復活するような素振りも無かったことだろうか,以前のように肝心要の医者の目の前で症状が出なければどんな名医だって匙をブン投げるしか無いに決まっているけど,今回はその医者の前でもしっかりと(?)動かないままだった。
元々ただ燃圧測って貰えるかどうか確認しに来たかっただけなのに,気が付けば自分が乗っているのは積車の助手席だったのだから世の中判らない,判らなさ過ぎる;
しかし毎度ながら(と言うかそうそう毎回あっても困るのだけど),あの動かない車が人手でズルズルと引きずられて運ばれていく様は何度見ても悲壮感がありすぎる,真面目にBGMで「ドナドナ」が頭の中でありありと思い浮かんでしまう,市場で売られるわけでもないのだが・・・
さすがに今回は燃ポンに一撃を加えたら(非常時は大体そうするらしい)エンジンがいとも簡単に動き出した為,原因はあっさりと確定させることに成功。
導通チェックも問題なかったので懸念の電気系統は異常無しでポンプ本体を交換,部品の在庫があったので思ったよりはすぐに復活してくれそうだ。

そうそう,気になっていた燃圧について,インプの燃料関係のフィルターは計2箇所らしい。
タンク側出口に1箇所,そしてエンジン側に1箇所の配置だ。
実はタンク側もポンプ交換の際にアッセンブリ交換するらしく,ついでにエンジン側も交換してしまうことに決めたので,図らずしてフィルター周りの総換えも実行できることになった。
恐らく燃圧自体も(落ちていたとすれば)確実に回復するはずだ。
燃料ポンプがそんな簡単に・・・と言う疑問はいまだ消えないものの,やっと問題は解決しそうである。
そう考えるといつに無く長いトラブルだった・・・,やあれやれ。
スポンサーサイト

クラッチワーク

2010年02月23日 21:29

クラッチワーク・・・なんて言えばなかなか聞こえが良さそうなものなのだけど,何気に自分はまだ世間一般では下手くその部類に入ってしまうんじゃないかと思う。
世間一般じゃもはや9割がATかCVTだから,残りの1割以下のMT乗りの中で,と言い換えた方が良いだろうか,今じゃもっと低い割合かも知れない。
最近走っていてもインプレッサのクラッチが結構削れてきてるんじゃないかと感じるようになった。
元々ペダルを踏んでから半クラになるまで遊びは半分位で多い方だったのだけど,気が付いたら8割位は戻さないと繋がりださなくなっていた,以前会社の後輩に乗せたら「滅茶苦茶シビアですね;この時代のってこんなもん?(ちなみにその後輩はRX-8,しかもMC後・・・)」と言われたから,実際シビアな以上に削れてしまってたのだと思う。

自分のクラッチ操作がいまだ下手くそだと思う理由はそこで,一回変えたにも関わらず7~80,000kmほどでこの有様にしてしまったようだ,フライホイールを軽くした程度でクラッチそのものはさほど強化されたゲテモノでもないというのに,我ながら下手くそ振りと酷使ぶりはおっかない,確かに走りまくってはいると思うのだけど。
未だに一番慣れてないのがMT乗りの恐怖,特に急坂の「坂道発進」だ,人のクルマならいざ知らず特にクルマがすぐに下がってしまいそうな急坂相手だと(後ろにクルマがいると余計焦る;),どうしても焦って自分でもダメだろと思うくらいに半クラのままアクセルを吹かしこんでしまう。
あ;・・・と思った後に残るのは結構なやってしまった感と明らかにクラッチの削れたであろう臭いだけだ。
他人のクルマで(とは言えMT車が滅多に無いのだけど)これやった日には間違いなく死刑ものだろう,自分だったらそうしかねない。
勿論長崎でも行かない限りそうやたら滅多に急坂があるわけじゃないから回数は知れたものだ。
それに普段の運転ではそれこそ正反対と言わんばかりに半クラのまま擦ってしまうようなことは滅多に無くて,多少ショックを感じてでも容赦無くガチッと繋いでしまう。
とは言え,インプに乗った客人連中はほぼ漏れなく長時間乗って気が付くと寝ているから,運転手が感じるほど酷いショックでもないのかも知れない。
代行で自分が乗るとさすがに皆荒い運転で辟易するのだけど,その辺の感じ方の差はどうなんだろうともたまに思う。

とまあ・・・,そんな操作のせいで余計クラッチの削れてるのを感じ難かったのかもしれないけど,普段出来ているのがたかだか急坂ごときで途端に破綻するのが自分でも不思議と言うか情けないと言うか,である。
だからと言ってそんな急坂でエンストしたらしたで,後ろのクルマとかリカバリーはかなり大変なので焦りの一つも入りたくもなる,にしてもギャップが酷い。
良くサムネさんのセリカ相手とかでやらかさなかったと思う,ある意味経験値は高い。
次回の車検辺りで見て貰った上で交換,と言うのも考えるべきなのだろうか。
とは言えジャダーはともかく限界に近い「スベリ」までは起きてないし,交換した所でまた急坂で削りまくりそうで無駄になりそうな予感がプンプンしている。
そもそも実際交換するべきなのかどうか調べてもいないのだから早計に過ぎなくも無い。
こいつばかりは何処へ持っていっても指摘も何もされたことも無いから,余計にどっちなのか悶々とした気分だ。
スバルの人にも言われたことが無い,アレだけ修理しに行っているというに・・・,いや関係ないか。
遊びの調整とかあるらしいけどどうなのだろう,他ごと(燃圧とか燃圧とか燃圧とか・・・)ついでに聞いてみても良いかも知れない。

そう言えばもうすぐ春にもなるし,タイヤも早くラジアルに戻したいものだ,当たり前とは言えインチも落としたスタッドレスよりはラジアルの方が普通の道は走ってて気持ちが良いに決まっている。
この辺ならもう雪も降らないしさっさとやっても良いかも知れない。

ジム通いは出来ない

2010年02月12日 20:07

自分の行くプールだと毎年一度か二度は必ず水抜きと点検で2~3週間休みになる,確か栃木でも行っていたプールでも同じ様なことをやっていたはずだから,やる所はやるのだろう。
屋外ならシーズン外に済ますことが出来るのだけど屋内の温水では年中開放している以上,そんな暇も無いのだろう。
水抜きと言ってもしっかりと消毒満載な塩素水には違いないから,多分そこらの家の台所の如く一気に捨てることも出来ないのじゃないだろうか,多分文字通り何かで「抜き取って」,新しい水を注ぐのだろうか。

と言うことでその時期は完全に身体を動かせる施設が消えてしまう,これが意外と辛いと思うようになったのは割と最近なのだけど,要するに身体を思い切り持て余してしまい出した。
本当の意味での運動不足ってこういうことなんだと自分のうずうずしている感覚を見返してしみじみ思う,さすがに年がら年中定期的に泳いでいたから身体が体力を消費したがってしょうがないといった風情だ。
我ながらよくそんな身体になったもんだ,中学生の時なんか体育でも水泳が最凶に嫌いだったのが未だに信じられない,何が起きたんだと言われそうだ,何も起きていないので困るのだけど。
んで,さすがにそんな身体を放って置けば結局は世間一般に言う所の運動不足,つまりは肥満か糖尿か痛風か・・・たかだか3週間とかそこらで来るとは思えないけどいずれにしてもあまりロクな事態を招きそうにない。
それに,そもそも水泳をやってる本来の目的の「精神衛生」に多分に宜しく無いので,ここはお試しとばかりにジムへ行ってみた。

実は今までにその手の施設に顔を出したことが一切無い,先に水泳をやり出したのでジムのトレーニングとかに眼が行かなかっただけなのだけど,会社の同僚連中(これが結構皆やってるから今更驚く)に言わせると「結局水泳が一番効果がある」とか抜かす始末。
じゃあ,何でジム通ってるんだとか聞きたくもなるのだが・・・,何やら行かず嫌いの懐疑的になってしまう。
確かに水泳の方が肺活的には良さそうだけど,所詮ものはやりようではないのだろうか。
そんな感じでせめて運動不足だけでもどうにかしようと公営のジム施設へ足を運んだ,公営の良い所は会員制じゃないから初見だけでもすぐに利用可能なことだ。
いちいち意味不明な会員の料金を支払う必要が無い,これはでかい。
何せ初なので軽く説明を受けつつ,時計を見ながらそこらで走ったりチャリこいだり(勿論全部「エアロ」つまり器械でです念の為)してみた。
負荷の程度はどれ位が良いのだろうか,有酸素運動の心拍数とか書いてはあるけどガシガシ走っている間もなかなかその心拍数に上らない,でも負荷を上げると途端に器械に身体が負ける;加減が難しい。
そのせいなのか,動いている割には思いの外疲れが先に入り出す。
チャリ漕ぐにしても動かすのが局部的にならざるを得ないせいなのか,疲れを感じるほどに身体が動いていない,つか今のご時世ご丁寧に消費カロリーなんかわざわざ器械が表示してくれるから余計「まだこんだけ?;」と先が長くなってしまう,当然テンションも上がらない,マズイ・・・
どうしようか,気持ちを切り替えて上半身も鍛えるか?と思ったものの,人が多いのでそれも止めておいた。
人が多い?そう流行なのかどうなのかは判らないにしてもジムで同じ様に軽く汗を流したり必死な顔で器械の動きに抵抗している(ようにも見える)人がやったら多い,そしてお互いの動き振りが良く見えてしまう。
だからと言う訳でもないのだけど正直自分の拙い(と言うよりヒョロい?)運動振りを見られているような感じが常にして落ち着かない。
泳いでいる時も勿論監視員や他の泳者の視界に入るのは違いないけど,泳いでいる最中に視線なんか気になったことが無い,そらそうだ水の中にいるんだからそもそも自分から周りを見渡すのは難しい。
耳栓もしているから入ってくるのは限られた前の視界と自分の水をかく音だけ,確かに陸の上で走りこむのとは集中できる環境が違いすぎる。

にわかとは言えあの喧騒の中でどうやったら水泳同様にひたすら続けられるんだろうか,かなり謎に思えてきた。
走る漕ぐはそれはそれでやり込んでいったら楽しいんだろうけど,やり込んでいく前にプールの水に入れ替えが終わってしまってそうで,結局ジム通いは触りだけで終わってしまいそうだ。
・・・早く再開してくれないものでしょうか;

Aji-Rodriguez with 10M feat. 佐藤蛾次郎 合同公演 in 熱田

2010年02月07日 23:22

お断りしておきますが,御題のような公演はいかなるジャンルにおいても一切ございませんので,無いとは思いますがこのブログ以外で検索なんかしないで下さい,あったらそれはそれでえらいことだと思うが。

そんな紛らわしい御題にもめげず,大学の友人連中と再び合流する運びとなった。
一人は福岡在住で残りは全員愛知県,その福岡の友人Sが休みが出来たということで間に合わせの予定ながら皆で集まりわいわいやろうことになったのである。
こちらの方で集まるのはこれでもう2回目,愛知在住の面子だけで集まるのを入れれば3回目になる,こうやって友人が同じエリアに何人か住んでいると確かに集まりやすい環境にはなりやすいと思う,今回もその典型だ。
但し,自分が土曜・そして後輩の一人は日曜に出動命令と言う名の出勤が出ていたため,現地への集合はかなり流動的というかばらついた,この辺が学生とか社会人になってすぐの頃とは違う所だろう。
お互いその辺は重々理解している出来た連中なので,巧く合わせたりして問題は起きないのだけど。

で,結局の所集まって何をやったかと言えばひたすら喰っては喋り喰っては喋りちょっと遊んでは喰って・・・に終始してしまった。
お互いの身の上も異なるだけに一番手っ取り早い手法ではあるのだけど,この休日だけで相当エンゲル係数と血中の中性脂肪とかコレステロールは上がったんじゃないかと結構不安だ,ウェイト上は影響なかったのだが・・・。
まず金曜。
自分は退社後電車で移動して飲み,しかし毎回ながら皆そこまで飲める訳でもなく雑談がメイン。
久々の再会なのに,ポッと出たマニアックかつ濃いネタに躊躇無く正しいレスが発動するその様は数年前の学生時代と何ら変わりない。
安心していいのか泣くべきなのかそれは実はお互いさまなのか・・・。
そして自分は出勤の為一旦帰宅,残りの三人はそのまま後輩の家で宿泊。
土曜。
退社後自分は今度はインプで再び現地へと進撃,と言うのも休日を過ごしていた3人の発案で熱田神宮はひつまぶしを食べようと計画されたからだ,移動のアシが会った方が良さそうだし今回は酒も無いのでインプを送り出すことにした。
しかしその数時間前,3人は実にチャレンジャーな作戦を遂行に移していた,愛知でグルメとなれば必ずでてくる あそこのあれ・・・である。
人が会社で普通にコンビニで飯買ってる最中にこの3人に何が起きていたのか・・・,少なくとも期待通りのシロモノだったということは事実のようだ。
行かなくて良かった,と言うのは半分本当に思ったことである,いや7割くらいかも知れない。
そんな食生活のどん底まで叩き落された状態(私を除く;)で行ったひつまぶしはそのどん底を叩き上げるのには充分に過ぎるくらい美味しかった,少なくとも被害甚大だった3人にはそう感じたらしい。
熱田神宮周辺のひつまぶしは特に有名だけど確かにそれも当然だと思い知った,本当に旨い。
そのせいか,食事中悦に浸りながら感想を述べている友人連中を尻目に私は一切何も喋らずに食していたらしい。
食事中は殆ど喋らないのは事実だと思う,しかし散々突っ込まれたのだから余程無心で食べていたらしい。
そして最終日日曜。
仕事へ向かう友人と共に移動開始。昼飯で味噌カツ,もはや名古屋グルメ総ざらいの様相である。
どっかで似たようなことをやった気もするのだが・・・,やはり名古屋の食はそれはそれで興味を非常にそそるものらしい。
その後二人を駅なりに送り届けて無事作戦終了。
しかしSを名古屋駅に送っているときにひたすらVan Halenで「Jump」と「Panama」をひたすらローテしてしかも絶叫していたのは何故だろうか・・・;
確かにドライブ向けには丁度良い選曲には違いないと思うのだけど,あのノリノリさ加減は尋常じゃなかった,良く白バイのお世話にならずに済んだと結構真面目に思う。

個人的にはようやく名古屋駅より更に東側へ多少脚を伸ばすことが出来たのが大きな収穫だった,なかなか全域まで巡ってみる機会も無かったので現実まだ私の守備範囲自体はかなり狭いのである。
こうやって機会があるごとに徐々に守備範囲を広げていければ名所珍所も見付かって面白そうだ。
最後に今回混ぜて頂いた友人3名に感謝を,どうも参加させて頂いてありがとうございまいした。
是非また次の機会を,愛知県に限らず別の地方でも何か出来ればと思います。
その時はまた宜しくお願い致します。

オイル交換

2010年02月01日 01:04

気がついたらもうオイル交換した方が良い距離になっていた,年末年始からの止まったり止まらなかったりのドタバタ劇のせいですっかりとエンジンオイルのことを失念していたのだ。

ちなみにインプレッサ,今現在は相変わらずエンジンの不調を訴えそうな素振りも無く快調に私の通勤の足として,ドライブのお供として奮走してくれている,さすがにこの辺は夜中でも他のクルマ(とパトカー・・・;)がそれなりに多いのであまり気楽に飛ばせたりはなかなかしないのだけど,ぱっと踏んでみた感じでは至って問題無しと言った所だ。
但し,信号待ちからスタートする時とかパッと追い越しで加速する時に何となく重いな・・・やっぱ何かあるのかな・・・と思ってふと,ドアに貼ってあるエンジンオイルの交換記録を見たら結構良い距離だった。
我ながらその辺の感覚はまだ落ちぶれてはいないらしい,自分にしては上出来な感性だ。

今回オイルはどうしようか,毎回悩んでいる所でもある。
実の所自分はエンジンオイルで「この銘柄!」と言った感じのを固定できていないのだ,もう6年近くインプに乗っていると言うのに。
大体粘度は夏ならこの辺冬ならこの程度,的な目安は当然つけてある,これはクルマに依存するから自然と決まる。
後はそれに併せてブランド(気にする人は気にする)とかお値段(多分かなり皆気にする)とか合成が部分か全合成か(値段と粘度にも微妙に絡んでくるのでやっぱり気にする人は気にする)等等,こまめに交換するべき"消耗品"にしては見るべき選択肢は結構多いと思う,メーカーついでにハイオクかレギュラーか程度のガソリンとはそこが違う。
それでも全シーズン例えばメーカー純正であったりこの銘柄でずっと統一と言った風情で理由は人ぞれぞれとは言え固定できている人も相当数いるのじゃないかと思う。
ひるがえって自分の場合はまるでその逆で,純正だったり結構良いオイル入れてしまったり(そう言う時に限って通勤だけで距離を使い切ってしまう;)粘度以外は銘柄も値段も結構様々だ。
あれこれ試して楽しんでいると言えばそうとも言えるし,脈絡が無く浮気性と言われればそれもそうかも知れない。
もっと言えばそこまで浮気した所で,実の所粘度以外の差異を感じたことがあまり無いのだから始末が悪い,つまりちゃんと交換できればどれでも良いといえば良いのだ。
少なくとも通勤に徹しているような状態ならば純正オイルでも全く問題無い,純正ってそもそもスバルの純正なのだからそりゃ問題無くて当たり前なのだが;
ブランドや値段でそんな簡単に不調になるようならそもそもエンジンの方が異常をきたしているに違いないのだ。

例えばMobilRESPOは確かに何となく"イイ"感じがする,でも哀しいかな"何となく"だ。
フィーリングなんてカタカナを使えば格好は付くけど,結局良い値段したしとかブランドがブランドだしとか思い込みと言うかもはや刷り込みの世界になってるんじゃないかと毎回後から思う。
割と出番が多いのはGULFだと思う,でもこれも何かノリと言うかあのフォードGTとかのカラーリング的に選んでしまっている自分がいてミーハー振りが恥ずかしい;
勿論両ブランドとも,他のオイルメーカーも確たる実績があるからその中で"イイ"オイルは間違いなく"イイ"に違いない。
問題はそれを実感するのがサーキット走行とかは一切関係無く結構な酷使状況じゃないと難しいと言うことだろうか。
きっとかなりの長距離を走りぬいてある日エンジンをばらしてもかなり綺麗な状態だった,とかそんなものだ。

当面は街中をすっ飛ばすのが限界だからと今回は割とお手頃なものにしよう,但し最近の不調もあるから純正よりはちょっとよさげなのをと言う感じでまた今までとは別のを投入してしまった,何度目の浮気だろう・・・。
でもさすがに交換直後だけあって効果はてきめんだ,えも知れぬ心地よさとはこういうことを言うのだと思う。
結局その場のノリで決めてしまっても悪いことにはならないのかも知れない。
毎回そう思う癖に毎回量販店のオイルブースで小一時間悩まされてしまうのである,何とも頭の悪い。